このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】AGA治療 〜病院と薬局でできることの違い〜

薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

多くの成人男性が悩まされているAGA(男性型脱毛症)の症状は適切な対策を施せば改善が可能です。AGAの改善は薬局やドラッグストアで買うことができる製品を用いる方法から病院での薄毛治療まで様々な方法があります。

しかし薬局で販売されている製品を用いた場合と、病院で治療を受けた場合には効果に差が出ることも。そこで今回のAGAタイムスではAGAの改善に向けて薬局やドラッグストアでできることと病院でできることを詳しく解説します!

AGAとは

AGAはAndrogenetic Alopeciaの略で、和名では「男性型脱毛症」と称されています。AGAは成人男性に多いとされる進行性の脱毛症です。AGAの原因は男性ホルモンの一種「テストステロン」と体内の還元酵素「5αリダクターゼ」が結合して生成される悪玉男性ホルモンの「DHT(ジヒドロテストステロン)」にあるとされています。生成されたDHTが男性ホルモン受容体と結合すると、脱毛因子が増えヘアサイクルを乱すため、抜け毛が誘発される仕組みです。

AGAに関わる5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があります。Ⅰ型5αリダクターゼは主に皮脂腺に存在しているのに対し、Ⅱ型5αリダクターゼは髪の毛に関わる「毛乳頭」に存在しているといわれているため、よりAGAへの関与があると考えられています。

またAGAによる薄毛の症状には進行パターンがあります。一般的に「M字ハゲ」と呼ばれている額の生え際(前頭部)から抜け毛が進行するタイプや「つむじハゲ」と呼ばれる頭頂部から薄くなるタイプ、それらの混合タイプなどパターンは様々。現在ではAGAの進行度合いを、このAGAの進行パターンで分類したものが世界的な標準として用いられています。この標準値はアメリカのハミルトン医師が提唱し、のちにノーウッド医師が改定したことから「ハミルトン・ノーウッド分類」と呼ばれています。

AGAはメカニズムや主な原因、進行度合いや進行パターンなど解明されつつある部分も多くありますが、一方で未だに解明されていないことも多い症状であるといえます。AGAは進行性の脱毛症であるため、対策や治療を施さない限り症状は進んでいきます。そのため薄毛の進行を止めたり発毛を促したりする場合は、薬局で販売されている薄毛改善アイテムの使用や病院での薄毛治療が必要となります。

AGAの治療法

AGAの治療法には様々な種類が存在します。市販されている育毛剤や発毛剤を用いる方法もあれば、病院で医師の診察を受けた上で治療を行う方法もあります。病院で受けるAGA治療の中で最も一般的といわれているのは内服薬や外用薬を用いる方法です。AGA治療の内服薬や外用薬は国内でも認められているものがあります。その他にも、メソセラピーやHARG療法、自毛植毛などAGA治療の種類は多岐にわたります。

(1)薄毛改善を目指すためのアイテム・製品

  • ・育毛剤(医薬部外品)
  • ・育毛シャンプー(医薬部外品)
  • ・ヘアトニック(化粧品・医薬部外品)
  • ・サプリメント(栄養機能食品)

(2)「第一類医薬品」にあたる発毛剤

  • ・リアップ(大正製薬)
  • ・スカルプD メディカルミノキ5(アンファー)

(3)病院の処方薬

  • ・フィナステリド内服薬
  • ・デュタステリド内服薬
  • ・ミノキシジル外用薬
  • ・ミノキシジル内服薬

(4)その他のAGA治療法

  • ・自毛植毛
  • ・HARG療法
  • ・メソセラピー
  • ・PRP療法 など

薬局でできるAGA対策

AGAは進行性のため何も対策を施さないままだと薄毛の症状が進行していきます。薬局には薄毛改善や薄毛予防を促すアイテム・製品が揃っているので、病院で診察を受けることに抵抗がある場合はまずは薬局でできることから始めてみると良いでしょう。

