このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

【医師が教える】薄毛対策・育毛に良いとされる有効成分と栄養素まとめ

薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月より医療法人社団則由会 AGAヘアクリニックを開院。

薄毛治療薬や育毛剤などのパッケージや広告に記載されている“有効成分”という言葉。ひと口に“有効成分”といっても、その成分にはどのような効果が期待できるのかを詳しく分からないまま購入している方は少なくないようです。さらに食べ物に含まれている栄養素まで含めると、世の中には育毛に良いとされるものは多く存在します。そこで今回のAGAタイムスでは、発毛や育毛を促すとされる“有効成分”や“栄養素”について詳しく説明していきます。

薄毛の原因に多いAGAに効果が期待できる成分

薄毛に悩んでいる日本人男性のうち、3人に1人がAGAを発症しているといわれています。近年ではAGAは治療で改善が期待できる疾患であるという認識が一般的に広まり、AGAの治療を受ける人口は増加傾向にあります。

AGAは男性ホルモンの「テストステロン」が、体内に存在する酵素の「5αリダクターゼ」と結びつくことで、悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変化して髪の毛の生え変わりのサイクル(ヘアサイクル)に悪影響を及ぼすことで発症します。AGAを発症すると通常では2〜6年とされるヘアサイクルの成長期が最短で100日にまで短縮されてしまうといわれています。これによって髪の毛が十分に成長しないまま抜けてしまい、結果として細い髪の毛の割合が増加して薄毛を発症します。

DHTの元となる5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型が存在しますが、AGAに関わるのは主にⅡ型と考えられています。Ⅱ型5αリダクターゼは主に頭頂部と前頭部に存在することから、AGAは頭頂部または額の生え際に薄毛が生じるのが特徴とされています。また一般的にAGA治療ではAGA治療薬を用いることが推奨されています。

【国内で使用されているAGA治療薬の有効成分】

◯フィナステリド

  • 配合薬:プロペシア、フィナステリド錠 など
  • 作用:DHTの要因となるⅡ型5αリダクターゼを阻害する働き
  • 副作用:勃起不全や精液量減少、射精障害などの性機能障害、肝機能障害 など

フィナステリドを服用した男性は「薄毛が改善した」という報告が数多くあります。しかし女性には効果がないばかりか、妊婦が使用すると生まれてくる男児の生殖器の発育に影響を及ぼす恐れがあるといわれており、女性は服用だけでなく接触も禁止されています。

フィナステリドの副作用として挙げられる勃起不全が起こる確率は、フィナステリド配合薬とフィナステリドが入っていない偽薬とで行った研究で優位な差が認められなかったことから、薬剤の影響で性機能障害が起こったのか、心因的な理由によるものなのかは医学的に明らかにされていません。

またフィナステリドの服用で肝機能障害が現れる可能性も示唆されていますが、これはごく稀であり一般に服用されている風邪薬や花粉症の薬と比べて明らかに肝機能障害が生じやすいというわけではありません。しかし、念のため定期的に検査を行うと良いでしょう。

◯デュタステリド

  • 配合薬:ザガーロ
  • 作用:DHTの要因となるI型・Ⅱ型5αリダクターゼを阻害する働き
  • 副作用:勃起不全や精液量減少、射精障害などの性機能障害、肝機能障害 など

フィナステリドと似た働きを持つ有効成分デュタステリドは、Ⅱ型5αリダクターゼを阻害する効果はフィナステリドの約3倍といわれ、発毛を促す効果はフィナステリドの約1.6倍とされています。

デュタステリドにも肝機能障害の副作用の可能性はありますが、フィナステリドと同様に起こる確率は少ないと考えられています。またデュタステリドも女性の服用や接触は禁止されています。

◯ミノキシジル

  • 配合薬:リアップ(外用薬)、ミノキシジルタブレット(内服薬) など
  • 作用:毛母細胞を活性化させる働き、髪の毛の成長期を延長させ発毛を促す働き
  • 副作用:発疹、かゆみなどの皮膚トラブル、動悸、めまい、多毛症 など

