このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

【医師が教える】女性の薄毛はなぜ起こる? 女性の抜け毛や白髪の対策まとめ

薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

一般的に“薄毛=男性の悩み”というイメージがあり、薄毛治療は男性が行うものと思われている方は多くいらっしゃいます。しかし女性でも薄毛や抜け毛、髪のハリやコシの低下、白髪といった髪のトラブルが起こる場合があります。そこで今回AGAタイムスでは、女性の薄毛や白髪への対策方法などをまとめました。

女性の薄毛の要因

女性が薄毛になる主な原因として、下記のようなものが挙げられます。

  • ・出産によるホルモンバランスの乱れ
  • ・加齢による女性ホルモンの減少
  • ・生活習慣の乱れ
  • ・過度なダイエットによる栄養不足
  • ・ストレスによる自律神経の乱れ
  • ・過度な洗髪による頭皮の乾燥
  • ・髪型による頭皮の血行不良
  • ・病気の一症状 など

女性の場合はホルモンバランスの乱れが薄毛の主な原因とされているほか、過度なダイエットや間違ったヘアケアなども脱毛症状を引き起こすと考えられています。このほかにも、病気の症状の一つとして脱毛が起こるケースがあります。それぞれの原因によって薄毛改善のアプローチ方法が異なるため、脱毛症状が気になる場合、まずは薄毛の原因が何かを知ることが大切です。

女性の薄毛の種類

ここで女性に起こりうる主な薄毛の種類とその原因をご紹介します。

◯産後脱毛

産後のホルモンバランスの乱れによって引き起こされる脱毛症状です。この脱毛は、妊娠中に増加した女性ホルモン「エストロゲン」が、出産と同時に急激に減少することで引き起こされると考えられています。エストロゲンは、髪の毛の生え変わりの周期「ヘアサイクル」の中で最も髪の毛が成長する「成長期」を延長する効果があるといわれています。

成長期で育まれた髪の毛は「退行期」を経て髪の毛の活動が完全に停止する「休止期」へと移行します。通常、休止期の髪の毛は新たなサイクルで生えてきた髪の毛に押し出されるようにして抜け落ちます。しかし妊娠中はエストロゲンが増加するため、成長期が延長されます。産後は増加していたエストロゲンが急激に減少するため、成長期(後期)の多くの髪の毛が抜け落ち、そのまま休止期へと移行してしまうのです。さらに産後には睡眠不足や栄養不足に陥りやすくなるため、育毛が阻害されて薄毛の状態が長引くケースがあります。

産後脱毛はホルモンバランスが安定して正常なヘアサイクルに戻ることで自然に回復すると考えられおり、一般的には半年程度で症状が回復することが多いとされています。しかし自分の両親がAGAやFAGAの場合は、産後脱毛からFAGAに移行してしまうことがあります。抜け毛や薄毛が半年以上続く場合には、一度薄毛治療専門クリニックなどを受診してみることをおすすめします。

◯円形脱毛症

10円玉ほどの円形の脱毛症状がみられるのが特徴ですが、症状によっては頭部全体が脱毛してしまうケースもあります。また髪の毛以外の体毛にも脱毛が起こることもあります。

発症原因は詳しくわかっていませんが、円形脱毛症は自己免疫疾患による免疫機能の異常が主な原因と考えられています。このほかにもストレスが原因で自律神経が乱れて円形脱毛症になる可能性も考えられますが、最近では「ストレスが関与している可能性は低い」という見方が有力視されています。円形脱毛症は治療に時間がかかったり、症状が進行したりする場合があるため、早めに医師に相談することをおすすめします。

◯脂漏性(しろうせい)皮膚炎に伴う脱毛

頭皮の皮脂が過剰に分泌されて皮膚の常在菌である「マラセチア菌」が異常繁殖すると、脂漏性皮膚炎を発症する恐れがあります。脂漏性皮膚炎によるフケや痒みなどによって頭皮環境が悪化すると、脱毛が起こる場合があるのです。

頭皮の皮脂が過剰に分泌される原因は様々ですが、頭皮が蒸れた状態が続いたり、脂質を摂りすぎたりといったことが原因の一つに考えられています。また頭皮の皮脂が気になるといってシャンプーしすぎると、頭皮の健康維持に必要な皮脂まで洗い流されてしまうため、頭皮に必要な皮脂を補おうと過剰に分泌される可能性もあります。そのため頭皮の乾燥を防いだり、頭皮を清潔に保つことが重要です。

