このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

【医師が教える】初めての薄毛治療!気になるミノキシジルの副作用は?

東京秋葉原のAGAヘアクリニックへ
薄毛治療

薄毛にお悩みの方で治療方法や治療薬などの情報をインターネットなどで収集しているという人は多くいらっしゃいます。しかしインターネットには様々な情報が溢れており、どの情報が正しいのか判断できないこともあるでしょう。その中でも特に心配されているのがAGA治療薬「ミノキシジル」の副作用。では、ミノキシジルにはどのような副作用があるのでしょうか。今回のAGAタイムスでは、ミノキシジルの副作用やそのほかのAGA治療薬についてご紹介します。

副作用が少ないとされるミノキシジル外用薬

薄毛治療に使用されるミノキシジルは元々血圧降下剤として開発された成分で、副次的な作用として多毛が確認されたためAGA治療薬としても開発が進みました。そのミノキシジルを頭皮に塗布するタイプにしたものがミノキシジル外用薬。市販の育毛剤として有名な「リアップ」シリーズもその1つです。

ミノキシジルは毛細血管を広げて血液の流れをスムーズにするほか、髪の毛の成長を促す毛乳頭細胞に働きかけて健康な髪の毛を生やす効果が期待できます。しかしリアップシリーズの中で最もミノキシジルの濃度が高い「リアップX5プラス」でも、配合量は5%とそこまで高くありません。一方でクリニックで処方されるミノキシジル外用薬は、濃度が15%を超えるものもあります。そのためより高い効果を求めるのであれば、AGA治療専門のクリニックで診療を受けることをお勧めします。

ミノキシジル外用薬の重篤な副作用は現在のところ報告されていないため、AGA治療をする上で比較的安全性の高い薬であるといえます。ただし体質によっては皮膚にかゆみや炎症が起きる場合もあるので、こういった症状が現れた場合は速やかに使用を中止し医師に相談しましょう。

ミノキシジルは内服薬も効果的

ミノキシジルの内服薬は体内で溶け出し、血液に乗って体の内部から毛根に届きます。そのため外用薬に比べよりダイレクトに髪の毛の成長を促す効果が期待できるのです。しかし体内から直接的に作用する分、副作用の発症率は外用薬よりも高くなるといわれています。

ミノキシジル内服薬の主な副作用としては、高血圧の方や心臓に疾患のある方が服用した場合にだるさやむくみといった症状が出ることが考えられるほか、多毛症といった症状を発症する場合があります。さらに稀にではありますが、重篤な副作用としては肝機能障害や心機能障害といった症状が出ることもあるため、こうした症状が少しでも見られた場合は処方されたクリニックに早急に相談しましょう。

ミノキシジルの外用薬や内服薬は、近年ネット通販を介して個人輸入することも可能となっています。しかし海外製品の場合パッケージや薬の形状だけ似せた偽造品であるというケースがあります。加えて成分や使用上の注意が外国語で記載されていて正しく理解できないということも考えられるため、個人輸入は推奨されていません。こうしたリスクを考えると、個人輸入よりもAGA治療専門のクリニックで処方された治療薬を使用することが安全です。

薄毛の進行を根本から食い止める内服薬も!

そもそもAGAとは、DHT(ジヒドロテストステロン)という悪玉男性ホルモンの影響によって、髪の毛の生え変わりの周期(ヘアサイクル)の成長期が極端に短くなるために起こります。AGAによる薄毛を改善させるためには、DHTの生成を抑制してヘアサイクルを正常に戻さなければなりません。

そこで治療に使用されるのが「フィナステリド」という成分を含む治療薬と「デュタステリド」という成分を含む治療薬です。フィナステリドとデュタステリドはDHTの生成を阻害し、薄毛の進行を食い止める効果が期待できるのです。ただしこの2つの成分は男性ホルモンに影響を与える成分であるため、服用に際し副作用のリスクを知っておく必要があります。

フィナステリドとデュタステリドはその作用機序が似ているため、副作用についても似たような症状が報告されています。主に挙げられるのは男性機能の低下や肝機能障害、抑うつ症状など。どちらの治療薬も副作用の発症率は低いとされているため必要以上に心配することはありませんが、もし上記のような症状を感じた場合は薬の服用を中止し医師に相談しましょう。

またフィナステリドやデュタステリドは女性の方への投与を禁忌としています。その理由は、男性ホルモンは男性器など身体の形成や発育に関わる重要なホルモンであるからです。妊婦の女性が何らかのかたちで摂取してしまうと、体内から血液を介して男児の成長に悪影響を及ぼす可能性があるのです。またこれらの成分は皮膚からも吸収されるため触ることも禁忌とされており、パートナーに妊娠中の方や授乳中の方がいる場合は十分注意しましょう。

薄毛治療は早めの治療が肝心

通常のヘアサイクルは3〜5年をかけて1周するといわれていますが、AGAが進行すると短い場合では成長期が数ヵ月程度に短縮され、十分に髪の毛が成長しないまま細い毛が生えてきたり、すぐに髪の毛が抜け落ちたりしてしまいます。

またヘアサイクルの回数には限りがあり、髪の毛の再生回数を使い切ってしまうともうその毛根から髪の毛が生えてくることはなくなります。そうなる前にできる限り早く治療を開始することがポイントとなるのです。

AGA治療は専門のクリニックに相談を

薄毛治療は外用薬だけでなく内服薬も併用することがあります。しかしインターネット上には副作用の報告なども書かれているので、不安に思う方も少なくないでしょう。どんな副作用があるのかご自身で調べることも大切ですが、それらの情報が必ずしも正しいとは限りません。薄毛治療を考えているが不安があるという方は、一度AGA治療専門のクリニックで医師の意見を仰いでみることをお勧めします。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニックでは、ミノキシジルの内服薬や外用薬、フィナステリドなど様々なAGA治療薬をご用意。AGA治療を専門に行う医師による安心・安全の診療を行なっているため、治療薬に対する不安のある方も安心してご利用いただけます。カウンセリング・診察は無料なので、薄毛の根本治療を始めたい方はぜひ一度当院までお越しください。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
治療用シャンプーの効果とは

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について