このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

【医師が教える】薄毛は飲み薬で治療できる。薄毛に特化した「AGA治療専門クリニック」とは

薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

薄毛や抜け毛が気になっている方の中には、加齢や遺伝のせいだと諦めている方も多いのではないでしょうか? しかし薄毛にも様々な原因があり、その原因によっては飲み薬などで症状の進行を抑えられる薄毛も存在します。

成人男性の薄毛に多いといわれているAGA(男性型脱毛症)は、AGA治療専門のクリニックなどもあり、飲み薬の処方など様々な治療法で一定の改善が期待できる薄毛です。そこで今回のAGAタイムスは飲み薬によるAGA治療と、AGA治療専門クリニックとはどのような病院なのかを解説します。

薄毛の原因のほとんどはAGA?

生活習慣の乱れや疾患に付随する抜け毛など薄毛には様々な原因がありますが、成人男性の薄毛はそのほとんどがAGAによるものだといわれています。AGAは壮年期の男性に多くみられる薄毛ですが、20代や30代の若い世代でもAGAの症状を発症する可能性があります。

若くしてAGAを発症した場合、同世代に薄毛の人が少ないため周囲に相談しにくく、悩みも深刻になりがちです。しかし現在ではAGA治療専門クリニックが増えてきた現状もあり、専門的なクリニックでの薄毛治療を望む若者も増えているといいます。

AGA治療専門クリニックであれば、内服薬や外用液による治療で症状を改善したり、薄毛が進行しないよう現状を維持することも可能です。

AGAのメカニズムとは

AGAは男性ホルモンの一種テストステロンと、体内の還元酵素Ⅰ型およびⅡ型5αリダクターゼが結合し変換された悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)が引き金となり、ヘアサイクル(毛周期)を短縮させ薄毛を発症させる疾患です。

髪の毛は通常1000〜2000日程度のサイクルで生え変わります。このヘアサイクルは2〜6年ほどの成長期、1〜2週間ほどの退行期、数カ月ほどの休止期で成り立ち、成長期には最も活発に髪の毛が成長します。

AGAになるとこのヘアサイクルの成長期が最短で100日程度へと極端に短縮されてしまい、髪の毛が十分な成長を遂げる前に抜け落ちてしまうのです。

一般的なAGA治療とは

AGA治療には内服薬や外用液、自毛植毛や育毛メソセラピーなど様々な種類があります。しかし日本皮膚科学会で定められている「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン(2017年版)」では、有効成分フィナステリドやデュタステリドの内服薬、あるいはミノキシジルの外用液が最も有効性が高いと評価されています。

現在の医学では、DHTをつくりだす5αリダクターゼのうちAGAには主にⅡ型が関与していると考えられています。AGA治療の内服薬に含まれる有効成分フィナステリドは、Ⅱ型の5αリダクターゼを阻害する作用を持っています。そのためDHTの生成を抑制しAGAによる抜け毛を防ぐことができます。一方で外用液や内服薬にも含まれる有効成分ミノキシジルは主に毛母細胞に働きかけヘアサイクルの成長期を延長させる働きや、毛母細胞を活性化させて発毛を促す働きを持っています。

さらに最近ではⅠ型とⅡ型双方の5αリダクターゼを阻害する作用を持つ有効成分デュタステリドが配合された内服薬が、AGA治療に用いられることもあります。

2018年現在ではフィナステリドやデュタステリドでヘアサイクルを正常化させ、ミノキシジルでヘアサイクルの成長期を延長させることでAGAを治療する方法が標準的治療とされています。

AGA治療専門クリニックでできること

AGA治療専門クリニックとはAGA治療のみを行っている専門の病院・医院を指します。AGA治療の知識と経験が豊富な医師が在籍しているため、安心してAGA治療を続けていけるところが大きなメリットといえます。最近ではこのようなAGA治療専門クリニックが増えてきており、医師による診察や相談を無償で行っているクリニックもあります。

AGA治療専門クリニックでは医師の診察が必須となるため、市販では売っていない処方薬を手に入れることができます。医療用医薬品として取り扱われる処方薬は有効性が高い成分が含まれており、AGA治療にも高い効果が期待できるでしょう。ただしAGA治療専門クリニックなどで行われる薄毛治療は自由診療となります。仮に一般皮膚科で受診しAGA治療薬を処方された場合でも自由診療です。

AGA治療専門クリニックでは内服薬治療をはじめ様々なAGA治療を受けることができます。しかしすべてのAGA治療専門クリニックで、多種多様な治療法を提供しているわけではありません。内服薬と外用液治療のみのクリニックもあれば、自毛植毛のみを行うクリニックもあります。

そのため事前にご自身がどのような治療を受けたいのかをよく考えておく必要があります。頭部の外科手術にあたる自毛植毛や再生医療といわれているHARG療法などは費用が高額になるため、経済的な負担が大きくなることも予想されます。

このように費用や治療方法など様々な点を考慮した上で、自身の薄毛にはどのような治療を行えばよいのかわからない場合には、まずはAGA治療専門クリニックの無償診察などを利用し医師に相談してみるとよいでしょう。

AGAは早めの治療がカギを握る

多くの成人男性を悩ませるAGAは、髪の毛のヘアサイクルの乱れが原因で抜け毛を引き起こします。このヘアサイクルの回数は一生涯で限りがあるため、AGAを改善するにはヘアサイクルがまだ残っている間に抜け毛を食い止めなければなりません。そのためにAGAは早期発見、早期治療が推奨されているのです。

東京・秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)は投薬治療による薄毛改善を行う専門クリニックです。壮年期に多いといわれているAGAですが20代で発症したり予兆が出てくる人も少なくありません。少しでも薄毛や抜け毛が気になる場合には、まずは当院の無料診察をご利用ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
当院の特徴

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について