このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

【医師が教える】薄毛のリスクがわかる? AGA治療の専門病院で行う検査について

薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

成人男性の薄毛のほとんどがAGA(男性型脱毛症)であるといわれています。AGAの原因は生活習慣の乱れや5αリダクターゼの量など、様々な要因によって起こるとされていますが、遺伝による影響も発症原因のひとつ。近年ではAGA発症の可能性を調べることができる「遺伝子検査」を導入するAGAや薄毛治療の専門病院が増加したことにより、AGA治療に対する関心がますます高まってきています。

今回のAGAタイムスは、AGA治療の専門病院で行なう検査や、検査結果で分かることについて詳しくご紹介します。薄毛やAGAにお悩みの方、将来の薄毛が心配な方はぜひ参考にしてみてください。

AGAについて

AGAとは男性型脱毛症の略称で、その原因は男性ホルモンの一種「テストステロン」と体内にある酵素「5αリダクターゼ」が結合して生成される物質「DHT(ジヒドロテストステロン)」に起因するといわれてます。

髪の毛は、2〜6年ほどの成長期から1〜2週間ほどの退行期、そして数ヶ月ほどの休止期をひとつの周期として生え替わりを繰り返します。この周期のことを「ヘアサイクル(毛周期)」といいます。一回のヘアサイクルは、通常であれば1000〜2000日程度といわれていますが、AGAを発症すると成長期をおよそ100日程度に短縮してしまいます。ヘアサイクルは一生涯のうちで回数が限られているため、早期から治療を開始してヘアサイクルの短縮化を改善することが大切です。

AGAの進行には生え際の前頭部から薄毛になるパターンや、つむじ周りの頭頂部から薄毛になるパターン、その両方同時に進行するパターンなどのある程度決まったパターンがあります。そのためAGAかどうかの診断を視診で行う病院も多く存在します。

AGAは遺伝する?

前述の通りAGAは、男性ホルモンが変化したDHTが影響すると考えられています。DHTは毛乳頭細胞に存在する「アンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容体)」と結びつき、抜け毛や薄毛を誘発します。実はこのアンドロゲンレセプターの“感受性”は遺伝が関係していると考えられています。

アンドロゲンレセプターは感受性が高いと薄毛の可能性が高く、逆に感受性が低いと薄毛の可能性も低いといわれています。遺伝情報を受け継ぐ染色体には性染色体というものがあります。性染色体は男性は“XY”、女性は“XX”と性別によって異なり、X染色体は母親から引き継がれます。アンドロゲンレセプターの感受性についての情報はX染色体上に存在すると考えられているため、母方の家系が薄毛の傾向にあるとAGAを発症する可能性が高いとされています。自身がAGAを発症しやすい遺伝子を持っているかどうかは、遺伝子検査で調べることができます。

AGA治療前の検査

AGA治療前に行う検査には血液検査と遺伝子検査があります。それぞれの目的や費用などを以下にまとめました。

■ 血液検査
費用:5,000~10,000円程度
採取方法:静脈血を採取
メリット:肝機能や腎機能などAGA以外のチェックもできる
デメリット:クリニックによって価格が大幅に異なる
検査でわかること:健康状態、内服薬の使用可否、AGA以外の薄毛である可能性など
■ 遺伝子検査(粘膜採取検査)
費用:20,000〜25,000円程度
採取方法:ほおの内側の粘膜(両頬)、または唾液を採取
メリット:自身の薄毛のタイプに合った薬の処方、医師に直接相談ができる
デメリット:検査機関に委託するため費用がかかる
検査でわかること:遺伝によるAGAの可能性があるかなど

AGA以外の不調もわかる?

AGA治療に使用される内服薬の「フィナステリド」や「デュタステリド」は稀に肝機能への副作用がみられる場合があるため、血液検査で健康状態を把握しておかなければなりません。また、薄毛はAGA以外にも膠原病や甲状腺機能異常、代謝障害などの疾患に付随するものである場合があります。これらの病気についても血液検査で調べることが可能なので、体の状態を知るきっかけにもなるでしょう。

血液検査は定期的に健康診断を行っている方などで診断結果を自身で持っている場合は、その検査結果が有効となることがあります。ただし、外部の検査結果が有効かどうかは病院の方針によって異なるため、予約時などに確認しておきましょう。

遺伝子検査を希望する場合は、受診する病院が検査を実施しているどうかを事前に調べておくと良いでしょう。最近では自宅で検査が可能な検査キットなども販売されているので、利用してみるのも良いかもしれません。

薄毛や抜け毛が少しでも気になる方は

遺伝子検査では、自身が将来AGAを発症する可能性があるかどうかを知ることができるため、薄毛の予防に役立つでしょう。しかし全ての薄毛に対して遺伝が関係するという訳ではありません。またAGAを発症しやすい遺伝子を持っていたとしても、AGAを発症しない場合もあります。

血液検査や遺伝子検査からは自身の体の状態も知ることができるため、薄毛だけでなく病気に対する予防にも有用といえます。薄毛にお悩みの方は自身の健康状態を知りるきっかけにもなるので、一度AGA治療の専門病院などで検査を受けてみてはいかがでしょうか。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について