薬局で手に入れられるものには育毛剤や発毛剤、育毛シャンプーやヘアトニックなどがあります。また育毛を促すための毎日の栄養補助として用いることができるサプリメントなども薬局で買うことができます。

このように薬局には様々な薄毛対策製品が売られていますが、種類によっては薬剤師による対面販売が義務付けられているものもあります。

〜薬剤師が不在でも購入可能なもの〜

■育毛剤

育毛剤は髪の毛が健康に育つための環境を整えることなどを目的とした薄毛対策のアイテムです。厚生労働省で「育毛に対して緩やかな効果がある」と認められた有効成分が含まれていることが多く、それらの有効成分を主成分としたものは医薬部外品に分類されます。一方で厚生労働省に認可されていない成分が主成分の場合は「育毛剤」と称することができません。そのため「スカルプエッセンス」や「ヘアトニック」などといった名称で販売され化粧品に分類されています。育毛剤はAGAの改善に直接作用するものではありませんが、AGAの改善に向けてより良い頭皮環境を作るために使用するアイテムとしては有用といえるでしょう。

【育毛剤に使用される主な有効成分】

◯殺菌作用を持ち頭皮環境を整える効果が期待できる成分
・グリチルリチン酸
・ヒノキチオール
・ジフェンヒドラミン
◯血行促進作用を持ち健康な頭皮を作る効果が期待できる成分
・センブリエキス
・酢酸トコフェロール
・セファランチン
◯毛母細胞を活性化させる作用を持ち、髪の毛の成長を促す効果が期待できる成分
・ビオチン
・白薬子(びゃくやくし)エキス
・ペンタデカン酸グリセリド

■育毛シャンプー

育毛シャンプーは育毛剤などと同じように健康な髪の毛を育むための土台作りを目的として使用するものです。発毛を促す成分は含まれていないため、育毛シャンプーの使用で新しく髪の毛が生えてくることはほとんどないといえます。

健康な髪の毛を育てるには頭皮環境を健康に保つことが最も重要とされています。そのため頭皮を整える成分が含まれた育毛シャンプーを使用することで、育毛を促しやすい頭皮環境へと導かれることが期待できるのです。育毛シャンプーは直接AGAに作用するものではありませんが頭皮環境の悪化を防いだり、より良い頭皮環境へ導くことでAGAの改善をサポートすることが期待できます。

【育毛シャンプーに使用される主な有効成分】

◯抗菌作用を持ち頭皮環境を整える効果が期待できる成分
・クララエキス
・ローズマリーエキス
◯血行促進作用を持ち健康な頭皮を作る効果が期待できる成分
・センブリエキス
・ヒバマタエキス
◯抗炎症作用を持ち頭皮トラブル予防に期待が持てる成分
・センブリエキス
・ローズマリーエキス

一般的にシャンプーには汚れなどを洗い落とす洗浄成分「界面活性剤」が含まれています。界面活性剤には様々な種類が存在しますが、育毛シャンプーには洗浄力の穏やかな「アミノ酸系界面活性剤」が使用されている製品が多くあります。

