このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

【医師が教える】新たなAGA治療の可能性「PRP毛髪療法」とは

薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

AGAの治療方法には様々なものが存在し、新しい治療法も研究が進んでいます。その中でも近年、注目されているのが「PRP毛髪療法」です。PRPとは血小板を多く含んだ血漿「多血小板血漿」のこと。このPRP毛髪療法は血小板を用いたAGAに対する再生医療です。頭皮に直接成分を注入するという内容が従来の育毛メソセラピーやHARG療法と似ていますが、その仕組みは異なります。そこで今回のAGAタイムスでは、PRP毛髪療法について詳しく解説します。

AGAとは

AGAとは「男性型脱毛症」のことで30代以降の成人男性によく見られる、抜け毛が増えて薄毛が目立ってしまう脱毛症のことをいいます。主に額の生え際が後退していく前頭部からの薄毛と、つむじが広がっていく頭頂部からの薄毛があります。

AGAの原因は様々ですが、その中でも最も大きな原因と言われているのが悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)です。このDHTが毛根を攻撃することによって髪の毛が生え変わる仕組みのヘアサイクルが崩れ、髪の毛が抜けてしまうメカニズムがあります。人の髪の毛はヘアサイクルが正常であれば疾患や外的ダメージなどの特別な要因がない限りは生えてくるといわれています。しかしDHTが毛根を攻撃するとヘアサイクルが極端に短縮されてしまい、太く長い髪の毛になる前に抜けてしまうため薄毛が始まると考えられているのです。

PRP毛髪療法とは

医療技術が進化し続ける近年で注目されている治療法が「PRP毛髪療法」です。PRP毛髪療法とは、血液の中に含まれるPRP(多血小板血漿)という成分を取り出して頭皮に直接注入します。

PRPは「プレートレットリッチプラズマ」の略称で、血小板を多量に含む血漿のことを指します。血小板には出血を止めたり損傷した血管や細胞を治す作用があり、PRP毛髪療法はこの血小板の持つ“組織を治す力”を有効利用した新しいAGAの治療法なのです。

PRPは、15ccの血液から約2ccほど採取できると言われています。PRPを使った治療はスポーツ医学の分野などで有効性が確認されており、毛髪再生に関しては現在も研究が続いています。

PRP毛髪療法の有効性は?

PRP毛髪療法はメソセラピーやHARG療法のような薬剤を体内に取り入れる治療法ではなく、自分の体から取り出した血液を元にしたPRPを再び体の中に戻す治療法です。そのため副作用の心配も少なく発毛や育毛にも期待が持てる治療方法だと言われています。しかし現在この再生医療を用いたAGA治療の症例数が非常に少なく、どれほどの発毛効果があるのかなど不透明な部分が多いのも現状です。

現在のAGA治療

現在のAGA治療は内服薬や外用液を使って治療する方法や育毛メソセラピーなどで頭皮に直接育毛成分を注入する方法など様々な方法があります。

◯内服薬
AGAの治療方法で最も一般的とも言えるのが内服薬治療。現在ではフィナステリドやデュタステリドと呼ばれる、AGAの原因とされるDHTを生成する「5αリダクターゼ」を抑制する内服薬が主流です。ヘアサイクルの乱れを正常に戻す効果が期待できます。このほか外用液として多く用いられているミノキシジルを含有した内服薬もあります。
◯外用液
クリニックで処方されるAGA治療用の外用液は、体の外部から薬剤を浸透させるため内服薬とは異なる面から薬効を発揮します。外用液の多くは、有効成分ミノキシジルを使用します。ミノキシジルは、AGAの発症によってヘアサイクルが短くなるのを防ぐ効果があります。また毛乳頭細胞や毛母細胞にも働きかけ、発毛を促します。市販されているものもありますが、有効成分の濃度が高いものは医療機関で扱っている場合があります。成分の濃度が高ければ、有効性も高くなると考えられています。
◯メソセラピー
メソセラピーは、育毛や発毛に必要な栄養・薬剤を頭皮の内部へ直接投与する治療法です。主にAGA治療薬やビタミンなどが頭皮に注入されます。最近では針や注射器を使わずに電気パルスを用いた手法で行われることもあります。
◯HARG療法
メソセラピーと同じく頭皮に直接注入する治療法です。メソセラピーは皮下に直接薬剤を注入する療法全般を指しますが、HARG療法は幹細胞から抽出した成長因子を使用するという特徴があります。
◯自毛植毛
自毛植毛は自身の後頭部などの、AGAの影響を受けないとされる毛組織を脱毛箇所へ移植する治療法です。術後の髪の定着率は高いとされているものの、頭部に関わる外科手術のため合併症などのリスクがあると言われています。

現時点でPRP毛髪療法を受けることができるクリニックは限られており価格も手頃ではないため、国内のAGA治療法として推奨されているものではありません。もしAGAにお悩みで今すぐ治療の開始を望むのであれば、内服薬と外用液を併用した治療方法が国内でも推奨されており有効性も高いといわれているため比較的安心できる治療法といえるでしょう。PRP毛髪療法に関しては今後その技術が発達し、実用的なものになった段階で治療を検討してみてはいかがでしょうか。

東京の秋葉原に所在するAGAヘアクリニックでも国内で推奨された内服薬や外用液を用いた薄毛治療を行なっています。診察は無料で受けることができ治療を始めるまでは費用がかかりません。薄毛の症状が気になり治療を始めたいけどどの治療法が良いかわからない方はぜひ一度、無料診察へお越しください。薄毛治療で不明な点や治療薬の不安など医師に相談することで解消されることもあるかもしれません。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
当院の特徴

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について