このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

【医師が教える】個人輸入の治療薬は危険? AGAは専門病院での治療がおすすめ

女性専用の薄毛治療について
薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

成人男性が悩まされている薄毛の多くは「AGA(男性型脱毛症)」だといわれています。AGAの治療に使用する薬は、AGA治療の専門クリニックなどでの処方が一般的ですが、個人輸入で安価に購入することも可能です。

しかし中には購入した治療薬に効果がなかったり、AGA治療に不必要な成分が含まれていたりしてトラブルに見舞われることもあります。今回のAGAタイムスはAGA治療薬を個人輸入する場合の危険性や、国内で薄毛を治療できるAGA治療専門クリニックについてご紹介します。

個人輸入したAGA治療薬の落とし穴

AGAは、男性ホルモンと体内酵素が結合した悪玉男性ホルモンの影響で、抜け毛や薄毛などの症状を発症します。AGA治療には薄毛の進行を抑制する「フィナステリド」や発毛を促進する「ミノキシジル」といった治療薬を使用するのが一般的です。

日本国内でAGA治療薬を入手するには、病院などで処方される薬と同様にAGA治療専門のクリニックなどで処方してもらわなければなりません。しかし海外の通販サイトなどでは、AGAの治療に有効な成分を含む治療薬を個人輸入することが可能です。個人輸入の場合は医師の診察不要で安価に購入できるため、ネット通販と同じ感覚で治療薬を入手できます。

しかし、そういった治療薬の中には「フィナステリド配合」と表されていても実際にはフィナステリドがごく少量しか含まれていないものや、全く別の成分が配合されているものなど素人では見極めが難しいレベルの偽の薬も出回っているのが現状です。

過去に個人輸入で入手したAGA治療薬を使用しても効果が感じられなかった方は、そのAGA治療薬が偽物だったり有効成分がごくわずかにしか含まれていなかったりする可能性も否定できません。また個人輸入で購入した医薬品は体調不良や副作用が起きた場合でも全て自己責任となります。

このように医薬品の個人輸入は様々なリスクがあるため、薄毛の改善にAGA治療薬を使用したい場合はAGA治療専門クリニックなどで処方してもらうのが安全です。

AGA治療専門クリニックの特徴

AGA治療の専門クリニックとはAGA治療の実績が豊富な医師が診療を行なうAGA治療専門の病院のことです。AGA治療を開始する前に血液検査を行なったり、クリニックによっては遺伝子検査を行なったりして一人ひとりにあった治療薬を処方してもらえるのが特徴です。

処方される治療薬は製薬会社で作られている安全なもの。治療薬の処方だけではなく育毛メソセラピーやHARG療法、自毛植毛など様々なAGA治療を行なうクリニックもあり、個人の要望に合わせてそれらの施術を受けることもできます。

AGA治療専門クリニックで処方される治療薬

AGA治療専門のクリニックで処方される代表的な治療薬をご紹介します。

◯ フィナステリド
フィナステリドはⅡ型の5αリダクターゼを阻害し、悪玉男性ホルモンの生成を抑制する働きがあります。フィナステリドを含有した治療薬では「プロペシア」が有名で、ほかにもクリニックオリジナルのフィナステリド含有治療薬を処方する場合もあります。
◯ デュタステリド
デュタステリドはII型だけでなくI型の5αリダクターゼも阻害する働きがあります。またII型5αリダクターゼを阻害する効果はフィナステリドの約3倍、発毛を促す効果はフィナステリドの約1.6倍といわれており、より有効性が期待できると考えられています。
◯ ミノキシジル
ミノキシジルは主に乱れたヘアサイクルを改善したり毛母細胞を活性化させたりする働きを持ちます。この治療薬は血中から薬効を発揮する内服薬と、頭皮に直接薬剤を浸透させて薬効を発揮する外用液の2種類があります。
◯ ケトコナゾール含有シャンプー
治療用シャンプーに含まれる有効成分ケトコナゾールは抗真菌薬の一種です。頭皮常在菌の一種マラセチアの過剰増殖を抑える効能があるため、頭皮環境の悪化を改善する効果が期待できるといわれています。使用することで頭皮環境が整い育毛や発毛に適した状態になると考えられており、内服や外用のAGA治療薬と併せて処方されることがあります。

AGA治療専門クリニックのメリット

安全で安心できる治療が受けられるほかにもAGA治療専門クリニックのメリットはたくさんあります。

◆ 予算に合った治療が可能

AGA治療は保険が効かない自由診療なので、個人輸入で購入する安価な治療薬よりは高額かもしれません。しかし、医師と相談して個人の予算に合わせた治療を施してもらうことが可能なクリニックもあります。

◆ クリニック独自の治療薬

フィナステリドやデュタステリドなどの有効成分が含まれた治療薬は既製品も存在しますが、最近ではクリニックでオリジナルのAGA治療薬を処方しているところもあります。オリジナルのAGA治療薬は有効成分に加えて育毛や発毛のサポートに適したビタミン類やミネラルが含まれているものもあります。

◆ クリニックによっては遠隔診療が可能なところも

遠方に在住の方でも簡単に自宅で診察が受けられる遠隔診療を行うクリニックもあります。そのため自宅近くにAGA治療の専門クリニックがなくても診察を受けることができます。

◆ 診察や相談が無料のクリニックもある

AGA治療をはじめ自由診療で懸念されるのが治療費や診察費用。しかし近年ではAGA治療薬や各種検査代以外の費用はかからないクリニックも増えています。

◆ 女性用治療薬も処方可能

女性はフィナステリド含有治療薬やデュタステリド含有治療薬の使用が禁忌とされています。しかしAGA治療専門クリニックであれば女性向けに作られた女性用薄毛治療薬を処方してもらえるため安心して治療を始めることができます。

AGA治療薬の個人輸入は確かに経済面では魅力的かもしれません。しかしその価格の安さを帳消しにしてしまうほど様々な危険が潜んでいることを忘れないようにしましょう。薄毛というデリケートな悩みに直接作用する医薬品を購入するのであれば、できるだけ安全性と確実性の高い治療薬を選びたいものです。薄毛でお悩みの方は様々なリスクを回避するためにもAGA治療専門クリニックで診療を受けてみてはいかがでしょうか。

薄毛治療専門の病院「AGAヘアクリニック(東京・秋葉原)」では無料診察をはじめ、遠隔診察や女性の薄毛治療まで様々な診療を行なっています。薄毛にお悩みの方はぜひ一度、診察を受けてみてはいかがでしょうか。また遠隔診察についてのご質問などもお電話にてお気軽にお問い合わせください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果とは

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果