ミノキシジルは元々高血圧の患者に使用する降圧剤として開発された医薬品のため血管拡張作用があり、内服薬の場合、特に心疾患をお持ちの方や血圧が不安定な方などは外用薬に比べて頭痛やめまい、動悸、食欲不振などの副作用が現れる場合があります。この他、ミノキシジルは髪の毛だけでなく全身の毛に作用するため、全身の体毛が濃くなるなどの症状が現れる場合があります。定期的に医師の診察を受けた上で使用することで安心して治療を継続させることができるでしょう。

【国内で処方されている女性向け薄毛治療薬】

◯パントガール(Pantogar®)

  • 作用:びまん性脱毛症の改善、毛根の活性化・組織の代謝を促進して発毛や育毛を促進する効果、白髪の予防や爪の修復効果
  • 副作用:特になし

パントガールはドイツの製薬会社により開発され、世界で初めて女性の薄毛改善に効果が認められたとされる女性向け薄毛治療薬です。女性の薄毛に対してはフィナステリドやデュタステリドが使用できないため、「パントガール」を処方されることがあります。

パントガールの主成分はビタミンB1、ケラチン、L-シスチン、D-パントテン酸カルシウムなどであり、薬というよりはサプリメントに近いものといえます。女性のびまん性脱毛症の改善を目的としていますが、育毛に良い栄養素を多く含むので男性でも使用できます。

【その他のAGA治療薬】

◯フィンペシア、フィナロ

フィンペシアとフィナロはインドの製薬会社シプラ社が開発したフィナステリドのジェネリック医薬品です。作用や副作用に関しては他のフィナステリド薬と同様といえますが、これらの治療薬は販売の正規ルートが存在せず、偽物も多く出回っているため思わぬ副作用などのリスクをはらんでいます。

そのほかにもシプロテロン酢酸エステルやスピロノラクトン、フルタミドなどの成分も薄毛改善に有効な成分であるといわれていますが、これらの薬剤はまだ医学的に有効性が確立しておらず、副作用もはっきりしていないためAGA治療薬としては認められていません。

発毛・育毛効果が認められている有効成分

前述したミノキシジルのほか、発毛または育毛効果の有効性が認められ、発毛剤や育毛剤に配合されている成分はいくつか存在します。ただし全てが国内で発毛剤または育毛剤として認可されているわけではありません。また「男性に対しては効果があるものの、女性での実験結果がない」「実験が小規模であった」など、臨床データが乏しいものも含まれています。

《男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版に記載されている有効成分》
ミノキシジル/ケトコナゾール/アデノシン/カルプロニウム塩化物/t-フラバノン/ペンタデカン酸グリセリド/サイトプリン
《ガイドラインにはないが発毛作用があるとして育毛剤に添加されている単一物質》
セファランチン/プロスタグランジンF2α誘導体/生薬・植物エキス

薄毛を改善したい場合は医師処方の治療薬がおすすめ

病院で処方される治療薬だけでなく、市販の薬品にもカルプロニウム塩化物やミノキシジルを配合した発毛剤や育毛剤が存在します。AGA治療専門クリニックではオリジナルの有効成分配合の薄毛治療薬を処方しているところもあり、一人ひとりの薄毛の状態に合わせて薬を選ぶことができます。

【薬の個人輸入には十分な注意を】

処方箋や市販で購入する他に、海外から個人輸入することで格安で薬を手に入れる方法もあります。しかし個人輸入の場合、様々なリスクが考えられます。例えば有効成分の他に全く関係のない成分が含まれていて副作用やアレルギーを起こしてしまったり、有効成分自体が全く含まれていなかったり、最悪のケースでは料金を支払ったのに商品が届かず対応もしてもらえないということが起こる可能性もあるのです。薬は見た目では正しいものかどうか見極めが難しいため、個人輸入の薬品はおすすめできません。

