このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みタグ:

【医師が教える】60代以上の方必見! 高齢でもAGA治療の効果はある?

東京秋葉原のAGAヘアクリニックへ
薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

「最近髪が薄くなってきたけど、歳だから仕方がない…。」AGA治療に興味はあっても、年齢的にもう遅いのではないかと感じている人は少なくないでしょう。しかし諦める必要はありません。AGAはたとえ60代や70代であっても治療を受けることができます。

ただしAGAは進行性の疾患のため、早期治療が改善のポイントです。今回のAGAタイムスでは、AGAのメカニズムや高齢の方のAGA治療などについて解説します。

髪の毛は生涯に何度も生え替わる

髪の毛は目に見える毛幹部分と地肌に埋まっている毛根部分に分かれています。毛根部分の最深部に位置する毛乳頭が髪の毛を作るよう指示を出し、指示を受けた毛母細胞が分裂を繰り返して髪の毛へと成長していきます。

髪の毛は全体が同じスピードで伸びているように見えますが、実は一本一本が異なる周期で成長しています。細胞分裂によって毛が伸び始める「早期成長期」、ある程度成長した段階の「中期成長期」、一番太くて丈夫な髪の毛に成長する「後期成長期」を経た後、毛球が縮小しはじめ細胞分裂も減少する「退行期」に突入。退行期の後、新たな髪の毛を成長させるための準備期間である「休止期」に入り、新たに生えてくる早期成長期の髪の毛に徐々に押し上げられて古い髪の毛が抜けていきます。

これらのプロセスのことを「毛周期(ヘアサイクル)」といい、生涯で決められた回数のみ行われます。なおヘアサイクルが終了した毛根から新しい髪の毛が生えてくることはありません。

AGA治療は若者だけのものではない

前述の通り、髪の毛には成長のサイクルがあります。しかし、正常なヘアサイクルが阻害され髪の毛の成長期が短くなると、健康的な髪の毛に成長する前に止まったり短く細い髪の毛になったりします。こうして発症するのがAGA(男性型脱毛症)です。

AGAの主な原因として、「テストステロン」という男性ホルモンの存在が挙げられます。テストステロンは「5αリダクターゼ」という酵素と結びつき、「DHT(ジヒドロテストステロン)」というホルモンに変化します。このDHTが男性ホルモンの受け皿である「アンドロゲンレセプター」と結合することでヘアサイクルに影響を及ぼし、薄毛や抜け毛といった症状が現れるのです。AGAを発症すると、通常であれば1000〜2000日ある成長期を、場合によっては100日程度にまで短縮してしまうこともあります。

加齢による薄毛はAGAと同様にヘアサイクルが短縮されることによって進行するため、AGAと同じ治療方法が採用されます。よって高齢であってもAGA治療は可能なのです。ただし、AGAは進行性の疾患なので、加齢によって薄毛が進行した場合でも早期治療が肝心です。

薄毛の進行を抑える「フィナステリド」と「デュタステリド」

AGAの治療薬として一般的に広く知られているのが「フィナステリド」と「デュタステリド」という2つの内服薬です。どちらの治療薬も、5αリダクターゼとテストステロンの結合を阻害し、DHTの生成を抑制する作用があります。双方とも大まかな働きは同じですが、より効果が見込めるのはデュタステリドといわれています。

5αリダクターゼはⅠ型とⅡ型があり、AGAは主にⅡ型が関係しているといわれています。フィナステリドが阻害するのはⅡ型とされていますが、デュタステリドはⅡ型に加え、Ⅰ型も阻害する作用があります。さらにⅡ型5αリダクターゼに対する薬理作用はフィナステリドの3倍、増毛効果はフィナステリドの1.6倍と報告されています。

しかしフィナステリド、デュタステリド共に発症率は低いものの副作用が生じる場合があります。性欲減退や勃起不全(ED)などの男性機能低下、また肝機能障害に陥る可能性もあるため、服用後に異常を感じた場合はすぐに使用を中止し、処方を受けたクリニックに相談をするようにしましょう。

発毛を促す「ミノキシジル」

「ミノキシジル」は、発毛を促進させる治療薬です。元々ミノキシジルは降圧薬として開発されたものですが、発毛の副作用がみられたため、薄毛治療薬として改良されました。現在AGA治療に使用されるミノキシジルには、頭皮に直接塗布する外用薬があります。またAGA治療薬として認可されていませんが、ミノキシジル内服薬を使用される場合もあります。

ミノキシジルは、主にヘアサイクルの短縮を阻害する働きがあり、フィナステリドやデュタステリドと併用することでより効果に期待が持てるでしょう。ただし、前述の通りこの薬には降圧剤としての働きもあります。心疾患がある方などに対して稀に副作用がみられる場合があるため、内服薬を服用する際は注意が必要です。また、近年では海外から個人輸入をすることも可能になりましたが、これらのことを考慮してAGA治療の専門病院などで処方してもらうようにしましょう。

AGA治療は何歳からでも可能! ポイントは「早期治療」

前述の通りAGAは進行性の疾患です。ヘアサイクルは人の生涯で決められた回数しか繰り返されないため、早期治療でヘアサイクルの乱れを改善させることが大切です。

薄毛が気になる場合は年齢にかかわらず一度AGA治療の専門病院などに受診することをおすすめします。いつまでも若々しい髪の毛を保つための、大きな一歩となるかもしれません。

東京・秋葉原の薄毛治療専門「AGAヘアクリニック(以下、当院)」でも50代、60代の患者様がいらっしゃいます。60代以降でヘアサイクルが残っている方も多くおられます。薄毛治療を諦めていた方もまずは一度、当院へ診察にお越しください。まだ薄毛が改善できるチャンスがあるかもしれません。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果