このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】「血行不良がAGAを招く」は嘘? 薄毛の原因と血行不良が及ぼす影響とは

薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

成人男性の薄毛の原因として多くの人が当てはまるといわれているAGA(男性型脱毛症)。最近ではAGA治療に対する認識が広がり、様々なメディアで薄毛治療の情報が発信されています。正しい知識を知って対策をすることはとても大切ですが、中には間違った情報が出回っていることもあります。その中でも「血行不良がAGAを招く」という記事は多くみられますが、実はこの認識には誤りがあるのです。

確かに血行不良は健康に悪影響を及ぼしかねませんが、血行不良がAGAの直接的な原因になるということではありません。では、どのような原因でAGAを発症するのでしょうか。今回のAGAタイムスではAGAの原因や、血行不良が髪の毛に及ぼす影響について解説します。

AGAの発症原因と血行不良の関係

AGAは、男性ホルモンの一種の「テストステロン」と「5αリダクターゼ」という酵素が結びついて生成される悪玉ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」が、髪の毛の生え変わりの周期(ヘアサイクル)に影響を与えることで起こる、男性特有の脱毛症です。

【ヘアサイクルのしくみ】

ヘアサイクルには大きく分けて成長期、退行期、休止期があり、通常であればこれらの段階を1000〜2000日かけて1周しています。ヘアサイクルは生涯のうちで決められた回数しか繰り返さないため、最後の周期を終えた毛根からは二度と髪の毛が生えてこなくなります。

3つの周期について、それぞれの特徴をみていきましょう。

●成長期
成長期はヘアサイクル全体のおよそ90%を占めるといわれており、成長期の中でもさらに早期・中期・後期の3段階に分れています。この時期には、髪の毛を生成する毛母細胞が活発に細胞分裂を繰り返し、髪の毛が成長していきます。成長期は通常2〜6年ですが、AGAを発症すると成長期が最短で100日程度にまで短縮されてしまいます。
●退行期
これまで毛母細胞で行われていた細胞分裂が停止し、毛根が徐々に縮小して休止期に向けた準備が進みます。この準備期間を後退期と呼びます。
●休止期
休止期では毛包の活動が完全に停止し、次の新しい髪の毛に押し出されるようにして休止期の髪の毛が抜け落ちます。休止期の髪の毛は、普段見えている頭髪全体の約10%にあたるといわれています。こうして古い髪が抜け、新しい髪に生え変わることで、常に健康な髪が保たれるのです。

巷では「血行不良だとAGAになる」といった表現で、血行不良がAGAの直接的な原因であると断定している記事が多く見受けられます。しかし、AGAは男性ホルモンによる影響が主な発症原因であるため、血行不良がAGAの直接的な原因ではありません。ただし頭部の毛細血管が血行不良を引き起こすことで、育毛にとって必要な栄養素が髪の毛を作り出す毛母細胞まで運ばれづらくなる可能性はあります。つまり、「血行不良だと必ず薄毛になるとは限りませんが、間接的に育毛を妨げる恐れがある」といえます。

血行不良が及ぼす体への影響とは

【血行不良が招く不調や病気の可能性】

血行不良は育毛を妨げる恐れがあるだけでなく、以下のような不調や病気を招く可能性もあります。

●冷え性や肩こり、疲労、むくみ
●体のしびれ
●肌のトラブル
●動脈硬化
●狭心症や心筋梗塞などの心疾患
●脳梗塞 など

上記の症状が悪化すると、中には重篤な症状を招く危険性もあります。AGAには関係なくとも血行不良には注意が必要です。

【血行不良と肥満の関係、さらにAGAとの関連】

血行不良の原因の一つとして、血液中の脂質が過多の状態になることも挙げられます。このケースは「肥満」の人に多くみられます。AGAの進行は肥満度とも関係があるといわれおり、「早期発見のAGA患者は肥満率が高い傾向にある」との報告があります。また「重症のAGA患者はBMI(肥満度)が有意に高値になる」ともいわれています。ただし、これはすべてのAGA患者に当てはまるわけではなく、肥満だから必ずAGAになるというわけでもありません。しかしこれらの傾向から肥満は血行不良を招くだけでなく、AGAとの関係性も疑われおり、できるだけ肥満は改善する方がよいといえるでしょう。

血行不良を改善するために意識するべきことは?

人間の体中を巡る血管の99パーセント以上が毛細血管です。毛細血管はその名の通り細い血管であるため、血流が滞ると末端まで血液が流れず冷えを感じたり、必要な栄養素が体の細部まで届かなくなり、不調や病気になりやすくなる恐れがあります。では、血行不良にはどのような注意と改善をすればよいのでしょうか?

【1】運動不足

血液はポンプの役割をもつ心臓によって各部へ送られます。足の指先など心臓から遠い末端部は血液を心臓に戻す力がより必要で、筋肉を動かすことによって血液を循環させています。しかし運動不足によって筋力が低下すると末端で血液が停滞してしまい、血行不良を引き起こす恐れがあります。ウォーキングやストレッチなど呼吸と連動した運動を行うとよいでしょう。

【2】食生活の偏り

脂っこい食事や濃い味付けの食事、甘いものなどを過剰に摂取すると、血液の循環が悪くなり血行不良を招くことが考えられます。また高コレステロール血症や高血圧、動脈硬化などの生活習慣病を引き起こす可能性もあります。脂質や糖質の摂りすぎには注意して、バランスのよい食事を心がけるとよいでしょう。

【3】自律神経の乱れ

血液循環には自律神経も大きく関わっています。ストレス過多により緊張状態になると自律神経の一つである交感神経が優位になり、毛細血管が収縮して血流が悪くなってしまう場合があります。また自律神経が乱れていると、冷えを感じた際にうまく体温調節ができず末梢部まで冷え、血行不良に陥ることもあります。ストレスを発散したり、体の末端を温めるなどのケアするとよいでしょう。

【4】姿勢の悪さ

猫背など姿勢が悪いと長時間に渡って筋肉が緊張状態になる恐れがあります。特にデスクワークの方は同じ姿勢でいる時間が長く、筋肉がこわばり肩こりや血行不良を招きやすいといわれています。筋肉が緊張しないよう定期的に体を動かすことが大切です。また良い姿勢を保つためには、体幹部分の筋力をつけるとよいでしょう。

健康な髪の毛を育てるには健康的な体づくりから

AGAは主に男性ホルモンの影響で発症するため、血行不良が直接的なAGAの原因にはなりません。しかし血行不良は、間接的に育毛を妨げる可能性があります。また健康な髪の毛を育てるためには、健康でいる方が育毛環境にとってよいといえます。血行不良が気になる方は生活習慣を見直すことで、健康にも育毛環境にもよい影響が期待できます。

また薄毛が気になっていて血行不良について悩まれていた方は、一度薄毛治療の専門クリニックなどを受診し、医師に相談することをおすすめします。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニックでは、カウンセリングや診察を無料で実施しているため「話だけでも聞いてみたい」という方も安心してご利用いただけます。「薄毛対策をはじめたい」「本格的に治療を開始したい」という方はぜひ一度当院にお越しください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について