このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】副作用が心配…… 初めての薄毛治療で本当に気にするべきこと

女性専用の薄毛治療について
薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

薄毛治療の際に懸念されがちな薬の副作用。AGA(男性型脱毛症)の治療には内服薬や外用薬で治療を行なうことがほとんどなので、薬の副作用を心配する人も多いのではないでしょうか。

今回のAGAタイムスでは治療薬の副作用をはじめとするAGA治療のあれこれをご紹介。治療薬に不安を感じている方はぜひご参考ください。

AGA治療薬の副作用症例はごくわずか

一部のメディアでは殊更にAGA治療薬の副作用を強調するなど治療を検討されている方を煽るような情報があるため、多くの人がAGA治療に対して不安を感じているようです。確かにAGA治療薬のそのどれもが高い効力を持つ薬であるため、副作用の可能性は否定できません。しかし学会などでの研究では実際に副作用を起こす確率は極めて低く、また重篤な症状に陥る可能性も少ないとの報告があります。

一般的に使用されているAGA治療薬は「フィナステリド」と「ミノキシジル」という有効成分が含まれる薬です。これらは薄毛治療を行なっている病院やクリニックでのみ手に入れることができ、内服薬や外用薬として処方されます。

◯ フィナステリド

フィナステリドは既製品の「プロペシア」が広く使われていますが、AGA治療専門クリニックではオリジナルのフィナステリド含有治療薬が処方されることもあります。

フィナステリドの副作用として勃起不全や精液量減少、射精障害などの性機能障害が挙げられます。しかし実際の研究データでは勃起不全の起こる割合はプラセボ(※)を使用した実験との有意な差は認められなかったことから、直接的に薬剤が作用して性機能障害が起こっているのか心因性の影響なのかは明らかになっていません。

※プラセボ…有効成分が入っていない偽薬のこと。本物の薬と偽の薬の2種類を被験者に見極められないよう飲ませて本来の薬効を調べる実験に使用される。

このほかにもフィナステリドの服用で肝機能障害が現れる可能性も示唆されていますが、これはごく稀な症状であり風邪薬や花粉症の薬など、一般的に広く利用されている薬にも肝機能障害の副作用が現れる場合もあります。また、それらの薬に比べて副作用が生じやすいわけでもありません。

フィナステリドと同じような働きを持つ有効成分「デュタステリド」に関しても肝機能障害の副作用の可能性はありますが、フィナステリド同様に起こる確率は少ないと考えられています。

◯ ミノキシジル

ミノキシジルは元々高血圧の患者に使用する降圧剤として開発された医薬品です。しかし薬の副作用で発毛促進作用が確認されたことを受け、薄毛治療薬として開発されました。

ミノキシジルには血管拡張作用があるため、心疾患をお持ちの方や血圧が不安定な方などが内服薬を服用すると頭痛やめまい、動悸、食欲不振などの副作用が現れる場合があります。しかしこれらの症状も発症する可能性が低く、定期的に医師の診察を受けた上で服用することで安心して治療を継続させることができるでしょう。

AGAのメカニズムと治療薬の効果

AGAは男性ホルモンの一種「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という酵素と結合して「ジヒドロテストステロン(DHT)」と呼ばれる悪玉男性ホルモンに変換されることで発症します。

5αリダクターゼはI型とⅡ型に分類されますが、そのうちAGAに関わるとされているのがⅡ型の5αリダクターゼです。AGA治療薬であるフィナステリドはⅡ型の5αリダクターゼを、デュタステリドはI型とⅡ型の5αリダクターゼ双方を抑制し、DHTの生成を阻害する働きを持っています。

DHTによって髪の毛の生え変わりのサイクル「ヘアサイクル(毛周期)」が乱れると、髪の毛を太く長く伸ばす成長期の日数が極端に短縮してしまいます。成長期が短くなると細く弱々しい毛が増え、正常に育つ前に抜け毛になってしまう恐れも。そこで必要となるのがミノキシジルの働きです。ミノキシジルは毛母細胞の成長を助け、髪の毛が十分に成長できるようにヘアサイクルを正常に戻す作用があります。

早期治療が鍵を握るワケ

通常のヘアサイクルは1,000~2,000日程度といわれており、発毛した髪の毛は一定の期間を経て抜け落ちます。しかしAGAの場合には成長期が短い場合にはわずか100日程度にまで短縮されてしまいます。ヘアサイクルは一生涯で決められた回数しか繰り返されないためAGA治療を行なう際は早期治療を心がけ、ヘアサイクルの回数が残っているうちに少しでも早くヘアサイクルを正常に戻すことが大切です。

AGA治療は自由診療! クリニックによって異なるスタイル

AGA治療は自由診療なので、たとえ一般皮膚科を診療する病院であっても治療費は保険適用外となります。またフィナステリドの既製品でも価格に差が出たりクリニックオリジナルの治療薬で価格に差が出たりと、治療薬にかかる費用も医療機関によって異なります。また初診料や再診料がかかるクリニックもあれば診察や相談を無償で行っているクリニックも存在します。しかし中にはホームページなどで表記している金額以上の費用を請求してくるクリニックも稀にあるようなのでクリニックで受診の際は注意した方が良いでしょう。

AGA治療には一般的な内服薬治療をはじめ育毛メソセラピーやHARG療法、自毛植毛など多岐に渡った治療方法があります。治療形態はクリニックによって実施の有無が異なるため診療前に問い合わせをしておくのも良いかもしれません。

迷っているならまずは医師に相談を

AGAやAGA治療薬の認知度が高くなるにつれてその情報量が増え、信ぴょう性の低い情報も多くなってきています。その中でAGA治療薬の副作用についてなど治療を検討している人を煽るような情報があるのも現実です。しかし学会で推奨されている治療薬は副作用の心配もごくわずかとされているため、医師の指導のもとであれば安心して治療を進めていくことができます。

東京秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)はAGA治療の専門クリニックです。AGAは進行性の症状なため早期に治療することが大切なので、薄毛や抜け毛が気になる場合には早めに当院のほかAGA治療専門クリニックへ行き、医師に相談だけでもしてみることをお勧めします。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果とは

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果