このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

【医師が教える】つむじハゲとM字ハゲ、同時に進行することはある?

薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

薄毛にお悩みの方で、特に頭頂部や額の生え際の薄毛が気になる方は多いかもしれません。頭のてっぺんや生え際の薄毛、いわゆる「つむじハゲ」や「M字ハゲ」と一般的に呼ばれている薄毛はAGA(男性型脱毛症)であることが多いといわれています。

AGAはつむじハゲかM字ハゲのどちらか一方だけが進行する場合もありますが、進行パターンによっては同時進行することも。進行のスピードにも個人差があるため自身の薄毛が気になる方は、一度進行のパターンや進行度合いをチェックしてみた方がよいかもしれません。そこで今回のAGAタイムスは、AGAの進行パターンや進行度合いについて解説します。

知っておきたいAGAのメカニズム

AGAはテストステロンという男性ホルモンの一種が、体内酵素の5αリダクターゼと結びつくことにより変換された悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)に起因すると考えられています。このDHTが脱毛因子を増やす原因となり、髪の毛のヘアサイクルが乱されることで抜け毛が進行します。

通常、毛髪は2〜6年程度の「成長期」、数週間程度の「退行期」、数カ月ほどの「休止期」からなる1000日~2000日程度のヘアサイクルで生え変わっています。しかしAGAの場合にはこのヘアサイクルが乱され、成長期が最大で100日程度と極端に短くなり、太く長い健康的な髪の毛が育ちにくくなります。その結果、細く弱い短い毛ばかりが生える軟毛化現象を引き起こします。

軟毛化現象が続き髪の毛が十分に成長できなくなると、最終的に毛包までもが枯渇しフケとなり落ちてしまいます。毛包が脱落すると毛髪が皮膚の表面から生えてくることもなくなります。これがAGAが引き起こす抜け毛や薄毛のメカニズムです。

AGAの進行にはパターンがある!

AGAの症状は進行にパターンがあり個人差が出ます。AGAによって薄毛や抜け毛が導かれるメカニズムに変わりはありませんが、この進行パターンはいくつかに分類できます。

● 前頭部全体から進行するAGA
額の生え際全体が徐々に後退していくパターン。おでこが広くなったかも?と感じる場合はこのパターンのAGAを発症しているかもしれません。
● 頭頂部から進行するAGA(つむじハゲパターン)
つむじの辺りから円を広げていくように薄くなっていくパターン。日本人は欧米人と比べて生え際より先に頭頂部から脱毛が見られるこのケースが多いといわれています。
● 前頭部の両端部分から進行するAGA(M字ハゲパターン)
額の生え際の左右両サイドから後退していくパターン。前頭部の中央は毛髪が残るため初期段階で気付きにくいパターンです。白人に多く見られるといわれています。

AGAは進行が始まる部位が様々で、最近では統計などにより人種による特徴があるとも考えられています。パターン別にその部位だけの薄毛が進行するわけではなく、つむじと前頭部など混合されたパターンで進行していくケースもあるので注意が必要です。

混合タイプは要注意! AGAかも…と感じたら早めの治療を

大きく3つのパターンに分けられるAGAの進行パターンですが、進行するにつれて混合型になっていきます。途中経過の進行パターンは様々でもAGAの進行を放置していればゆっくりと症状が進んでいき、最終的には側頭部と後頭部だけに毛髪を残した状態になることもあります。

AGAは突発的に抜け毛が増えて薄毛になるわけではなく、日々ゆっくりと進行していくため、毎日鏡を見ていてもその変化には気付きにくいものです。「薄くなってきたかも」と気付く頃には症状がかなり進んでいる可能性があります。

髪の毛が生え変わる周期のヘアサイクルは、一生涯で繰り返される回数が決まっています。そのためAGAの進行を放置すればするほど、短縮されたヘアサイクルは通常より回転率が早くなり、ヘアサイクルが早い終止符を打つこととなります。

逆にAGAによる薄毛が進行し軟毛化現象や抜け毛が発生していたとしても、ヘアサイクルが残っている限りは治療薬などにより改善できる可能性があります。つまりAGAの症状は早期発見と早期治療が重要になります。

AGAの進行レベルはどのくらい? まずはセルフチェックを!

AGAの進行レベルは分類によって確認できます。この分類はアメリカの医師ハミルトンが作った薄毛進行パターンの分類を、その後医師のノーウッドが改定し作成したもので「ハミルトン・ノーウッド分類」と呼ばれています。AGAによる薄毛のパターンと度合いが9つの段階に分けられて症状のレベルが表されています。

