このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】女性にとっては困り者! ミノキシジルの副作用「多毛症」とは?

治療用シャンプーの効果とは
薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

男性ばかりが悩んでいるわけではない薄毛の問題。髪が薄くなってきたとお悩みの女性の中には「FAGA(女性男性型脱毛症)」という女性の薄毛と診断される方も多くいます。様々な原因から起こるとされるFAGAですが、その治療に使用されるミノキシジルはAGA(男性型脱毛症)にも使われる発毛効果を持った治療薬です。

発毛効果を持ったミノキシジルではありますが、有効性の高い治療薬であるが故に副作用が懸念されているのも事実。そんな副作用の中には「多毛症」という症状もあるといわれています。この副作用は特に女性にとって気になる症状でしょう。今回のAGAタイムスはミノキシジルの有効性や副作用の発症率について詳しく解説します。

FAGAと治療法

壮年期の女性に多いといわれているFAGA。FAGAは主に加齢による影響が大きいと考えられていますが、稀に20代などの若年層でも発症することがあるといわれています。FAGAは名称に“AGA”とついてはいますが、その発症原因は男性特有のAGAとは大きく異なります。

AGAは男性ホルモンの影響によって発症するとされていますが、FAGAは女性ホルモンの減少やホルモンバランスの乱れ、ストレスや栄養不足など様々な要因が起因すると考えられているため、一人ひとりで原因が異なることもあり視診だけでは特定が難しいとされています。また発症箇所や特徴もAGAと異なり、前頭部や頭頂部が局所的に薄毛になるわけではなく頭部全体の毛が細くなったり分け目の部分だけが薄くなったりします。このようなことから、AGAと区別して「FPHL(Female Pattern Hair Loss)」とも呼ばれています。

最近ではFAGAの治療が可能な薄毛治療専門クリニックも増えています。FAGAとAGAでは発症原因や治療法が異なりますが、この2つの薄毛に共通して使用されている治療薬が発毛効果を持つ「ミノキシジル」です。ミノキシジルは主に毛母細胞に働きかけ発毛を促すため、AGAにもFAGAにも有効なのです。

AGAの治療はミノキシジルのほかに「フィナステリド」や「デュタステリド」という治療薬を併用するのが一般的です。しかしこれらの治療薬は女性に対しての投与が禁忌とされており、女性の薄毛には育毛に有用な栄養素を含んだ治療薬「パントガール」などが併用されます。

フィナステリド・デュタステリドが女性に投与できない理由

AGAの治療に使用されるフィナステリドやデュタステリドは、悪玉男性ホルモンを生成する体内の還元酵素「5αリダクターゼ」を抑制する治療薬です。これらの治療薬は男性に対する有効性は証明されていますが、フィナステリドやデュタステリドは妊娠中や授乳中の女性が摂取した場合は男子胎児の生殖器などに影響を及ぼす恐れがあるとされているため、閉経前の女性への投与は禁忌とされています。さらにフィナステリドやデュタステリドは経皮吸収する作用を持つため直接触れる場合も注意が必要です。

近年では閉経後の女性に限りフィナステリドやデュタステリドの使用が検討されるケースもあるようですが、現段階において投与の推奨はされていません。

発毛を促す治療薬「ミノキシジル」とは

ミノキシジルは元々高血圧患者向けに血圧降下剤として作られた医薬品ですが、発毛を促進させる働きが確認されたため現在ではAGAの治療薬として使用されています。主に髪の毛のヘアサイクルを改善する作用や髪の毛の元となる毛母細胞を活性化させる働きを持っています。

ミノキシジルの治療薬には内服薬と外用薬があります。ミノキシジルの外用薬は男性型脱毛症診療ガイドラインでも効能を認められており、有効性が高くAGAやFAGAの治療にも勧められています。一方で内服薬はAGA治療薬としては認可されておらず、診療ガイドラインでも推奨されていません。しかし外用薬とは異なり血中から薬効が発揮されるため、より高い発毛効果が期待できます。

ミノキシジルの外用薬は市販のものも存在します。市販のミノキシジル外用薬も体に作用するメカニズムは処方薬と変わりません。しかし成分の濃度は上限が設けられているため、処方薬と異なる場合があります。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルは発毛効果を持ちその有効性も高いといわれていますが、その反面副作用のリスクも考えられます。ミノキシジルの副作用として頭皮のかゆみや多毛症、初期脱毛などが挙げられます。

初期脱毛は新しい髪の毛に生え変わるにあたって誰しもが起こる現象のため、この副作用について心配は不要です。このほかにも心臓疾患をお持ちの方や高血圧の方に負担がかかる可能性もあるといわれていますが、現時点で重篤な副作用はほとんど報告されていません。

一方で多毛症とは毛髪に限らず体の体毛が濃くなってしまう症状のことをいいます。体毛の増毛は特に女性にとっては心配な副作用かもしれません。しかしミノキシジルの投与による多毛症の発症は必ず起こるわけではなく、症状の出現率も低いといわれています。

もし多毛症かも…と感じたら

ミノキシジルの使用を始めてから体毛が濃くなったように感じる場合は多毛症の可能性が疑われます。多毛症には先天性と後天性があり、ミノキシジルによる多毛症は後天性にあたります。多毛症自体は重篤な症状を引き起こすことはありませんが、気になる場合は医師に相談することをおすすめします。

副作用は使用を中止すれば症状も治っていきます。しかしAGA治療薬は使用を中止するとAGAやFAGAの症状が再発する恐れがあります。多毛症の副作用が気になるけど治療を継続したいという場合は、ミノキシジルの濃度や処方薬の変更などの方法を医師に相談すると良いでしょう。

まずは医師に相談を

AGAやFAGAに限らずどんな治療薬にでも起こりうる副作用。ミノキシジルも例外ではありませんが、重篤な副作用はごく稀であるとされており、医師の責任のもと適切に処方してもらえれば安心して治療を続けることができます。決してリスクがないとは言い切れませんが副作用に不安を感じるのであれば一度AGA治療専門の病院に相談し、治療薬の効能・副作用についてを知った上で自分にあった治療法などを確認しましょう。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニックでは、カウンセリングと診察を無料で実施しています。当院では完全予約制を採用し、全サービスを個室で行なっているため周囲の目が気になるという方も安心。「具体的な治療方法が知りたい」「薄毛治療に興味がある」という方はぜひ当院までお気軽にご相談ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果とは

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果