【シャンプーに含まれる界面活性剤の種類】

◯高級アルコール系界面活性剤
高級アルコール系界面活性剤には石油由来の界面活性剤が含まれており、泡立ちが良く洗浄力が高いことが特徴です。頭皮の皮脂や汚れはしっかりと洗い流すことができますが、頭皮に最低限必要な皮脂まで洗い落としてしまう恐れがあります。必要最低限な皮脂までもが失われると、頭皮のバリア機能が低下したり乾燥しやすくなったりするため注意が必要です。現在では一般的に薬局で売られているシャンプーの多くに高級アルコール系界面活性剤が使用されています。
〈代表的な成分〉
・ラウレス硫酸Na
・ラウリル硫酸Na
・ラウレス‐4カルボン酸Na
◯アミノ酸系界面活性剤
育毛シャンプーに使用されることが多いアミノ酸系界面活性剤は、洗浄力が穏やかで皮膚と同じ弱酸性であるため頭皮への刺激が少ないとされています。皮脂の落としすぎを防ぐことで乾燥から頭皮を守り保湿を高める効果があるといわれています。高級アルコール系界面活性剤に比べて泡立ちが弱いため、人によっては爽快感が劣ると感じることがあるかもしれません。
〈代表的な成分〉
・ココイルグルタミン酸K
・ココイルグルタミン酸TEA
・ラウロイルメチルアラニンNa
◯石鹸系界面活性剤
石鹸系界面活性剤はヤシ油など自然由来の原料から作られているのが特徴です。比較的洗浄力が強く皮脂や汚れが落ちやすい反面、皮脂を必要以上に落としてしまう可能性があるため頭皮が乾燥しやすい方は注意が必要です。また弱酸性である髪の毛や皮膚に対し石鹸系界面活性剤はアルカリ性のため髪の毛が軋む可能性があります。
〈代表的な成分〉
・脂肪酸Na
・カリ石けん素地
・オレイン酸K

■ヘアトニック

ヘアトニックは爽快感を得たり頭皮の不快感を改善したりするためのアイテムです。そのため育毛や頭皮環境を整えるのに効果的な有効成分などは含まれておらず、水とアルコールから作られているものがほとんどです。

■サプリメント

サプリメントも薬局で手に入る薄毛改善アイテムの一つ。育毛に効果的だとされている成分や健康維持に必要不可欠な栄養素をサプリメントで補うことで、育毛促進の効果が期待できます。

【育毛に効果が期待できるサプリメントの栄養素】

◯コラーゲン
コラーゲンは健康な体に欠かせないタンパク質の一種です。毛包幹細胞を維持したり頭皮などの真皮層を生成したりと育毛に関わる働きも担っています。体内のコラーゲンは加齢により減少していくといわれているため、サプリメントでの摂取やコラーゲンが急激に減少しないよう心がけた日常生活を送ることが大切です。
◯亜鉛
亜鉛は髪の毛の主な成分「ケラチン」の合成をサポートする働きがあるとされているため、サプリメントなどで亜鉛不足を防ぐことで正常に育毛が促されるといわれています。
◯アミノ酸
アミノ酸はケラチンのもとになる育毛にも欠かせない栄養素です。アミノ酸の中には体内での生成が不可能な「必須アミノ酸」も存在するため食事やサプリメントからの摂取が非常に重要となってきます。サプリメントで摂取する際は様々な種類のアミノ酸をバランス良く摂取することが大切です。
◯ビタミンC
ビタミンCは頭皮の健康維持に役立つだけでなく体内でコラーゲンを生み出す働きをサポートしていると考えられています。体内に活性酵素が発生すると活性酵素を除去するためにビタミンCが分解され使われていくため、育毛のためにも日頃から積極的に摂取したい栄養素の一種といえます。またビタミンCにはクエン酸の吸収作用があるとされています。クエン酸は亜鉛などのミネラルを包み込んで体内に吸収しやすくする働きがあるため、亜鉛摂取の際にはビタミンCとクエン酸も併せて摂取すると良いといわれています。

〜薬剤師の対面販売(情報提供)が義務付けられているもの〜

■発毛剤

薬局では髪の毛を生やす効果がある「発毛剤」も販売されています。発毛剤は発毛を促す有効成分が含まれているため「第一類医薬品」として扱われています。現在、国内では『リアップ』(大正製薬)などの発毛剤が市販されていますが、いずれも第一医薬品の場合は薬剤師による対面販売が義務付けられています。

【市販の発毛剤に使用される主な有効成分】

◯ミノキシジル
ミノキシジルは主に毛母細胞に働きかけ発毛を促進させる作用を持つ成分です。ミノキシジルは第一類医薬品に該当し初期脱毛や副作用が起こる恐れがあるため、ミノキシジル含有の発毛剤は必ず薬剤師より使用上の注意や情報の提供を受けた上で購入しなくてはなりません。
◯トコフェロール酢酸エステル
トコフェロール酢酸エステルは皮脂の酸化を防ぎ頭皮を守る作用があるとされている成分です。主に頭皮環境を保つ働きがあるため育毛剤にも含まれていることがあります。
◯l-メントール
頭皮に清涼感を与える作用を持つl-メントール。鎮痒作用もあり頭皮のかゆみを抑える働きもあるとされています。