◯牽引性(けんいんせい)脱毛症

髪の毛を一定方向に引っ張って結ぶ髪型を長期間続けると、頭皮の一箇所に負荷がかかり毛根を損傷してしまう可能性があります。このために育毛を妨げられて抜け毛や薄毛を引き起こすのが牽引性脱毛症です。また常に同じ場所に分け目を作っている場合も牽引性脱毛を引き起こすことがあります。時々髪型を変えたり、髪の毛を結ぶ位置を変えたりすることで予防できます。

AGA(男性型脱毛症)とFAGA(女性男性型脱毛症)

成人男性の3人に1人が発症しているとされるAGAは、近年では治療によって改善が期待できる疾患として認知されてきています。AGAは男性ホルモンの異変によりヘアサイクルが乱れ、髪の毛が十分に成長しないまま髪の毛が抜け落ちる男性特有の脱毛症です。AGAは生え際や頭頂部に限局して脱毛が進行するという特徴があります。

一方でFAGAは、髪の毛が細くなり髪の毛全体のボリュームが少なくなる「びまん性脱毛症」の一種です。FAGAはAGAと発症のメカニズムが異なる脱毛症であり「Female pattern hair loss」が医学的な正式名称です。「FPHL」との略称で呼ばれる場合もあります。

FAGAは研究の途上にあり、その詳しいメカニズムはまだわかっていません。しかし、FAGAに女性ホルモンが大きく影響していることがわかっており、出産後や閉経など女性ホルモンの乱れや減少が関連して脱毛や薄毛になるとされています。

なおFAGAのようなびまん性の脱毛は女性に多いとされていますが、男性でも発症する場合があります。また、びまん性の脱毛は一般的には髪の毛全体のボリュームがダウンしても髪の毛が完全に無くなるケースは少ないといわれています。

FAGAに使用される主な治療薬

◯ミノキシジル外用薬

ミノキシジルはAGA治療薬としても使用されている有効成分ですが、日本皮膚科学会が定めた診療ガイドラインではFAGAにも有効性が認められています。

ミノキシジルは有効性が高い治療薬といえますが、副作用として「初期脱毛」が起こる可能性があります。この初期脱毛は新しい髪が生え変わるための脱毛であり、誰にも起こりうるものです。一般的にはミノキシジルを使用開始してから約2週間前後から脱毛が始まり、およそ4週間ほどで収束するといわれています。

また初期脱毛のほかにも「多毛症」という副作用が現れる場合があります。体毛が増えてしまう多毛症は女性にとっては困る副作用といえますが、ミノキシジルの使用を中止することで治まります。

ミノキシジルは本来、高血圧患者に処方される降圧剤として開発された治療薬です。このため心臓病や高血圧の場合は体に負担がかかる可能性があり、外用薬を使用する前に医師にきちんと相談しておくことが大切です。

ミノキシジル外用薬は市販や個人輸入でも購入することができます。しかし個人輸入の薬剤の中には濃度が不明なものや、成分表示がわかりづらいものも存在します。また市販で購入する場合には、自分の症状に合っているのか、自分が使用しても問題ないのかなどを医師に相談することができないというリスクもあります。より安全に効果を実感したい方は、薄毛治療専門クリニックなどで医師から処方してもらうことをおすすめします。

◯パントガール内服薬

パントガールは、FAGA治療のために服用が認められた薄毛治療薬です。髪に良いとされるケラチンをはじめ、パントテン酸カルシウムやシスチンなどの栄養素が豊富に含まれており、服用することで頭皮に栄養を行き渡らせて育毛環境を整える効果が期待できます。パントガールはミノキシジル外用薬などのような大きな副作用などはありませんが、もし妊娠中・授乳中などで薄毛や抜け毛が気になる方は、服用を始める前に医師に相談しましょう。

【注意!】女性が使用してはいけない薄毛治療薬

AGA治療に使用される「フィナステリド」や「デュタステリド」といった有効成分は、日本皮膚科学会によって有効性が認められAGA患者への投与が推奨されています。しかし女性へのフィナステリド及びデュタステリドの投与は「すべきではない」とされています。

AGAは、男性ホルモンの「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という酵素と結びつき、悪玉男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変化することにより、ヘアサイクルが乱されて脱毛が起こります。AGAにフィナステリド及びデュタステリド配合薬が有効なのは、それらが5αリダクターゼを阻害し、DHTの生成を抑制させる働きがあるからです。

