このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】薄毛を食い止めるAGA治療薬 「デュタステリド」の効果と副作用

薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

成人男性に多く見られる進行型の脱毛症、AGA(男性型脱毛症)。その治療薬には様々な種類がありますが、中でも“薄毛の進行を根本から食い止める”と評されているのが「デュタステリド」です。実際に多くのAGA治療専門クリニックで処方されており、「ザガーロ」という商品名でも知られています。薄毛、抜け毛に悩む方にとって有効なデュタステリドですが、やはり気になるのはその効果や副作用。そこで今回のAGAタイムスでは、デュタステリドについて解説していきます。

AGAとは?

AGAは成人男性に多くみられ、頭頂部や前頭部、生え際から徐々に薄毛が進行していく脱毛症です。早い場合には20代のうちからAGAを発症することもあります。しかし近年そのメカニズムが徐々に解明されてきたことから、治療可能な薄毛として世間に認知されるようになってきました。

AGAはDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる悪玉男性ホルモンが、髪の毛の成長サイクルを狂わせることが大きな原因とされています。髪の毛は大きく分けて「成長期」「退行期」「休止期」からなるサイクルの中で生え変わっており、これを「ヘアサイクル(毛周期)」と呼びます。ヘアサイクルの中でもっとも髪が成長するが成長期で、通常1000日~2000日といわれています。しかしDHTがヘアサイクルに悪影響を与え、成長期の期間が100日程度と極端に短くなってしまうのです。

その結果、短く細い毛ばかりが育つようになって髪全体のボリュームが少しずつダウンし、薄毛が進行します。そのためAGAの治療ではDHTの生成を抑制することが鍵とされ、その点においてデュタステリドは大きな効果を発揮する治療薬だといわれています。

デュタステリドの効果

AGAの大きな原因であるDHTは、最初から体内に存在するわけではありません。テストステロンという男性ホルモンが、5αリダクターゼという酵素と結びつくことでDHTが生成されます。デュタステリドはこのテストステロンと5αリダクターゼの結びつきを阻害することで、AGAの進行を根本から食い止める効果があります。

5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があり、AGAは主にⅡ型5αリダクターゼの影響によるものと考えられています。それはⅠ型5αリダクターゼが皮脂腺に多く存在しているのに対し、Ⅱ型5αリダクターゼは毛乳頭と呼ばれる髪の成長に大きく関わる部分に存在しているためです。

デュタステリドと同じ5αリダクターゼ阻害薬に「フィナステリド」という成分が存在します。フィナステリドはⅡ型5αリダクターゼのみに作用するのに対し、デュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方に作用するとされています。またⅡ型5αリダクターゼに対する阻害効果はフィナステリドの約3倍ともいわれ、このようなことからデュタステリドが優れたAGA治療薬であると考えられています。

デュタステリドの個人輸入は危険?

デュタステリドをはじめとしたAGA治療薬の多くは、基本的に医師の処方箋なしには入手できません。海外の通販サイトからであれば日本国内よりも安く処方箋なしで個人輸入することができますが、個人輸入にはリスクが存在します。

日本国内で正規に販売される医薬品は、「医薬品医療機器等法」という法律に基づき品質のチェックが行われます。しかし個人輸入の場合にはそのチェックがなされません。日本では考えられないような不衛生な環境で薬が作られている、あるいは保管されていることが十分に考えられ、それにより健康を損なう可能性があります。

さらに、本物の治療薬に似せた偽造品を購入してしまう恐れもあります。また用法・用量や使用上の注意が外国語で書かれているため、正しく理解できない場合もあるでしょう。そのようなトラブルのリスクを考えると、AGA治療専門クリニックで医師の処方を受けることが安全といえるでしょう。

デュタステリドの副作用とその発現率は?

デュタステリドはAGAに対し高い効果が期待できる反面、副作用の恐れがあることも事実です。2016年には日本病院薬剤師会が、デュタステリドの臨床試験データを発表しました。Aグループはデュタステリドを1日0.02mg、Bグループは1日0.1mg、Cグループは1日0.5mgを経口摂取し、それを6ヵ月間継続。その結果、何らかの副作用が発現した確率はAグループで14%、Bグループは21%、Cグループでは16%になりました。

この中で最も発現率の高かったBグループの副作用の症状を見てみると、「勃起不全」が3%、「射精障害」が2%、「リビドー減退」が5%、「胃腸障害」が3%といった結果に。その他、抑うつや乳房の女性化が見られたケースもありました。

これらのデータが示す通り、デュタステリドに副作用のリスクがないわけではありませんが、全体的に見ると副作用の発現率は決して高くありません。少しでも気になるようであれば医師に相談することをお勧めします。

AGA治療は、ヘアサイクルが上限を迎える前に

一生涯のうちヘアサイクルの繰り返される回数には上限があります。この上限を迎えてしまった毛根からは、二度と髪の毛が生えてきません。そのため薄毛や抜け毛が気になるのであれば、できるだけ早い段階での治療がお勧めです。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)では、デュタステリドをはじめとしたAGA治療薬を多数取り揃えております。また薄毛に関するお悩みのご相談や診察は無料ですので、ぜひ一度、当院へご相談ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について