病院でできるAGA治療

AGA治療専門の病院などで治療を行う場合は医師の診察を受けた上で的確な処置を施してもらうことができます。病院で行うAGA治療の中でも最も一般的といわれている内服薬や外用薬にも種類がいくつかあり、病院によって取り扱っている治療薬が異なります。また治療薬以外にも外科手術を伴う自毛植毛やニードルを使用するメソセラピーなどAGAには様々な治療法があり、病院によって行っている治療が異なるため、病院でのAGA治療を考えている際はどのような治療を受けるのか予め決めておくと良いでしょう。

■処方薬によるAGA治療

◯フィナステリド内服薬
フィナステリドにはAGAの原因となるDHTを生成する酵素の一種「Ⅱ型5αリダクターゼ」を阻害する作用があります。Ⅱ型5αリダクターゼを阻害しDHTの生成を抑制することでヘアサイクルの乱れを正常に戻すことができます。その結果、髪の毛が健康に育つようになり薄毛が改善されていくことが期待できるのです。このフィナステリドはアメリカ食品医薬品局「FDA」でも認可されており、現在では世界中で広くAGA治療に使用されています。男性患者に関しては日本皮膚科学会が制定する「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」(以下、ガイドライン)でも最も高い推奨度Aを得ており、現在は国内でも一般的にAGA治療に用いられる薬剤となっています。ただしフィナステリドは女性への投与は禁忌とされており、男性の場合は性欲減退など様々な副作用が起こる恐れがあるとされているため、医師の指示のもと用法用量を守って正しく服用していく必要があります。
◯デュタステリド内服薬
フィナステリドがⅡ型5αリダクターゼの阻害作用を持つのに対し、デュタステリドはⅠ型5αリダクターゼとⅡ型5αリダクターゼの双方を阻害する作用を持っています。Ⅱ型5αリダクターゼの阻害作用はフィナステリドのおよそ3倍、発毛効果はフィナステリドのおよそ1.6倍あるとされています。またデュタステリドもガイドラインでは男性患者に対し推奨度Aとされており、フィナステリドに継ぐAGA治療薬として広く用いられています。ただしデュタステリドもフィナステリド同様、女性への投与は禁忌とされているため取り扱いには注意が必要です。
◯ミノキシジル外用薬
ミノキシジルは血管拡張作用を持つためアメリカで「降圧剤」として開発されました。しかし、その副作用として発毛現象がみられたためAGA治療薬として改良され、現在ではAGA治療に用いる外用薬として使用されています。ミノキシジルは主に毛母細胞に作用しヘアサイクルの成長期を延長させる働きや毛母細胞を増殖させる働きを持ちAGAの改善を促します。このミノキシジル外用薬はガイドラインでも推奨度Aとされており、性別問わず使用可能とされています。
◯ミノキシジル内服薬
ミノキシジルの内服薬も外用薬と同様に毛母細胞に働きかけAGAの改善を促す作用があります。内服薬は体内の血中から毛球部分に存在する毛乳頭をたどって効果を発揮するため、外用薬よりも高い発毛効果が期待できると考えられています。
◯ケトコナゾール外用薬
ケトコナゾールは抗真菌薬の一種で頭皮の常在菌「マラセチア」を抑制する作用があります。マラセチアが異常繁殖すると頭皮環境が悪化し脂漏性皮膚炎に繋がるといわれており、最悪の場合は抜け毛が助長されるといわれています。このような脂漏性皮膚炎などによる頭皮トラブルや抜け毛を防ぐ治療のためにケトコナゾールは用いられています。またケトコナゾールは頭皮環境を整える作用以外にもAGAの要因とされる5αリダクターゼの抑制作用があると考えられており、AGAの根本的な改善にも期待が持たれています。ケトコナゾールは外用薬やシャンプーとして頭皮に直接塗布し、成分を直接頭皮に浸透させて効果を発揮させる薬剤であるため、AGA治療の内服薬などと併用することもあります。