女性の体内にもテストステロンが存在し、頭皮には5αリダクターゼも存在します。しかし前述の通り女性の薄毛の発症原因はAGAとは異なるため、フィナステリド及びデュタステリド配合薬を服用しても、有用性は認められていないのです。

【女性のフィナステリド及びデュタステリド配合薬服用のリスク】

妊娠中の女性がフィナステリド及びデュタステリド配合薬を服用すると、胎児が男子の場合、生殖器に奇形が発生する危険性があるといわれています。またフィナステリドとデュタステリドは経皮吸収される成分であるため、触れることも禁忌とされています。そのためパートナーがAGA治療を行なっている場合、AGA治療薬の取り扱いには十分に注意する必要があります。

2017年の毛髪の国際学会では「閉経後の患者に対して十分な説明をした上で同意が得られる場合、規定に沿って処方する場合もあり得る」という意見もありました。しかし2018年に日本皮膚科学会から発表された「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」では、女性への処方は「行うべきでない」とされ、推奨度も最低ランクのDに位置付けられています。

薄毛にお悩みの女性で治療薬を使用したい場合は、正しい知識を持つ医師に診てもらい自分に合った治療薬を処方してもらうことで上記のようなリスクを避けることができます。そのため個人で治療薬を輸入するなどの行為はしないことをおすすめします。

病気の合併症で脱毛している可能性も

一般的に、健康な人の1日の抜け毛の量は約100本前後といわれています。髪が抜けるのは新しい髪へと抜け変わるために必要なサイクルであり、そこまで心配する必要はないでしょう。しかし一度に多くの脱毛が起こる場合には、何らかの病気の合併症である可能性があるため注意が必要です。

【女性に多いとされる脱毛症状を伴う病気や状態】

◯鉄欠乏性貧血
女性は鉄が不足しやすく、10人に1人は鉄欠乏性貧血であるともいわれています。鉄が不足すると血中のヘモグロビンを十分に生成できなくなります。ヘモグロビンは育毛に必要な栄養素を頭皮の毛細血管へ運ぶ役割を担っており、ヘモグロビンが欠乏することで育毛が阻害されびまん性の脱毛が起こる可能性があります。
鉄欠乏性貧血になると脱毛症状のほかにも集中力の低下やイライラ、だるさ、顔色の悪化、スプーンネイル(さじ状爪)など、何らかの症状が現れることが多くあります。また消化器疾患や婦人科系疾患によって鉄欠乏性貧血が引き起こされることもあるため、これらの疾患の二次的な症状の一つとして脱毛が引き起こされる可能性があります。
◯膠原病(こうげんびょう)
自己免疫疾患やリウマチ疾患など、全身に炎症を引き起こす様々な病気の総称のことをいいます。膠原病は若い女性に多く、発病すると治りづらい難病といわれています。
脱毛症状以外に、手足がしびれたり、肌色が悪くなったり、口や目が乾燥したり、爪が変形したり、リンパ腺が腫れたり、発熱や発疹が出ることもあります。膠原病の中でも「全身性エリテマトーデス」を発症すると円形脱毛症を併発する場合があります。
◯甲状腺機能低下症
甲状腺ホルモンは髪の毛の元になる「毛母細胞」の増殖を促進して髪の成長期を延長させたり、発毛を促す「毛包幹細胞」に直接働きかけたりと、育毛にとって重要な役割を担っています。しかし、甲状腺の機能が低下して甲状腺ホルモンの分泌が減ってしまうと育毛が阻害される恐れがあり、休止期脱毛の症状が起こるといわれています。また「ヘルトーゲ徴候」という眉毛の外側三分の一に脱毛症状を生じる場合もあります。
甲状腺機能が低下すると全身に倦怠感が起こり、肌が乾燥したり、むくみや冷え、便秘、体重増加、月経異常などの症状も同時に起こる可能性があるため、このような症状がみられる場合は病院で受診をおすすめします。
◯多嚢胞(たのうほう)性卵巣症候群
多嚢胞卵巣症候群は、生殖が可能な年齢の成人女性の約6〜8%が罹患する可能性があるといわれている排卵障害の一つです。女性ホルモンの一種である「LH(黄体形成ホルモン)」が高値になると、男性ホルモンの産生が促進されて卵胞の発育に影響を及ぼし、排卵が困難になってしまいます。
男性ホルモンが多くなると多毛症やニキビの増加、肥満、生理不順などの症状が引き起こされる恐れがあるほか、男性型脱毛症のような薄毛を発症する場合があるといわれています。