育毛シャンプーや育毛サプリの成分

シャンプーやサプリにも、育毛に良い効果が期待できる成分が入ってるものがあります。

【育毛シャンプー】

育毛シャンプーの多くは、頭皮環境を健康に保つことを目的としたものが多いとされています。ここでは育毛シャンプーに含まれる成分をいくつかご紹介します。

◯アミノ酸由来の界面活性剤
アミノ酸由来の界面活性剤は刺激が少なく、髪や頭皮をやさしく洗える特徴があります。皮脂を落としすぎる心配も少なく、頭皮環境を健全に保つうえで効果的です。
◯クララエキス
クララエキスは髪の毛の元となる毛母細胞を活性化させる働きや、殺菌・抗菌作用、男性ホルモンの抑制作用などがあるといわれており、育毛促進効果が期待できます。
◯センブリエキス
センブリエキスは抗炎症作用や血行促進作用、抗酸化作用、細胞分裂を活発にさせる作用などがあるとされています。
◯ヒバマタエキス
ヒバマタエキスは主に血行促進作用のほか保湿効果や皮膚再生作用があるとされており、頭皮環境の改善に期待できます。
◯ローズマリーエキス
ローズマリーエキスは抗菌作用、抗酸化作用、消炎作用などによりフケやかゆみなど育毛の妨げになりうる諸症状の改善が期待できます。
◯ケトコナゾール
前述の診療ガイドラインにも記載のあるケトコナゾールは、頭皮の乾燥や過剰な皮脂から生じる真菌を抑制する働きをもつ医薬品です。また髪の毛を太くするなどの育毛効果もあるとされています。ケトコナゾール含有シャンプーを購入するには医師による処方が必要です。

【育毛サプリメント】

サプリメントは食事の補助的な役割として、普段の食事だけでは摂取しづらい栄養素を効果的に摂ることができます。育毛サプリメントとは、育毛に有効な作用が望める栄養素を多く含んだサプリメントです。種類は様々なものがありますが、その一部をご紹介します。

◯ノコギリヤシ
ノコギリヤシにはAGAの原因である5αリダクターゼを阻害する作用や、男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)を阻害する作用などが証明されており、DHTを抑制するといわれている成分です。天然の成分であるため副作用は少ないとされていますが、妊娠中の方の摂取には注意が必要です。
◯亜鉛
亜鉛はタンパク質を髪の毛の元となるケラチンへと再構成する働きがあり、育毛に効果が期待できます。亜鉛が極端に不足すると脱毛が起こる可能性があります。亜鉛はクエン酸やビタミンCと一緒に摂取することで、その吸収率が上がるとされています。
◯コラーゲン
コラーゲンは頭皮を整えたり、髪の毛の細胞を活性化させるなどの育毛に良い働きが期待できる有効成分ですが、消費の際にアミノ酸に分解されてしまいます。コラーゲンを効率よく摂取するにはコラーゲンペプチドが良いとされています。ある研究では摂取したコラーゲンペプチドのうち約半分はアミノ酸に分解されてしまいますが、残りの半分はコラーゲンペプチドの状態のまま血液に吸収され全身に運ばれるということが判明しています。
◯アミノ酸
アミノ酸には様々な種類がありますが、その中でも体内では合成できず食事などから摂取する必要のある「必須アミノ酸」があります。特にL-リジンは髪の毛の成長に欠かせない必須アミノ酸で、タンパク質の生成を助け、発毛を促す効果が期待できます。
◯ビタミン
ビタミンは体の中で生成することができないため、食事やサプリメントで補う必要があります。ビタミンAやビタミンC、ビタミンEなどには頭皮の健康を保つ効果が期待できます。ビタミンB2は皮脂の分泌を抑え新陳代謝を促すなど、頭皮環境に良い影響が考えられます。葉酸は体内機能の成長を促す細胞分裂に必須とされており、毛母細胞の活性化にも期待が持てます。

