このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

【医師が教える】薄毛の原因はホルモンだけじゃない? もう一つの可能性「PGD2酵素」とは

薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

これまでAGA(男性型脱毛症)の原因とされる物質は、ジヒドロテストステロン(DHT)という悪玉ホルモンだといわれてきました。そのDHTの生成を抑制する治療薬「フィナステリド」や「デュタステリド」に効果が認められていることからも、DHTと薄毛の関係性は高いといえます。

しかし、ジヒドロテストステロンだけがAGAの原因ではないかもしれないという研究が、現在進められています。AGAはまだ全てが解明されているわけではないため、他の原因が見つかっても不思議ではないでしょう。 今回のAGAタイムスで取り上げるのは「プロスタグランジンD2」という物質です。この物質がAGAといったいどのように関係しているのか。研究結果の概要とともに解説していきます。

プロスタグランジンD2とは?

2012年、アメリカのペンシルべニア大学の研究チームが、プロスタグランジンD2(PGD2)に抜け毛を促進させる可能性があるという研究結果を発表しました。プロスタグランジンとは生理活性物質で、ビタミンやミネラル、ホルモンなどと同様に“生き物の体を調節するための物質”の1種。現在までに11種類のプロスタグランジンが発見されており、PGD2はその中の1種です。

プロスタグランジンの中には、血圧を低下させるものや血管を拡張させるもの、女性の生理痛を発生させるものなどそれぞれ違った働きを持ちます。PGD2は中枢神経系や心血管系を含む内臓、脂肪や筋組織から毛包に至るまで全身の臓器で産生されています。また恒常性の維持や炎症に関与していることが知られています。そのことからアレルギー性疾患の原因の1つといわれています。

またプロスタグランジンの1つ「PGF2α」は髪の毛の成長を促進させる働きがあるとされている物質であるため、PGD2に脱毛促進作用があるという今回の研究結果の発表は大きな意外性を持っているといえます。

PGD2と薄毛の因果関係は?

今回の研究結果では以下の点から薄毛への関与が指摘されています。

■ PGD2の濃度が約10倍
AGAを発症している男性の頭皮組織を調べた結果、髪の毛がない部分のPGD2濃度は、髪の毛がある部分に比べて約10倍という高い数値を示していた。
■ PGD2は髪の成長を妨害
培養された毛包にプロスタグランジンD2を加えた実験では、髪の毛の成長が妨げられた。またPGD2から生産される15d-PGJ2を加えると、髪の毛の成長を阻害した。

このように髪の毛の成長をストップさせるというPGD2。AGAを発症している箇所とそうでない箇所においてPGD2の濃度が約10倍違うことからも、この物質がAGAになんらかの影響をもたらしている可能性は排除できません。

なお、この研究はメスのマウスでも検証が行われており、PGD2は男性だけでなく、女性の脱毛の原因にもなっている可能性が指摘されました。この研究が発展すれば、男性のAGAだけではなく女性のFAGA(FPHL)の治療にも役立つ可能性も期待できます。

PGD2を防ぐ方法はある?

2018年現在、PGD2阻害効果のある治療薬でAGA治療を目的として認可されている治療薬は存在しません。ただし今後認可される可能性はあります。

2016年5月にFDAがアメリカの製薬会社に対し、抗喘息剤「セチピプラント(KYTH-105)」を男性型脱毛症患者へ投与する臨床試験を認可しました。既にセチピプラントを抗ヒスタミン薬などのアレルギー性炎症治療薬と併用する臨床試験を9件程度行っており、特に重篤な副作用などは現れなかったと発表しています。ただし既に行われている試験は脱毛症患者へ向けた試験ではないので、実際に脱毛症患者に対してどんな作用が現れるかは不明です。この臨床試験は現在も継続中です。現段階では治療薬開発に関しても続報は出ておらず、この結果を待つしかありません。

PGD2阻害効果のある薬はいくつかありますが、どれも別の疾患用の治療薬で、それぞれに副作用の恐れもあります。また脱毛症に効果を発揮する濃度も不明なため、安易に使用することは危険ですので絶対にやめましょう。

AGAには早めの治療が肝心! 内服薬での治療を始めましょう

もしもいま薄毛で悩んでいるのであればPGD2阻害薬の発売を待つより、従来のAGA治療薬であるフィナステリドやデュタステリドを用いるのがよいでしょう。AGAは進行性の脱毛症とされており、ある程度進行が進むと徐々に回復を見込めない部分も出てきます。AGAの薄毛の改善には早期治療が有効です。

フィナステリドやデュタステリドは国内の「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」2017年版でも投与が推奨されている治療薬で、世界的にも標準的な治療法とされています。いずれも処方箋医薬品のため、AGA治療を行なっている病院で処方してもらうことができます。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)では、患者様一人ひとりに合わせた最適なAGA治療をご提案しております。カウンセリング・診察は何度でも無料ですので、ご納得いくまでご相談いただけます。ぜひ当院にお悩みをお聞かせください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療薬について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について