このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】ヒゲが濃いと薄毛になる? 薄毛とヒゲを導く還元酵素「5αリダクターゼ」とは

薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

「ヒゲが濃いと禿げる」「すね毛が濃いと禿げる」などの、体毛の濃さと薄毛を関連付けた噂は少なくありません。一見相反するようにも思える話ですが、実はヒゲの成長や薄毛の進行には「5αリダクターゼ」という同じ還元酵素が関係しています。

5αリダクターゼは一体どのように髪の毛やヒゲに影響を与えているのでしょうか。今回のAGAタイムスは5αリダクターゼとヒゲや薄毛との関係について詳しく解説します。

成人男性の薄毛はほとんどがAGA

AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンの一種「テストステロン」と体内の還元酵素「5αリダクターゼ」が結合して生成されるDHT(ジヒドロテストステロン)という悪玉男性ホルモンが髪の毛に悪影響を及ぼすことで発症します。AGAは成人男性の薄毛の原因の大半であるといわれています。

髪の毛は通常、活発に成長する成長期(2〜6年程度)、髪の毛の産生が停止して毛根が退縮する退行期(数週間程度)、毛包が活動を停止して髪の毛が抜け落ちる休止期(数ヶ月程度)を経て生え変わります。この生え変わりの周期をヘアサイクル(毛周期)といいます。

このサイクルは通常であれば1000〜2000日で1周しますが、AGAを発症するとDHTの作用でヘアサイクルにおける成長期が100日前後へと極端に短縮してしまいます。ヘアサイクルが短縮された髪の毛は十分に成長しないまま髪の毛が抜け落ちたり、細く弱い髪の毛ばかりが生えたりするのです。

ヘアサイクルが繰り返される回数は一生涯で限りがあるため、AGAを改善するには早めの治療で少しでも早くヘアサイクルを元の長さへと正常化することが大切です。

DHTはヒゲを生やす作用を持つ

AGAになると毛乳頭細胞の中でDHTと男性ホルモン受容体が結合し「TGF-β」という髪の毛の成長を阻害するシグナル(化学物質)を作り出します。一方でヒゲや体毛の毛乳頭細胞では「IGF-1」という毛の成長を促進させるシグナルが生み出されます。

これらのシグナルはAGAの症状が出現する前頭部や頭頂部には毛の成長をストップさせる信号を出すのに対し、ヒゲには毛の成長を促す信号を出すとされています。つまりDHTの生成が活発なときはヒゲや体毛が濃くなる一方、頭部の毛は薄くなる可能性があるのです。

毛に関係する還元酵素5αリダクターゼ

5αリダクターゼはⅠ型とⅡ型の2種類があり、それぞれで分布している場所が異なります。

◯ Ⅰ型5αリダクターゼ

Ⅰ型の5αリダクターゼは主に皮脂腺に多く存在します。皮脂腺は毛乳頭のある根元より皮膚に近い場所にあり、頭皮の潤いや外からの刺激から頭皮を守る役割を果たしています。5αリダクターゼによる影響を強く受けると皮脂が過剰に分泌されるといわれていますが、過剰分泌した皮脂を放置すると頭皮に雑菌が繁殖し、フケが増える原因にもなりかねません。

◯ Ⅱ型5αリダクターゼ

Ⅱ型の5αリダクターゼは毛の成長に大きく関与する毛乳頭、特に前頭部や頭頂部に多く分布するほか、前立腺にも多く存在します。AGAは主にⅡ型の5αリダクターゼが関係するといわれており、Ⅱ型5αリダクターゼの特徴から“ヒゲが濃い=Ⅱ型5αリダクターゼが多い=AGAになりやすい”と考えられるようになりました。

一般的なAGA治療法

AGAの治療にはデュタステリドやフィナステリドの内服薬とミノキシジル外用液を用いた治療法があります。この治療法は日本皮膚科学会が定める「男性型脱毛症ガイドライン2017年版」においてその有効性が高く評価され、推奨度も最高ランクのAに位置付けられています。これらの治療法のほかにも自毛植毛や育毛メソセラピーなど様々な治療法があります。

内服薬に使用される有効成分のフィナステリドは主にII型の5αリダクターゼを、デュタステリドはI型とII型の5αリダクターゼを抑制することでAGAの進行を抑える効果が期待できます。一方で外用液に使用される有効成分のミノキシジルは主に毛母細胞の機能を改善し、ヘアサイクルの成長期を延長する働きや毛母細胞を活性化させる働きがあります。

2017年現在では、フィナステリドやデュタステリドでヘアサイクルを正常化し、ミノキシジルでヘアサイクルの成長期を延長させ発毛を促すことでAGAを改善していく方法が標準的治療とされています。

気になる方はAGAヘアクリニックで医師に相談を

ヒゲや体毛が濃い場合、5αリダクターゼの働きで薄毛を助長してしまう可能性はゼロではありません。AGAは少しでも早く治療にかかり、ヘアサイクルを正常化することが大切です。現時点で抜け毛やAGAを発症していなくてもヒゲや体毛が濃く将来のAGAの可能性が気になる場合は、東京・秋葉原のAGAヘアクリニックにご相談ください。カウンセリング・診察は無料で実施しておりますので、ぜひ当院でお話をお聞かせください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療薬について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について