このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

【医師が教える】要注意! ご家族に妊婦や授乳期の方がいる場合のAGA治療

薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

市販薬に比べ高い効果があるとされている、専門病院処方のAGA治療薬。その中には自身が服用する限りは問題ありませんが、妊婦や授乳期の女性にとっては取り扱いに注意すべき治療薬も存在します。ではどういった種類の治療薬がそれに該当し、またどのような悪影響が生じるのでしょうか。今回のAGAタイムスは、AGA治療薬の正しい取り扱い方法などについて解説していきます。

AGAのしくみ

AGA(男性型脱毛症)は成人男性に多くみられる脱毛症で、頭頂部や前頭部、生え際から薄毛が進行していきます。早いケースでは20代で発症することもあります。

◯ AGAの原因となるDHTとは

男性ホルモンの一種である「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という酵素と結びつき、「DHT(ジヒドロテストステロン)」という悪玉男性ホルモンに変化します。髪の毛は通常「ヘアサイクル(毛周期)」という周期で生え変わっていきますが、DHTはこのヘアサイクルに異常をもたらし、髪の成長期を短くしてしまいます。その結果、細くて弱い状態にまでしか育たない髪の毛が増え、AGAを発症してしまうのです。

◯ 5αリダクターゼはどこに存在するの?

5αリダクターゼは、I型とII型の2種類があります。I型5αリダクターゼは全身の皮脂腺をはじめ、頭部全体の皮脂腺に存在します。II型5αリダクターゼは前立腺や、生え際から頭頂部の限られた場所の毛乳頭に存在します。

AGAは多くの場合、II型の5αリダクターゼが関係している可能性が高いといわれています。

取り扱いに注意すべきAGA治療薬

AGA治療薬として処方されることの多い「フィナステリド」と「デュタステリド」。この2つは実は妊婦や授乳期の方にとって注意すべき治療薬であるとされています。ではフィナステリドやデュタステリドとはどういった治療薬なのでしょうか?

1. フィナステリド
フィナステリドは、AGAと関係があるとされるII型5αリダクターゼとテストステロンの結合を防ぎ、DHTの生成を抑えて抜け毛や薄毛を防ぐことができます。主に「プロペシア」という商品名で処方されています。
2. デュタステリド
デュタステリドは、フィナステリドに比べてII型5αリダクターゼに対してより強い効果を発揮するほか、I型にも効果があるとされています。そのため、フィナステリドの作用が効かないAGA患者にも効果が期待できます。国内で認可されているデュタステリドAGA治療薬は「ザガーロ」と呼ばれています。

◯ どっちが効果的なの?

デュタステリドは5αリダクターゼⅡ型に対する薬効がフィナステリドの3倍、増毛効果はフィナステリドの1.6倍との報告があり、より効果的なのはデュタステリドであるといえます。

妊婦や授乳期の女性は、治療薬に触ることもNG!

AGA治療に用いられるフィナステリドやデュタステリドは薄毛が改善されるケースが多く、AGA患者にとっては大変有益な治療薬です。ただし、これらの薬を服用する際に注意しておくべきことがあります。

DHTは男性器など身体の形成や発育に関わる重要なホルモンです。そのため男児を妊娠中の女性がフィナステリドやデュタステリドを服用すると、薬の作用で胎児のDHTが低下してしまい、生殖器官などの発達に影響を及ぼしてしまう可能性があります。また授乳期の女性も同様で、母乳を通じて男児の生殖器等に悪影響を及ぼすことも。

さらに注意すべきは、フィナステリドやデュタステリドは経皮吸収される成分であるということ。薬剤に触れるだけでも皮膚から浸透するため、妊婦や授乳期の女性は薬剤に触れないようにしなければなりません。

フィナステリドとデュタステリドの正しい取り扱い方法

前述の通り、AGA治療薬の取り扱いには細心の注意が必要です。では具体的にどのような部分に気をつければ良いのでしょうか。

○ 薬を服用していることや危険性を共有する

AGAに悩む男性の中には、AGA治療を行っていることをパートナーや家族には打ち明けられないという人もいるでしょう。しかし妊娠中や授乳期のパートナーが薬に触れてしまうと、胎児や幼児に影響を及ぼすことも考えられるので、AGAの治療を行なう際は治療薬の特性をパートナーに理解してもらい、取り扱いに十分注意することが大切です。

○ 薬剤は割らずそのまま使用する

触れるだけで経皮吸収がされるとお伝えしましたが、錠剤の多くは成分が外に漏れ出して事故が起きないよう、表面がコーティングされているものがほとんどです。まれに飲みやすいように錠剤を砕いたりカプセルを噛んだりして服用する方がいらっしゃいますが、その場合は経皮吸収のリスクがぐんと上がるので薬剤はそのまま服用しましょう。

パートナーが妊娠中・授乳期であっても、AGAの治療自体は可能です。ただしAGA治療薬を服用する際は必ずパートナーに薬の危険性を伝え、絶対に触らないようにご自身でしっかり管理をすることが重要です。また、薬を処方される際はパートナーが妊娠中・授乳期である旨をクリニックに伝え、詳細を相談しておくと良いでしょう。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニックでは、ご家庭の環境に限らず治療薬の取り扱いなどをきちんと説明した上で治療薬の処方を行なっています。医師による相談や診察は何度でも無料で受けることができるため、治療開始後にパートナーや同居人が妊婦になった場合でも気軽に医師に相談することができます。AGA治療薬について不安を持っている場合にはぜひ一度無料の診察へお越しください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

長濱ねるの料金表へ
AGAヘアクリニックの特徴へ

髪の毛でお悩みの方

長濱ねるの料金表へ
AGAヘアクリニックの特徴へ