上記の疾患の他にも、脱毛症状(及び多毛症)が病気の合併症として現れている可能性があります。一度にたくさんの抜け毛が気なる方は病気の可能性もありますので、まずは医師に相談することをおすすめします。

手軽にできる女性の薄毛対策まとめ

女性の薄毛の原因や治療法には様々なものがありますが、治療以外にも薄毛対策のためにできることがあります。

◯ウィッグの着用

最近ではファッションを楽しむ感覚で購入できるウィッグやエクステンションなど付け毛の種類が豊富になり、女性の薄毛対策として広く認知されています。

女性用ウィッグには大きく分けて3種類あり、全体をカバーする「フルウィッグ」、自分の髪にプラスする「ハーフウィッグ」、部分的な薄毛をカバーする「ピンポイントタイプ」があります。フルウィッグは10〜20万円程度で購入できるのもから100万円以上する高価なものまであります。ハーフタイプは値段も手頃で、自分の髪を生かしてボリュームアップできると人気があります。

ウィッグには人毛と人工毛があります。人毛は見た目が自然で、自分の髪の毛と同じように扱うことができます。しかし「他人の髪の毛を使用している」ということが気になる方には向きません。また乾燥などにより劣化しやすいといわれており、管理に手間がかかるというデメリットもあります。人工毛は劣化しづらいのがメリットですが、人毛よりも不自然に見えてしまうという可能性があります。また人工毛専用のケアが必要なため、管理にもお金がかかるといわれています。

◯植毛

女性でも植毛を行うことはできます。植毛には「自毛植毛」と「人工毛植毛」があり、いずれも外科的手術を行います。手術では髪の毛が生えてくる毛包を切り取り、それを薄毛の気になる頭部に植え込む方法が一般的です。円形脱毛症など一部を植毛するケースでは、自毛を使用するため改善が見られるケースもあります。しかし女性に多いびまん性脱毛症では、植毛が適応となる症例は少ないのが現状です。

また人工毛の場合、人工の繊維などを埋め込むため、体の免疫システムによって拒絶反応を示す可能性があります。さらに感染症リスクもあるため、日本皮膚科学会が定めた「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン(2017年版)」による評価は低く、費用やリスクの大きさを考えるとあまりおすすめはできません。じっくりと医師と相談し、植毛を行うかどうかを決めると良いでしょう。

◯育毛シャンプー

育毛シャンプーやスカルプシャンプーといった商品が多く販売されていますが、それらを使用すれば「必ず発毛する」というわけではありません。育毛シャンプーなどの多くは育毛にとって良い頭皮環境を保ったり、育毛に必要な栄養素を補給することを目的としています。

その中でもケラチンが配合されたシャンプーやトリートメントは、髪の健康維持に期待がもてます。ケラチンは髪の毛を構成する主な成分で、ケラチンが不足すると髪の毛からハリやコシがなくなってしまうといわれています。

体内でケラチンを生成するためにはグルタミン酸やシスチン、アルギニン酸、トリプトファン、メチオニン、リジンなどのアミノ酸が必要です。これらの成分を含むシャンプーを選ぶことで、ハリやコシのある髪の毛の維持に期待がもてるでしょう。

◯女性の薄毛に良いとされる栄養素の摂取

「薄毛に良い」とされている栄養素は色々とありますが、その中でも特に「女性の薄毛に良い効果が期待できるもの」には、下記が挙げられます。

■豆腐・豆乳
女性ホルモン「エストロゲン」と似た作用を持つ大豆イソフラボンを含んでおり、ホルモンバランスの乱れを抑制する効果が期待できます。
■野菜・果物
野菜類や果物に豊富に含まれるビタミン類は、頭皮環境や育毛に必要な環境づくりをサポートしてくれます。
■肉・魚・乳製品
これらの食品に含まれるタンパク質は、髪の主成分となるケラチンの生成に必要となります。またこれらの食品には育毛に良いとされる亜鉛や鉄分などのミネラルも含まれています。

◯生活習慣の改善

生活習慣の乱れは直接薄毛に繋がるわけではありませんが、育毛環境に悪影響を与えている可能性があります。栄養バランスの良い食事を心がけ、適度に運動をし、質の良い睡眠をとることで育毛環境に良い効果が期待できます。またストレスを溜めないことも育毛環境の維持に効果的といえます。