■自毛植毛によるAGA治療

自毛植毛はAGAが発症した脱毛箇所にAGAの影響を受けにくいとされている自身の後頭部の毛組織を移植する方法です。自身の毛組織を移植するため拒絶反応なども少なく、術後の髪の毛の定着率も高いといわれています。外科手術のため合併症などのリスクが懸念される治療法ですが、ガイドラインでは男性患者において内服薬や外用薬による効果が十分発揮されなかった場合に限り、推奨度Bとされています。ただし人工毛植毛に関しては安全性が乏しいため行うべきではない(推奨度D)とされています。

■その他のAGA治療

◯HARG療法
HARG療法とは脂肪由来の幹細胞から抽出した成長因子や有効成分をニードルや注射器、電気パルスなどを使用して頭皮に直接注入する治療法です。成長因子や有効成分を表皮と真皮の間に注入することで毛包が回復し毛母細胞が活性化され、頭皮環境の改善効果や発毛促進効果などが期待できるとされています。HARG療法は毛母細胞に働きかけるため発毛や育毛を促進する作用はあるとされていますが、男性ホルモンが主な要因となるAGAの抜け毛や薄毛の進行を抑制する効果は見込めないといわれています。
◯メソセラピー
メソセラピーは注射や超音波、レーザーなどを使用し、フィナステリドやミノキシジルなどのAGA治療薬を頭皮に直接注入する治療法です。頭部の皮下に直接薬剤を注入するため高い薬効が得られると謳われることがありますが、メソセラピーが内服薬や外用薬よりも高い効果を示すという医学的根拠は未だ存在しません。
◯PRP療法
PRP療法は血液中に含まれるPRP(多血小板血漿)を採取して直接頭皮に注入する治療法です。HARG療法やメソセラピーとは異なり、自身の血液から抽出したPRPを体内に戻すため副作用などの心配は少ないといわれています。PRPには体の組織や細胞を治す作用があるため、頭皮に注入することで毛髪再生が行われ育毛や発毛に期待が持てるとされています。

AGA治療は「自由診療」

AGAは専門のクリニックや皮膚科などで診察を受けた上で治療を受けられますが、症状の度合いに関係なく「自由診療」です。

保険診療は日常生活に支障をきたす症状や生死に関わる症状の治療に対して適用されるものです。現在、国内では「AGAは加齢に伴う症状である」とされているため、AGA治療は美容目的の治療の領域内として考えられています。そのため厚生労働省が保険適用を認可しておらず自由診療となっています。最近では一般皮膚科でもAGA治療を行っているところがありますが、一般皮膚科で受診した場合でも自由診療となります。

AGAの治療はAGA治療専門の病院へ

AGAは薬局で手に入る製品でも対策を打つことができます。しかし市販の場合は使用できる有効成分に限りがあるため効果が乏しいと感じられるものも存在します。確実な薄毛予防効果や発毛効果を実感したい場合にはAGA治療専門クリニックで医師の診察を受けたうえ、個々の症状に合う治療方法を施してもらうことをお勧めいたします。

東京・秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)にはAGA治療の経験と実績が豊富な医師が存在しています。患者様のお悩みに寄り添いながら治療方法を決定していくため高額なプランや医療ローンをお勧めすることなどは一切ありません。またプライバシーに配慮した診察室は全室個室のため薄毛治療に関する様々なお悩みが話しやすい環境になっております。

AGAは生命に直接関わる症状ではありませんが、患者様の将来や未来を見据え、悩みや苦しみを解決するために治療を施すべきであると当院の医師は考えております。医師による診察や相談は何度でも無料で受けることができますので、薄毛にお悩みの際はぜひ一度、当院へお越しください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療薬について