このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】AGA治療の飲み薬には血液検査が必要? その理由を徹底解説!

薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

今や多くの成人男性が悩みを抱える薄毛の問題。そのほとんどがAGA(男性型脱毛症)だといわれています。近年ではAGA治療の専門クリニックが増えAGA治療も少しずつ浸透してきています。

AGAの治療は内服薬を用いる方法が一般的ですが、内服薬の治療を受ける前には血液検査が必要な場合があります。“飲み薬を処方してもらうだけなのに血液検査が必要なの?”と思った方のために、今回のAGAタイムスは血液検査を実施する理由や必要性、AGA治療の基本についてご紹介します。

知っておきたいAGAの基本

AGAは男性ホルモンによって引き起こされる脱毛症です。男性ホルモンの一種「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という還元酵素と結びつくことによって悪玉男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変換されます。このDHTが毛乳頭にある受容体に結合することで髪の生え変わる周期「ヘアサイクル(毛周期)」が極端に短縮されてしまい脱毛を発症します。

AGAは進行性の疾患でるうえに、ヘアサイクルは生涯で回数が決まっています。その回数を終えた毛穴からは二度と毛が生えてこなくなってしまうためヘアサイクルが消滅する前に早めの治療が推奨されています。

AGAの治療には発毛を促す薬「ミノキシジル」と5αリダクターゼを抑制し脱毛の進行を食い止める「フィナステリド」や「デュタステリド」が配合された治療薬が併用するのが一般的です。それらを併用することによってヘアサイクルが正常な状態に戻り、健康で太く長い髪の毛の成長が期待できるのです。

なぜAGA治療薬には血液検査が必要なのか

初めてのAGA治療の際に行われることが多い血液検査。AGA治療で内服する薬に使用される有効成分「フィナステリド」や「デュタステリド」は副作用として肝機能障害が起こる恐れがあります。そのため事前の血液検査で肝臓機能の低下がないかなどを確認する必要があるのです。そのほかにも全体的に体の健康状態を確認し、フィナステリドやデュタステリドなどの内服薬が使用可能かを判断します。

遺伝のリスクも分かる? 血液検査と遺伝子検査の違い

血液検査で分かることはあくまで健康状態や肝機能の状態であり遺伝的に薄毛になるリスクが分かるものではありません。遺伝のリスクを知るためには血液検査とは別の遺伝子検査が必要になります。遺伝子検査で分かるのはAGAになる可能性やAGA治療薬の感受性ですが、AGAに関しての遺伝子検査については確固たる医学的根拠はまだ存在しないといわれています。AGAになりやすい遺伝子を持っていたからといって必ずしも薄毛を発症するわけではないことを覚えておきましょう。反対に現時点ではAGAによる薄毛や抜け毛を発症していなくてもAGAになる可能性がある遺伝子を持っている場合もあります。

一般的に遺伝子検査は通常の血液検査に比べて高額です。遺伝子検査を行うクリニックは限られていますが、口腔内粘膜や毛髪を専門の検査機関へ送るシステムはどこのクリニックでも同じであり結果は後日分かるようになっています。遺伝子は生涯変わらないものであるため基本的には一度受けたら再度受ける必要はありません。最近では自宅でできるAGAの遺伝子検査キットも販売されているため、安価に済ませたい方は自宅用遺伝子検査キットを使用するのも一つの手段でしょう。

女性の薄毛(FAGA)治療にも血液検査が必要?

女性の薄毛は「FAGA」と呼ばれ、AGAとは抜け毛のメカニズムが異なります。AGAが前頭部や頭頂部に薄毛の症状があらわれるのに対し、女性のFAGAは全体的に髪の毛のボリュームがなくなったり分け目の部分が薄くなってきたりする特徴があります。これらの原因は女性ホルモンの低下やストレスによるホルモンバランスの乱れなどさまざま。FAGAの治療を始めるためには一人ひとり違う原因を探る必要があるため、血液検査で健康状態を調べる必要があります。また女性の場合は血液検査に加えてホルモン検査を行うこともあります。

女性の場合、フィナステリドやデュタステリドは治療効果が得られないという研究結果が出ているほか、妊娠中に服用すると胎児に影響を及ぼす可能性があることなどから処方は認められていません。そのため女性のFAGA治療にあたっての血液検査の目的は健康状態の確認だけの場合もあります。

男女問わず重要な血液検査

東京秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)では、AGAやFAGA治療を始めるにあたって必須項目とさせていただいております。これは医師が患者様の健康状態を把握したり、患者様一人ひとりの体質に合った薬剤の用法用量や治療効果などを確認するために実施しています。特に肝疾患をお持ちの方は安心して治療に取り組むためにも血液検査を受けておいた方が良いでしょう。当院のほかAGA治療の専門クリニックを選ぶ際にも、血液検査を行なっているクリニックを選択することをおすすめします。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療薬について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について