女性に多い白髪の悩み

女性の中には白髪で悩まれている方も多く、早い場合では小学生から白髪のある人もいます。本来毛母細胞で作られる髪の毛は無色ですが、そこに「メラノサイト」という色素を作る細胞が関与して髪を黒くしています。このメラノサイトの元になる色素幹細胞は髪の毛の中程にある「バルジ領域」という場所にあることがわかっており、色素幹細胞がメラノサイトを生成できなくなったり色素を作っても髪の毛が取り込めなくなることで白髪になると考えられています。

【白髪の主な原因】

◯遺伝
先天的にメラノサイトの色素を作る力が弱い可能性があります。
◯栄養不足・血行不良
偏った食事によって栄養素が不足すると、メラノサイトのエネルギーが足りず、色をつけることができなくなる可能性があります。また血行不良に陥ると栄養素をメラノサイトまで十分に行き渡らせることができなくなり、メラノサイトのエネルギー不足に繋がることも考えられます。
◯睡眠不足
睡眠中に分泌される成長ホルモンは、髪の毛をはじめ体の細胞を成長させる働きがあります。睡眠時間が不足すると成長ホルモンの分泌量が減少し、育毛環境に悪影響を与えたり、メラノサイトの活動力を低下させたりする可能性が考えられます。
◯加齢
体の様々な機能や細胞活動は、加齢とともに低下する傾向にあるとされています。そのため加齢によってメラノサイトの活動力が低下することで、白髪が増加する場合があります。
◯紫外線
紫外線のダメージにより色素幹細胞が損傷すると、メラノサイトも影響を受け、損傷してしまうことが考えられます。

白髪を予防・改善するには?

最近の研究では、コラーゲンの一種である「17型コラーゲン」には脱毛と白髪の両方を抑制する働きがあると考えられています。17型コラーゲンをどのように維持することができるのかという仕組みについては未だ明らかにはなっていませんが、この仕組みが解明されれば脱毛や白髪の悩みに改善が期待できるといえるでしょう。

◯白髪は抜くより染める

白髪を抜くと増えるという噂話がありますが、医学的根拠はありません。しかし、白髪の抜けた毛包からは白髪が生えてくることがわかっています。また髪を抜くことで毛包が傷ついてしまう可能性があるため、白髪は抜かずにヘアカラーなどで染めることをおすすめします。また白髪の予防には、健康な生活習慣を心がけると良いでしょう。

◯栄養バランスのとれた食事を摂取する

【白髪に良いとされる栄養素】

・銅…色素の生成を促す働きがあるといわれています。
銅が含まれる食材:大豆、豆腐、納豆、ごぼう、モロヘイヤ、にんにく、あんず、プルーン など
・ヨード…メラノサイトを活性化させる働きを持つといわれています。
ヨードが含まれる食材:昆布、ひじき、ワカメ、イワシ、サバ、鶏肉、卵、海苔 など
・EPA、DHA…血管をしなやかに開く働きがあり、血流改善や白髪予防に期待がもてます。
EPA、DHA銅が含まれる食材:サバ、イワシ、本マグロ、マダイ、ブリ、サンマ など
・鉄…メラノサイトを活性化させる働きがあるほか、血流の改善効果も期待できます。
鉄が含まれる食材:レバー、貝類、牛肉、豚肉、パセリ、ほうれん草、小松菜 など
・チロシン…メラニン色素の生成を促す働きがあるといわれています。
チロシンが含まれる食材:チーズ、バナナ、アボカド、リンゴ、カツオ、マグロ、アーモンド、落花生 など
・カルシウム…メラノサイトを活性化させる働きがあるといわれています。
カルシウムが含まれる食材:牛乳、小魚、海藻類、ナッツ類、大豆、緑黄色野菜 など

食事だけでなく運動や睡眠なども白髪予防にとって大切な要素の一つと考えられており、これは脱毛予防にも繋がります。生活習慣が乱れていると感じる方は、健康的な生活習慣を心がけると良いでしょう。

女性の薄毛もAGAヘアクリニックで治療できます!

多くの女性が薄毛に悩んでいるといわれていますが、女性の薄毛治療に関する情報はAGA治療に関する情報に比べると少ない傾向にあります。AGAヘアクリニック(以下、当院)では、AGA治療だけでなく女性の薄毛治療にも対応しております。当院は全室個室のため待合室で他の方と顔を合わす心配はありません。クリニックは東京の秋葉原駅から徒歩4分で、女性でも安心してご来院いただけます。カウンセリングや診察は無料なので、まずはお気軽に当院までお越しください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について