このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

【医師が教える】AGA治療の新たな可能性! 研究が進む「セチピプラント」とは

薄毛治療

薄毛でお悩みの男性のほとんどが該当するとされるのが、AGA(男性型脱毛症)です。AGAは悪玉男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」の影響により発症する男性特有の脱毛症で、治療方法は投薬による治療が一般的です。

最近では、“AGAは、PGD2(プロスタグランジンD2)という物質によって誘発される”という新たな見解が注目を集めており、PGD2を抑制するとされる新薬「セチピプラント」の開発が進められています。この「セチピプラント」とはどのようなものなのでしょうか? 今回のAGAタイムスでは、研究が進められている新薬のセチピプラントについてご紹介します。

AGAの発症メカニズムと治療法

AGAを発症すると、男性ホルモンの一種「テストステロン」と「5αリダクターゼ」という酵素が結合して生成されるDHTが、髪の毛の生え変わりのサイクル(ヘアサイクル)の成長期を極端に短縮されます。成長期が短くなると髪の毛が十分育たないまま抜け落ちたり、細く短い髪の毛のまま生えてきたりするようになってしまい全体が薄毛になります。

2017年に発表されたAGAの診療ガイドラインでは、ミノキシジルやフィナステリド、デュタステリドといったAGA治療薬を用いた治療が一般的とされています。

●ミノキシジル

ミノキシジルは高血圧患者に用いる降圧薬として開発された医薬品ですが、副作用として毛が生える効果がみられたため、AGA治療薬として改良されました。この治療薬は主に短縮されたヘアサイクルの成長期を延長させる働きがあります。また髪の毛の成長を促す毛乳頭細胞に直接働きかけ、毛乳頭細胞そのものを増殖させる働きも持っています。

●フィナステリド

テストステロンをDHTに変換する5αリダクターゼには「Ⅰ型」と「Ⅱ型」の2種類があり、Ⅰ型は主に側頭部や後頭部周辺、Ⅱ型は主に前頭部や頭頂部に多く存在するとされています。

このうちAGAに影響するのは、Ⅱ型の5αリダクターゼであると考えられています。この治療薬はⅡ型5αリダクターゼを抑制し、短縮されたヘアサイクルを正常に戻す働きがあります。フィナステリドは世界中で広く用いられているAGA治療薬で、プロペシアという名前でも処方されています。

●デュタステリド

デュタステリドの作用そのものはフィナステリドとほぼ同じですが、この治療薬はⅠ型・Ⅱ型5αリダクターゼの双方に作用します。デュタステリドのⅡ型5αリダクターゼを抑制する効果はフィナステリドの3倍、発毛を促す効果はフィナステリドの1.6倍とされています。またこの治療薬はザガーロという名前でも処方されています。

AGA治療に対する新たな見解

前述の通り、現在は5αリダクターゼによる男性ホルモンの変化がAGAの発症原因であると考えらています。しかし、アメリカの大手製薬会社によって、これまでのAGA治療の考えとは異なる見解が発表されました。それは“PGD2という物質がAGAを誘発する”というものです。またこの発表によると、“PGD2はセチピプラントという薬で抑制が可能である”としています。この発表を行なった製薬会社は、アメリカの政府機関FDA(アメリカ食品医薬品局)にセチピプラントを使用したAGAの臨床試験の実施を申請したと報告しています。

また、アメリカのペンシルベニア大学の研究チームは、2012年に“AGAの男性の場合、PGD2の発現率が高い”ということを発見しました。この結果を元にマウスで実験を行なったところ、PGD2の受容体を阻害をすると毛が成長し続けることが確認されたのです。

女性専用の薄毛治療について

PGD2(プロスタグランジンD2)とは

プロスタグランジンとは、不飽和脂肪酸の一種である「アラキドン酸」から生成される生理活性物質のことをいいます。プロスタグランジンには様々な種類があり、血管拡張作用や子宮収縮作用、血圧上昇作用など、それぞれ異なる作用があるとされています。

PGD2はプロスタグランジンの一つで、主に哺乳類の脳内で生成されます。この物質には睡眠を司る受容体と結びつき、睡眠を誘発する「アデノシン」を放出する作用があるとされています。また最近の研究では、PGD2はアレルギー性鼻炎などを発症した際に産生されるとされています。

PGD2を抑制する新薬セチピプラント

セチピプラントはもともと抗炎症薬、喘息治療薬として用いられている薬です。この治療薬はPGD2の受容体拮抗薬としての働きをもつことから、PGD2を抑えて脱毛を防ぐ効果があると考えられています。

アメリカの製薬会社が申請した臨床試験の内容は、AGAの症状がある男性被験者にセチピプラントを服用させ、効能や安全性を検証するというものでした。臨床試験の結果は現時点ではまだ発表されていませんが、「AGA治療薬よりも副作用の危険性が低く、より安全に発毛の効果が期待できる」といわれており、リスクの少ないAGA治療薬の実現に向けて期待が高まっています。

薄毛治療は、世界的にも推奨されているAGA治療薬を利用しましょう

AGA治療の新薬として期待が高まるセチピプラントですが、現在はまだ試験段階にあるため、AGA治療薬として市場に出回るのはもう少し先のこととなりそうです。そのため安全かつ確実に薄毛を改善したい場合には、AGA治療専門クリニックなどで、従来の治療薬を用いた治療を行うことをおすすめします。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)では、AGA治療専門クリニックだからこその豊富な知識で、効果が期待できる治療薬をご案内しております。ご相談と診察は何度でも無料ですので、治療費を抑えたい方にも安心してご利用していただけます。薄毛が気になる方は、お気軽に当院へお越しください。

髪の毛でお悩みの方

記事の詳細を見る
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

記事の詳細を見る
AGAの早期治療について