このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】女性の薄毛は“AGA”ではない! その原因と治療法とは

薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

近年その名前や症状が広く知られるようになったAGA(男性型脱毛症)。一方でAGAの女性版ともいわれる薄毛「FAGA」も存在します。薄毛=男性のイメージは根強いですが、実は薄毛や抜け毛に悩まされる女性も少なくありません。そこで今回は女性の薄毛の原因やAGAとの違い、また女性向けの薄毛治療などについて詳しく解説していきます。

女性の薄毛「FAGA」とは

FAGAは病名ではなく、女性特有の薄毛の総称を指します。その名前の由来は、女性を意味する「Female」の頭文字をAGAにつけたもの。しかし実際には発症のメカニズムや症状がAGAとやや異なるため、医学会では「FPHL」(Female pattern hair loss)と呼ばれています。

FPHLは40~50歳の女性が発症することが多く、発症原因の一つとして加齢による女性ホルモンの減少や生活習慣に起因するホルモンバランスの乱れなどが考えられています。

AGAの場合は生え際や頭頂部から薄毛が進行するケースがほとんどですが、FPHLは“びまん性”の脱毛がみられます。びまん性とは症状が広範囲に広がる状態のことをいい、頭部全体に細くコシのない髪の毛が目立つようになっていきます。

環境の変化や人間関係、仕事、家庭内でのストレスなどはホルモンバランスを崩す原因となりえるため知らぬ間に薄毛や抜け毛、軟毛化を発症する恐れがあります。また薄毛治療はその症状によって治療方法が異なるため、専門の医師の判断が必要です。

FPHLの主な治療方法

現在は育毛効果のあるサプリメントやミノキシジルの外用液を基本とした治療が一般的です。特にAGA治療専門クリニックなどで処方されることが多いのが「パントガール」というサプリメントです。パントガールは髪の毛に良いとされるビタミンB1、ケラチン、L-シスチンなどの有効成分を含み、発毛や育毛を促進する効果があるほか、白髪の防止や爪の修復も期待できます。受診するクリニックにもよりますが、費用は1ヶ月でおよそ1万円程です。

FPHLは女性ホルモンの減少やストレスなどに起因するといわれているため、質の良い睡眠時間をとったり過度なダイエットを控えたり食生活を改善させたりと、生活習慣を改善してストレスを軽減させることが大切です。

ホルモンバランスを整える効果をもつ食品としては豆腐や豆乳などの大豆製品やナッツ類、アボカド、魚類が挙げられます。特に豆乳やナッツ類などはヘルシーで摂取しやすく、おやつ代わりにもおすすめの食品です。ただしこれらの食品のみを摂取するのではなく、ビタミンやミネラルなどと共にバランスよく摂取することが大切です。

食事の際に注意しておきたいのが、冷たい食べ物や飲み物を摂りすぎることによる体が冷え。特に女性は冷え性の人が多いといわれています。体が冷えると血流が悪くなり、肩こりを引き起こしたりホルモンバランスを乱したりする恐れがあるので気をつけましょう。

男性用AGA治療薬には要注意

前述の通りAGAとFPHLではメカニズムや症状が異なるため治療方法も異なります。男性のAGA治療には「デュタステリド」や「フィナステリド」といったものが処方されますが、それらはFPHLに対し基本的に効果が認められないとされています。

デュタステリドとフィナステリドには、AGAの原因とされる「DHT(ジヒドロテストステロン)」という男性ホルモンの生成を阻害する働きがあります。しかしDHTは男性器など身体の形成や発育にも関わる重要なホルモンであるため、妊娠中や授乳期にある女性が治療薬を服用もしくは触ってしまうと、胎児や幼児の生殖機能に異常をもたらす恐れがあるのです。

薄毛で悩む女性に対しこれらの治療薬を用いることはほぼないといえますが、一部ではFPHLに対する有効性が議論されています。実際に2017年に開催された世界毛髪研究会議ではミノキシジルが無効の場合には閉経後の女性に限ってデュタステリドやフィナステリドの処方を検討するケースがあるとの報告がありました。そのため今後の研究次第では治療方法が変わってくる可能性もあるでしょう。

不安になったら専門のクリニックへ

薄毛で悩む女性の中には、恥ずかしさからなかなか人に相談できず「自分で何とかしよう」と思ってしまう方も少なくないでしょう。しかし女性の薄毛は男性の症状と比べて発症範囲や発症年齢、治療方法が異なり視診のみでは診断しづらい疾患です。そのため薄毛を改善するためには一度専門のクリニックで診てもらう方がより確実であるといえます。薄毛が気になりだしたら自己判断をするのではなく、まずはクリニックを受診しましょう。

最近では患者同士が顔を合わさないようプライバシーに配慮されたクリニックや、女性向けの薄毛治療に力を入れているクリニックも増えてきています。東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニック(当院)もそのひとつです。当院では女性専用の治療薬のほかサプリやシャンプーなども取り揃えております。完全予約制でカウンセリング・診察は何度でも無料で受けられますので、お気軽にご相談ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

長濱ねるの料金表へ
AGAヘアクリニックの特徴へ