このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

【医師が教える】おすすめのAGA治療法とは?

薄毛治療

「AGA(男性型脱毛症)」とは、男性ホルモンの影響で薄毛になってしまう男性特有の脱毛症です。AGA治療は早めが肝心とよくいわれますが、そもそもAGA治療にはどんな方法があるのでしょうか? 今回のAGAタイムスでは、病院や専門クリニックで受けられる様々なAGAの治療法や推奨されている治療法をご紹介します。

AGA治療の種類とは?

○投薬治療

一般的なAGA治療のひとつに投薬治療があります。治療薬には「フィナステリド」や「デュタステリド」「ミノキシジル」などの有効成分がよく使用されます。フィナステリドやデュタステリドは、AGAの原因となる悪玉男性ホルモンの生成を抑え、AGAの進行を抑制します。

一方でミノキシジルは主に外用薬として用いられることが多い成分です。頭皮に塗布することで発毛促進の効果が期待できます。また外用薬のほか、内服薬としても用いられる場合があります。

○メソセラピー

メソセラピーとは頭部の皮下に薬剤を注射する治療法です。メソセラピーは薄毛治療以外に脂肪分解などの治療にも用いられています。薄毛治療におけるメソセラピーは、フィナステリドやミノキシジルなどのAGA治療薬を頭皮に直接注入する方法を指します。注射を使用する方法の他に、超音波やレーザーを使用する方法もあります。

メソセラピーは有効成分を直接頭皮に届けるため、より高い発毛効果が実感できると謳われることがありますが、外用薬や内服薬よりも効果があるという科学的根拠は乏しく、推奨される治療法ではないといわれています。

○HARG療法

HARG療法は発毛機能を再生させることを目的とした再生医療です。発毛を促す「成長因子」を含む有効成分を、直接頭皮に注入します。発毛機能が再生されることで薄毛の根本的な改善ができると期待されており、治療を終えた後も効果が続くといわれています。しかし歴史の浅い治療法ということもあり、医学的根拠もまだ十分とはいえません。

HARG療法はメソセラピーと混同されがちですが、メソセラピーは施術の方法を指し、HARG療法は治療法を指します。施術は医療機関で数カ月から1年にわたり複数回に分け行われます。有効成分の注入には注射やレーザーが用いられます。

○植毛

植毛には「自毛植毛」と「人工毛植毛」の2種類があります。自毛植毛の場合、後頭部や側頭部などAGAの影響を受けにくい毛根を採取して、薄毛が気になる部分に移植します。比較的生着率は高いとされていますが感染症などのリスクがあるため、施術を受ける場合は安全性について必ず医師に確認しましょう。

一方で人工毛植毛は自分の髪ではなく、ナイロンなどの繊維で作られた人工毛を頭皮に植え付けます。ただし人工毛植毛は拒絶反応などの懸念があり、国内外の医療関係者からも“行うべきではない治療”と認識されています。

AGA治療は本当に効果があるの?

AGA治療で誰しもが気になるのは、やはり「本当に効果があるのか?」という点でしょう。メソセラピー療法やHARG療法に関しては、医療機関によって配合成分や効果の度合いもまちまちです。しかしAGA治療薬のフィナステリドとミノキシジルには、その効果を示す医学的根拠があります。

○フィナステリドの効果

フィナステリド含有AGA治療薬である「プロペシア」の販売元であるMSDが日本国内で行った臨床試験によると、プロペシア1㎎を3年間にわたって毎日服用した人のうち98%が、AGAの進行がストップしたと報告されています。さらに78%の人はAGAの症状が改善されたというデータもあります。治療薬の効果には個人差があるため臨床試験の効果は必ずしも保証されるわけではありません。しかし多くの人に有効性が認められた治療薬で確実性は高いといえます。

○ミノキシジルの効果

ミノキシジルの臨床試験データは、発毛剤「リアップ」を販売する大正製薬が開示しています。ミノキシジル5%製剤を投与した被験者の91.7%において、投与開始の6カ月後からAGAの改善が認められています。こちらもAGAの改善状況には個人差が見られますが、91.7%という数字には期待が持てるといえます。

治療効果が表れるのはどのくらい?

フィナステリドやミノキシジルなどの治療薬を用いたAGA治療の発毛効果が表れるまでの期間は、おおむね治療開始から3カ月~半年といわれています。この間に「抜け毛が減る」「薄くなっていた部分に毛が生え始める」といった形で、徐々に効果が表れます。ただし症状の進行度や体質などにも左右されるため、人によっては効果が出るのに半年以上かかる場合もあります。

AGA治療の効果を実感できるまでの時間が長い理由のひとつに「ヘアサイクル」があります。通常なら2〜6年かかる成長期がAGAの場合は最短で100日程度に短縮されてしまいますが、このヘアサイクルを元に戻して正常に髪を成長させることがAGA治療の目的です。

そのため治療開始後1~2カ月だけの短い期間で「変化が見られないから」と治療を止めてしまうと、せっかく改善に向かっていたヘアサイクルが再び乱れてしまうことも考えられます。AGA治療は時間がかかるということを理解したうえで治療を続けることが大切です。

AGA治療を受けるなら専門の病院へ

東京・秋葉原のAGAヘアクリニック(以下、当院)は、AGA治療の専門クリニックです。AGAの治療経験が豊富な医師による診察と、患者様一人ひとりに寄り添ったカウンセリングで、最適な治療法を導き出すことができます。また当院では完全予約制を導入しています。待合室を介さず受付からそのまま診察室に通されるので、人目を気にせず安心して治療が受けられます。40室を超える診察室を完備しているため、余裕を持って予約を取ることもできます。薄毛にお悩みの方や、将来の薄毛の心配をされている方は、ぜひ一度当院へご相談ください。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックへ
当院の特徴