このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みタグ:

【医師が教える】フィナステリドで性欲減退!? 知っておきたい副作用と発症率を徹底解説!

治療用シャンプーの効果とは
薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

AGA(男性型脱毛症)の治療に有効な成分として知られる「フィナステリド」。しかしインターネットでは「服用すると性欲が減退してしまう」などの副作用の情報が氾濫しているため、副作用に対する心配をされている方は少なくありません。そこで今回のAGAタイムスでは、AGAの治療方法やフィナステリドの副作用についてご紹介していきます。

治療前に知っておくと安心! AGA治療のメカニズムって?

髪の毛は成長期、退行期、休止期からなる一定のヘアサイクル(毛周期)によって生え変わります。その期間は通常1000日~2000日といわれており、このサイクルの中で健康な髪の毛が生成されます。

このヘアサイクルを乱すのがDHT(ジヒドロテストステロン)という悪玉男性ホルモンです。これはテストステロンという男性ホルモンの一種が5αリダクターゼという酵素と結びつくことで生成されます。DHTは髪の毛の成長期を極端に短くし、その結果十分に成長しないまま細く短い髪が生えてしまうようになります。そうなると髪全体のボリュームが減っていき、徐々に薄毛が広がっていきます。これがAGAのメカニズムです。

日本におけるAGAの治療方法としてはフィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルによる治療が推奨されています。フィナステリドにはDHTの発生を抑制する作用が期待され、ミノキシジルには発毛を促す効果が期待できます。ヘアサイクルを整えていくためには、フィナステリドやデュタステリドは欠かすことができない成分だといえます。

フィナステリドのメカニズムとその効果

元々フィナステリドは男性ホルモン(アンドロゲン)の働きを抑制する抗アンドロゲン剤の一種として、アメリカのメルクという製薬会社で開発された薬です。主に前立腺肥大症の患者に投薬治療する際に使われてきましたが、その過程で薄毛の改善効果も見られたことからAGA治療薬として注目を浴びるようになったのです。

前述の通りAGAの原因の一つであるDHTは、テストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素と結びつくことで生成されます。この5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型が存在し、AGAには主にⅡ型が関係しているといわれています。フィナステリドはこのⅡ型5αリダクターゼに作用してテストステロンとの結びつきを阻害。それによりDHTの生成が抑制され薄毛の進行を抑えることができます。

知っておきたい! フィナステリドの副作用とは

フィナステリドの薬理効果は高いとされていますが、一方で下記のような副作用も報告されています。

  • ・肝機能障害
  • ・抑うつ
  • ・性欲減退
  • ・ED(勃起機能障害)
  • ・精液減少

肝機能障害については元々の肝機能の状態に左右されることもあるため、事前に血液検査で健康状態を確認するのが一般的です。抑うつに関してはフィナステリドは男性ホルモンであるDHTの生産量を減少させるため「やる気が出ない」「倦怠感が生じる」などの副作用が起こる可能性はゼロではありません。

実際にカナダでは66歳以上の前立肥大患者を対象にフィナステリドとデュタステリドの服用による自殺や自傷、うつ発症率の調査が行われました。この調査では自殺率の上昇はみられなかったものの、自傷とうつに関しては処方開始から18ヵ月間の間で上昇したとの報告がありました。ただし発症率自体は低かったことから「リスクの絶対値は低いものの、ある程度注意を払う必要はある」と結論づけられています。そのため日々の体調を確認しつつ明らかな副作用が出なければ心配する必要はないでしょう。

フィナステリドによる性欲減退の発生率は?

フィナステリドの副作用として大きく取り上げられることの多い性欲減退。しかしこの副作用は個人差はあるものの発症率は低いといわれています。

過去には国内でプロペシア(フィナステリド製剤)の臨床実験が行われ、Aグループに1日0.2mg、Bグループには1日1mg、Cグループにはプラセボ(フィナステリドを含まない偽物の薬)が投与されました。その結果性機能に関する副作用は0.2mg投与群で1.5%、1mg投与群で2.9%、プラセボ群で2.2%に認められ、0.2mg投与群よりプラセボ群のほうが副作用報告率が高いということが判明。これは実際にはフィナステリドを服用していないにも関わらず「フィナステリドを飲むことで性欲が減退する」と思い込むプラセボ効果により、2.2%の被験者が性欲減退を訴えたものと考えられています。この実験結果をもとに考察すると、性欲減退の副作用を招く可能性は低いといえるでしょう。

しかし一方で欧米では「ポストフィナステリド症候群」と呼ばれる後遺症が報告されていることも事実です。これは服用を中止しても性機能低下などの副作用が改善しない、あるいは長年に渡り続いてしまうというもの。この症状については現在は否定されています。男性の性機能はその日の気持ちや体調にも左右されるため心配しすぎる必要はないものの、万が一体調の異変を感じた場合には医師に相談することをお勧めします。

リスクの周知は大切。詳しいことはAGA治療専門クリニックに相談を

インターネット上の記事で取り上げられることが多くつい不安になってしまうフィナステリドの副作用ですが、実際の発症率は高くありません。薬である以上全く副作用が起きないといえるものではありませんしどのようなリスクがあるか事前に知っておくことは大切ですが、心配しすぎると逆効果になるかもしれません。

不安な方は東京秋葉原にあるAGAヘアクリニックに、一度ご相談ください。体調面や体質なども考慮しながら治療プランをご提案しますので、より積極的に治療へ取り組めるでしょう。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果