食材に含まれる薄毛改善に良いとされる栄養素

サプリメントなどの栄養素とは別に、ある特定の食材に含まれる成分が育毛にとって良い効果があるケースもあります。ここでは、食材に含まれるAGAなどの薄毛改善に期待できる栄養素をご紹介していきます。

◯スルフォラファン
ブロッコリーやブロッコリースプラウトに含まれ、最近の研究では「 AGAの原因であるDHTを分解する酵素の量を増やす働きがある」とされています。しかしこの研究は人での臨床データがまだないため「ブロッコリーを摂取すると薄毛が改善する」とは言い切れないのが現状です。
◯カテキン
緑茶に多く含まれ「DHTを作り出す5αリダクターゼを抑制する働きがある」とされています。他にも殺菌作用や脂肪を分解する作用もあるとされています。このため緑茶洗髪をすると清潔な頭皮環境を得られるのではないかといわれています。
◯ウーロン茶エキス
日本薬学会は「ウーロン茶エキスにはⅠ型・Ⅱ型の5αリダクターゼを阻害し、育毛を促進させる効果がある」と発表しています。これは茶葉から抽出したものをマウスの患部に塗布した際の効果で、人での臨床は行われていません。人間にも効果があるかは、今後の研究次第といえるでしょう。また前述したカテキンはウーロン茶にも含まれています。
◯カプサイシン
カプサイシンによって知覚神経が刺激されるとCGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)という物質が放出され、「IGF-1(インスリン様成長因子1)」が増加します。IGF-1とは、細胞の成長因子で育毛にも深く関わっています。IGF-1は体内でも生成されますが、量はその年齢とともに減少していきます。成長因子が減少すると抜け毛や薄毛を引き起こす恐れがあることから、カプサイシンは育毛に良いとされています。
◯ラズベリーケトン
ラズベリーケトンは、カプサイシンと似た構造をもつことが判明しています。ただしラズベリーケトンは“皮膚に直接塗布して”知覚神経を活性化させることで、結果的にIGF-1が増加するといわれています。この研究はアメリカキイチゴのラズベリーケトンを使用し、マウスだけでなく人にも行われ、「毛髪の増加と皮膚の弾力効果が見られた」というもので、ラズベリーケトンは育毛の促進に期待ができることがわかっています。
◯タウリン
詳しいメカニズムについてはまだ判明していませんが「タウリンが含まれた溶液の中に、傷んだ毛髪を入れると毛髪のダメージが修復された」という研究結果が報告されています。そのため、髪の毛の健康維持に有用であると考えられています。しかしサプリメントやドリンク剤などからタウリンを過剰に摂取した場合、嘔吐や下痢、腹部不快感、便秘、食欲不振、アレルギーなどの副作用を引き起こす可能性があります。

他にもアボカド、ケール、シナモン、どくだみ茶などの食品に含まれる栄養素に効果が期待できるものがあります。

治療薬から生活習慣まで薄毛改善をサポート

薄毛に良いとされている有効成分や栄養素には様々な種類があり、その効果もそれぞれです。自分の頭皮や髪の毛の状態を理解し正しく用いることで、実際にその効果を実感できるでしょう。

東京の秋葉原駅より徒歩4分の場所にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)では薄毛治療専門クリニックとして、頭皮と髪の毛の状態を確認させていただいてから、患者さま一人ひとりにあった治療プランをご提案しております。また日常生活で気をつけるべきことや、疑問・質問にもお答えします。

当院では診察から会計までを個室にて対応しているため、プライバシー面が気になる方も安心してご利用いただけます。薄毛でお悩みの方や将来の髪の毛の状態が心配な方は、まずは無料でご相談ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月より医療法人社団則由会 AGAヘアクリニックを開院。