このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

【医師が教える】AGA治療費ってどのくらい? 必要な費用と期間とは

薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

男性が悩む薄毛の多くがAGA(男性型脱毛症)と言われています。このAGAは進行性であるとされているため、AGAが進行した状態から治療を開始する場合は、薄毛が改善するまでに時間とお金を要することも。そうならないためには、早期治療が大切です。しかしAGAは完治するわけではないため、早期治療で薄毛が改善されたとしても、治療を継続しないまま放置すると再び薄毛が進行する恐れがあります。

AGA治療には様々な治療法がありますが、受診するクリニックや治療法によって費用や継続期間も変わります。今回のAGAタイムスでは、AGA治療で使用する治療薬のほか、植毛や育毛剤などの治療法にかかる費用や期間についてご紹介します。

一般的に推奨されているAGAの治療法

AGA治療で最も推奨されているのが、薬剤による治療法です。

内服薬には「プロペシア(フィナステリド)」や「ザガーロ(デュタステリド)」が挙げられます。プロペシアやザガーロには、「5αリダクターゼ」という酵素の働きを阻害し、AGAの原因とされる「ジヒドロテストステロン(DHT)」の産生を抑制する効果があります。個人差はありますが、薬の効果を実感するまでには約3ヶ月〜1年かかるとも言われています。これらの薬を服用することによって、ホルモンレベルでの症状改善が期待できます。この治療法は処方された薬を服用するだけなので比較的手間がかからず、人体への危険度も低いため、続けやすい治療法であると言えます。

プロペシアの購入価格は、1ヶ月分(約28錠)でおよそ6,000~7,500円程度。プロペシアにはジェネリック薬もあり、従来のものよりも安く手に入れることができます。ザガーロはプロペシアと比べてより効果が期待されている薬なので、およそ8,000〜9,000円程度と少し高く設定されていることがあります。

またプロペシアやザガーロは、発毛を促す外用液と併用して治療するのが一般的です。前述の通りAGAは完治するものではないので、髪の状態を維持するためには薬を継続して服用する必要があります。「もう維持する必要はない」と決めた時が治療を止めるタイミングと言えるでしょう。ある程度発毛効果を実感した時点で外用液との併用を止め、その後はプロペシアやザガーロのみを継続するといった方法をとることも可能です。

発毛を促す外用液

外用液には主に「ミノキシジル」という成分が含まれています。ミノキシジルは高血圧症患者に処方される経口薬として開発されました。後に、副作用に体毛が生えるという報告を受け、AGA治療薬としてミノキシジルを含む外用液が開発されました。

外用薬の費用は、ミノキシジルの濃度や内容量によってまちまち。1ヶ月分の購入価格には、およそ7,000〜15,000円と価格設定に差があります。

ミノキシジルはプロペシアやザガーロのような5αリダクターゼ阻害薬とは違い、発毛を促す目的で使用する治療薬です。そのためAGAの根本的な原因を抑制する効果はあまり高くありません。

  

メソセラピー治療とその効果

メソセラピー治療は、注射器などで頭皮に直接医療薬を注入するという工程を、約半年~数年継続して行います。通院頻度は病院によって異なりますが、月1回程度の施術が一般的と言われています。この治療は頭皮に直接成分を送り込むので、内服薬や外用液より効果があるとも言われています。また近年では注射のほかに、痛みを感じない「レーザー」や「ノーニードル」といった方法での治療も可能です。しかしこの治療法は症例こそあるものの、発毛効果に対する医学的根拠が未だ示されておらず、世界的にはまだあまり推奨されていません。

メソセラピー治療1回あたりにかかる費用は、病院によって違いがありますが、およそ20,000~100,000円と言われています。治療の途中から内服薬と外用液での治療に切り替えができる場合もあるので、医療機関と話し合った上で治療方針を決めるのが良いでしょう。

  

先進的医療のHARG療法

HARG療法とは、成長因子と呼ばれる成分を頭皮に直接注入し、髪が生えていた状態の再現を目指す毛髪再生医療です。メソセラピーと混同されがちですが、HARG療法は成長因子を使った治療法、メソセラピーはその施術工程のことです。HARG療法は、重度の薄毛であっても髪が生えていたころのような毛穴に再生が可能とされ、一部では確実性の高いAGA治療といわれています。しかし、まだ新しい治療法であることから医学的な安心感や治療の精度が高いとは言えません。しかし今後研究が進めば、将来的には希望が持てる先進的な治療法ともいえるでしょう。

費用はほかの治療法に比べて高額で、1回あたり約80,000~200,000円が相場と言われています。メソセラピーと同様に推奨される通院の頻度は異なりますが、おおよそ月1回が目安で継続期間は半年から一年、その後の通院は不要とされています。ただし1回の負担額が大きく、それを年単位で行うには相当な金銭的コストがかかります。

自毛植毛はコストもリスクも高め

自毛植毛とは、薄毛が気になる箇所にAGAの影響を受けにくい後頭部の毛根を移植する外科的治療です。自身の毛根を移植するため生着率が高く、一度移植してしまえば基本的にメンテナンスの必要がないというメリットがあります。また近年ではFUE法と呼ばれる毛包単位での移植が一般的で、この治療法は大きな傷が残りにくいと言われています。

しかし外科手術による治療のため、上記の治療法と比べると高額であるというデメリットがあり、治療費の相場は約500,000~1,700,000円であると言われています。また、植毛を行う範囲の広さによっても、価格は大きく変動します。

自毛植毛によって生え際の後退や、つむじ回りの広がりが止められるわけではありません。移植範囲以外にAGAの症状が進行することもあるので、さらに治療費がかかることも。

自毛の代わりにポリエステルなどの人工毛を用いた「人工毛植毛」も存在しますが、拒絶反応など副作用のリスクが高く施術自体を禁止している国もあります。日本国内では禁止こそされていませんが、AGAの治療法として推奨はされていません。

  

育毛剤で髪の毛は増やせない

厳密に言うと育毛剤は薬ではないため、AGA治療薬に比べると価格は安く、1本あたり約3,000円前後で販売されています。主に頭皮環境の正常化や血行促進などを目的としているので、今ある毛髪の成長を促進して、脱毛を予防する効果が期待できます。しかし、“髪の毛を生やす”効果は低く、薄毛が進行している状態で使用しても、薄毛が改善される可能性は低いかもしれません。

薄毛を改善するには、AGA治療専門のクリニックへ相談することをおすすめします。AGAの治療方法は進行度合いや改善具合によって、様々な方法が考えられます。そのため、医師と相談した上でご自身にあったAGA治療を行なうのが良いでしょう。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)は薄毛治療専門の病院です。当院では内服薬や外用薬を用いた薄毛治療を行なっています。治療薬の組み合わせによって費用も異なってくるため、医師と相談したうえでご自身のご予算に合わせて治療方法を決めていくことができます。また当院では診察を無料で行なっております。診察を受けAGAと診断された場合でも治療を開始しない場合は費用がかかりません。薄毛を改善したいとお考えの場合は一度、当院の診察を受診してみてはいかがでしょうか。薄毛の原因や進行具合を知っておくだけでも今後の薄毛対策に役に立つでしょう。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療薬について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療について