このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】すぐわかる! AGA治療薬の種類とそれぞれの効能や副作用

薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

AGA(男性型脱毛症)の治療を始めたくてもどの治療薬を飲めば良いのかわからないとお困りの方へ、今回のAGAタイムスは簡単にわかるAGA治療薬の比較や使用方法をご紹介します。

AGA治療薬の種類と概要

AGAの治療薬には様々な種類があります。

◯プロペシア
《概要》有効成分「フィナステリド」を主成分としたAGA治療内服薬。フィナステリドはAGAの原因であるⅡ型5αリダクターゼを阻害する作用を持つ。
《メリット》国内でも認可されている医薬品。取扱いのある医療機関で処方可能。
《デメリット》女性(特に妊婦)と小児は服用だけではなく接触も禁忌なため、厳重な取り扱いが必要。
◯フィナステリド錠
《概要》国内のプロペシアジェネリック医薬品(後発医薬品)。現在では複数の製薬会社から発売されている。
《メリット》プロペシアと同様。
《デメリット》プロペシアと同様。
◯フィンペシア
《概要》インドの製薬会社シプラ社が開発したフィナステリド含有のAGA治療薬。
《メリット》価格が安い。
《デメリット》国内では認可されていない治療薬のため、副作用などの危険性が不明。個人輸入でしか買えないうえ国内への正規ルートがないので偽物も多く出回っている。
◯フィナロ
《概要》インドの製薬会社インタス社が開発したフィナステリド含有のAGA治療薬。
《メリット》価格が安い。
《デメリット》国内では認可されていない治療薬のため、副作用などの危険性が不明。個人輸入でしか買えないうえ国内への正規ルートがないので偽物も多く出回っている。
◯リアップ
《概要》発毛を促す有効成分「ミノキシジル」を主成分とした外用液タイプのAGA治療薬。
《メリット》国内でも認可されている医薬品。取扱いのある医療機関で処方可能。AGA治療内服薬との併用もできる。
《デメリット》頭皮から薬剤を浸透させるため、血中から効能が発揮される内服薬に比べて効果がやや乏しい可能性がある。
◯クリニックのオリジナルAGA治療薬
各AGA治療専門クリニックなどで開発されている、オリジナルのAGA治療薬。
《メリット》フィナステリドやデュタステリド、ミノキシジル含有のAGA治療薬が既製品より安価で購入可能な場合もある。有効成分以外にも、発毛や育毛に必要なビタミンやミネラルが含有されているものが多い。必ずクリニックの医師が処方するので安心して使用できる。
《デメリット》クリニックによって有効成分の含有量や価格が異なる。

AGA治療薬を使用するタイミングは?

種類が豊富なうえ含まれる成分にも違いがあるAGA治療薬。食前や食後、朝や夜など使用するタイミングはいつが最適なのでしょうか。

◯フィナステリド含有のAGA治療薬
このタイプの薬は、効力が飲用前後の食事の有無に左右されないため、特に望ましいタイミングなどはありません。
◯デュタステリド含有のAGA治療薬
フィナステリド含有のAGA治療薬と同様、薬効は食事の有無に左右されないため、特に望ましいタイミングなどはありません。
◯ミノキシジル含有のAGA治療外用液
朝・夜と1日2回の使用が推奨されています。いずれも清潔で濡れていない状態の頭皮への使用が最も効果的とされています。
◯クリニックオリジナルのAGA治療薬
各クリニックで用法や用量が異なります。使用のタイミングなども併せて医師に確認しましょう。

AGA治療薬はいつまで使用するのか

AGAは進行性の脱毛症です。AGAの治療薬はその進行を抑制し、症状を改善する薬であり、完治させるものではありません。そのためAGA治療薬の使用で薄毛が改善されたとしても、薬の使用をやめてしまうと症状が再発する恐れがあります。個人差はありますが症状に改善が見られてきた場合、医師と相談しながら使用する頻度を減らしたり、薬の種類を変えたりすることは可能です。

AGA治療薬の長期使用による副作用は?

AGA治療を始めるにあたって懸念されるAGA治療薬の副作用。AGA治療薬を継続して使用した場合どのような副作用が起こりうるのでしょうか。

◯フィナステリド含有のAGA治療薬で起こりうる副作用
副作用が起こる可能性は僅かだとされていますが、稀に勃起不全や射精障害、性欲減退などの性機能障害が起こる恐れがあります。また、ごく稀に肝機能障害が現れることがあるといわれています。
◯デュタステリド含有のAGA治療薬で起こりうる副作用
フィナステリド含有のAGA治療薬と同様、稀に勃起機能不全や射精障害、性欲減退など性機能障害が現れる恐れがあります。また、ごく稀に副作用の初期症状として食欲不振や全身の倦怠感などの肝機能障害が起こる可能性も。
◯ミノキシジル含有のAGA治療外用液で起こりうる副作用
頭皮に直接塗布する治療薬なため発疹やかゆみなどの皮膚トラブルが起こることがあります。しかし、これまでに重篤な副作用などは認められていません。
◯クリニックオリジナルのAGA治療薬で起こりうる副作用
クリニックによって有効成分が異なるため、必ず処方されたクリニックで医師に確認しましょう。

海外医薬品の個人輸入は推奨されていない

近年ではインターネットの普及により、海外の医薬品を自らで購入する「個人輸入」が可能となりました。クリニックの処方薬より安価で購入可能なため、経済的な理由により個人輸入での購入を選ぶ人も増えているようです。しかし今現在、国内ではAGA治療薬の個人輸入は推奨されていません。個人輸入を行うこと自体は違法ではありませんが、全く関係のない成分を含んだ偽物のAGA治療薬も多く出回っています。十分に留意していても、偽物か本物かの識別は素人の目では難しい場合があります。気付かずに副作用の危険性がある成分を口にし、体に重篤な被害が及んでしまった場合、薄毛治療どころではなくなってしまいます。

国内では認可されているAGA治療薬のジェネリック医薬品も開発され、以前より価格を抑えて治療を始めることができるようになりました。また、良心的な価格でAGA治療薬を処方してくれるAGA治療専門のクリニックも増えています。AGA治療薬での治療をお考えの方はまずAGA治療専門クリニックなどの医師に相談をし、安心安全なAGA治療薬を処方してもらうことをお勧めします。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)は薄毛治療専門の病院です。何度でも無料で受けられる診察や相談はプライバシーに配慮された全室個室の診察室で行われます。周りの目を気にせずに治療薬の不安や薄毛に対するお悩みを医師に打ち明けることができる環境です。AGA治療薬で質問がある場合や一度診察を受けてみたい場合はぜひ一度当院へお越しください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
AGAヘアクリニックの特徴へ

髪の毛でお悩みの方

長濱ねるの料金表へ
AGAヘアクリニックの特徴へ