【ハミルトン・ノーウッド分類】
Ⅰ型…前頭部の生え際が少し後退し始めた状態。わずかな病変。
Ⅱ型…Ⅰ型より更に進行した状態。左右対称に生え際の両端の後退が始まっている状態。耳の穴と頭頂部を線で結び、角額から生え際まで2cm以上離れている。(M字ハゲタイプ)
Ⅲ型…Ⅱ型より更に進行している状態。耳の穴と頭頂部を線で結び、角額から生え際までが2cm以内の状態。(M字ハゲタイプ)
Ⅲ Vertex型…頭頂部の薄毛が進行している状態。前頭部はほぼ後退していない。(つむじハゲのタイプ)
Ⅳ型…Ⅲ型でさらに頭頂部の薄毛がかなり進行しているか、全く毛髪がない状態。ただし角額と頭頂部は分かれている。(M字ハゲ+つむじハゲの混合タイプ)
Ⅴ型…Ⅳ型より更に進行した状態。生え際と頭頂部が繋がるか繋がらないかギリギリの状態。前頭部の中央はわずかに毛髪が残っている。(進行しているM字ハゲ+つむじハゲの混合タイプ)
Ⅵ型…生え際と頭頂部の薄毛が繋がり側頭部のみ毛髪が残る状態。薄毛が後方に進行し前頭部の毛髪は全くない状態。(かなり進行したM字ハゲ+つむじハゲの混合タイプ)
Ⅶ型…Ⅵ型より更に進行し側頭部のラインが下がるほどボリュームも少なくなった状態。これ以上の進行は見られないといわれている。(M字ハゲ+つむじハゲの混合タイプの最終形態)
日本人は頭頂部のみの薄毛が多く見られることから、最近では欧米人向けハミルトン・ノーウッド分類を基準とした日本人向けの分類を追加した「高島分類」が存在します。
【高島分類】(ハミルトン・ノーウッド分類のⅡ型とⅢ型の間に以下を追加したもの)
Ⅱ Vertex型…生え際の後退はほとんどなくⅢvertexよりも頭頂部の薄毛が進行していない状態。(つむじハゲタイプ)

AGAの診断基準ではこの9つのレベルの中では「Ⅱ Vertex型」が臨界点とされ、AGAと診断される可能性が高いレベルにあたります。しかし必ずしもすべてのケースがこの診断基準に当てはまるものではありません。薄毛が気になってきた時のチェック方法の手段として活用してみてください。

AGAの治療法

AGAには様々な治療方法があります。中でも内服薬や外用液を使用した治療法が一般的で、日本皮膚科学会が定める「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年度版」で推奨されている治療薬も存在します。

《内服薬による治療》

・フィナステリド含有内服薬
フィナステリドはⅡ型の5αリダクターゼを阻害し、DHTの生成を抑制することでAGAの進行を抑える働きがあります。プロペシアと呼ばれる既製品の治療薬やクリニックオリジナルのフィナステリド含有治療薬などがあり、診察を受けたうえ医師の処方により入手可能な治療薬です。国内でも有効性が認められており男性型脱毛症ガイドラインでは最高推奨度のAランクです。ただし明らかに効果があるとされているのは男性のみで、副作用の関係上、女性への投与は禁忌とされています。
・デュタステリド含有内服薬
フィナステリドがⅡ型の5αリダクターゼを阻害するのに対し、デュタステリドはⅠ型とⅡ型の5αリダクターゼ双方を阻害する働きを持っています。Ⅱ型5αリダクターゼを抑制する効果はフィナステリドの約3倍といわれており、発毛効果もフィナステリドの1.6倍あるとされています。フィナステリド同様、AGA治療専門クリニックなどで医師の処方により入手できます。
・ミノキシジル含有内服薬
有効成分のミノキシジルは主にヘアサイクルの成長期を延長させ、正常なヘアサイクルに改善することや、毛母細胞を活性化させることで発毛を促進させる働きがあるといわれています。

《外用液による治療》

・ミノキシジル配合外用液
ミノキシジル配合の外用液はミノキシジル含有内服薬と同様の働きを持ち、発毛効果があるとされています。内服薬が血中から薬効を発揮するのに対し、外用液は頭皮から有効成分を浸透させて薬効を発揮させるため、内服薬とは異なるアプローチで治療できます。またミノキシジル配合外用液は前述の診療ガイドラインでも最高評価のAランクに位置付けられ、男女問わず有効性が認められています。

《外科手術による治療》

・自毛植毛
頭部に残る自分の毛髪(側頭部や後頭部の毛髪)をメスやニードルを使い、薄毛が気になる部分へ移植する方法です。頭部の外科手術となるためその費用は非常に高額で合併症などのリスクが出る可能性もあります。しかし術後の髪の毛の定着率は高いとされており、診療ガイドライン内でもフィナステリド内服薬やミノキシジル外用液の効果が出ない男性の場合には、認められた医師が施術する場合に限り、推奨度Bの比較的高いランク付けがなされています。

《その他の治療》

・メソセラピー、HARG療法
有効成分を注射器などで直接頭皮に注入し、毛母細胞を活性化させるなどして育毛や発毛を促す方法です。ただしAGAの原因となるDHTを抑制できるものではないため、最近では5αリダクターゼを阻害する内服薬と併用し治療を進めるケースも増えています。

このように研究開発が進んだ現在ではAGA治療にも様々な方法があります。フィナステリドやデュタステリドの内服薬で、DHTの抑制を促しミノキシジルでヘアサイクルの成長期を延ばすことでAGAを治療する方法が、2017年現在での標準的治療であるとされています。

AGA治療はつむじハゲとM字ハゲが同時進行する前に

一口にAGAといってもその進行パターンは人によって違います。しかしどの進行パターンでも、薄毛の原因がAGAであれば内服薬などを用いた根本的原因を改善する治療が有効だと考えられています。毛包のヘアサイクルの回数は一生涯であらかじめ決まっているため、AGAは早期発見、早期治療が重要となります。

東京・秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)はAGA治療専門のクリニックです。当院には経験豊富な医師とカウンセラーが多数在籍し、完全予約制の個室対応なのでプライバシーも安心です。もし既に頭頂部が薄くなるつむじハゲや、生え際が薄くなるM字ハゲが同時に進行していたら、症状が進んでいる可能性があります。頭頂部や生え際の薄毛の改善を望むのなら、まずは早めに診察を受けてみるとよいでしょう。当院は診察・相談はいつでも無料ですのでお気軽にご予約ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
当院の特徴

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
当院の特徴