このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

薄毛治療いつからはじめる? 初めての参観日が来る前に薄毛を克服しておくには

薄毛治療

年々薄くなっていく生え際。子供の目線に合わせて会話をしていると上からの視線が気になって仕方がない頭頂部。子供がすくすく成長していく一方で、自分の薄毛も少しずつ進行していると感じるお父さんも少なくないでしょう。子供が小学生になると授業参観などの行事も増え、ますます周りの目線が気になってくるかもしれません。

そんなお父さんたちの悩みを解決するのが「薄毛治療」です。薄毛治療は一体いつから始めれば様々な行事に間に合わせることができるのでしょうか。今回のAGAタイムスでは、薄毛治療で実際に薄毛が改善されるまでにはどのくらいの時間を要するのかを解説します!

薄毛の悩み、まずはどこに行けばいい?

日本では多くの方が薄毛の悩みを持っているといいます。特に成人男性に多いのはAGA(男性型脱毛症)を発症しているケース。AGAの罹患者は全国に約1,200万人以上いるといわれており、自由診療である薄毛治療も近年では広く知られるようになってきました。

AGAによる薄毛の治療は、一般皮膚科やAGA治療専門のクリニックで受けることができます。特にAGA治療専門のクリニックでは、AGAによる薄毛やAGA治療の様々な悩みに対し、より適切な対応を受けることができます。

東京の秋葉原にある「AGAヘアクリニック」(以下、当院)もAGA治療を専門に扱う病院の一つです。JR秋葉原駅より徒歩4分の立地にあり、大きなオフィスビルに入っています。当院には若年層から年配の方まで幅広い年齢層の患者様がご来院されますが、お一人でも奥様とご一緒にお越しいただいても安心できるよう、プライバシーに配慮した全室個室の診察室をご用意しております。

AGAの改善は抜け毛を食い止めるところから!

AGAは男性ホルモンの一種「テストステロン」が体内の還元酵素「5αリダクターゼ」によって変換された悪玉男性ホルモンの「DHT(ジヒドロテストステロン)」が原因となって抜け毛を発症する疾患です。AGAの進行を防ぎ薄毛を改善するには、まず悪玉男性ホルモンによる抜け毛を防ぐことが重要とされています。

AGAの治療方法は多岐にわたりますが、現在、国内では内服薬や外用薬を用いた治療が一般的とされています。DHTによる抜け毛を予防するために用いられるのが「デュタステリド」や「フィナステリド」と呼ばれるAGA治療内服薬です。これらは5αリダクターゼを阻害する働きを持つためDHTの生成を抑制し、抜け毛の発症を抑えることができるといわれています。

DHTの元となる5αリダクターゼには、Ⅰ型とⅡ型が存在します。デュタステリドは双方の5αリダクターゼを阻害しますが、フィナステリドはⅡ型5αリダクターゼのみを阻害するためⅠ型5αリダクターゼには作用しません。デュタステリドはⅡ型5αリダクターゼの抑制効果や発毛効果がフィナステリドに比べ高いとされているため、最近ではフィナステリドではなくデュタステリドを勧めるAGA治療専門クリニックが増えているようです。

発毛剤「ミノキシジル」の効果は3ヶ月後から!

抜け毛を抑制するデュタステリドやフィナステリドの他にも「ミノキシジル」という発毛効果に優れた治療薬があります。ミノキシジルはDHTによって短縮されたヘアサイクルの成長期を延長する作用や、分裂を繰り返し髪の毛に成長していく「毛母細胞」を活性化させる作用を持つため発毛を促す効果があるとされています。

AGA治療に使用されるミノキシジルには外用薬と内服薬があります。外用薬は国内でも認可されており、市販の発毛剤としても用いられているほど安全性の高いAGA治療薬として取り扱われています。ミノキシジル外用薬は直接頭皮に塗布し、有効成分を皮膚の中へ浸透させ毛包まで届かせることで効能を発揮します。

一方でミノキシジル内服薬は、血中より毛球部分に存在する毛乳頭を辿って効能を発揮するため外用薬より高い効果が得られると考えられています。ミノキシジル内服薬は国内で未認可の薬剤ですが、AGA治療の経験や実績が豊富なAGA治療専門のクリニックであれば取り扱っていることもあり、医師の指示のもと安全に処方してもらうことができます。

薬効には個人差がありますが、ミノキシジルは使用してから発毛効果を実感するまでに約3ヶ月、薄毛が改善されたと感じるまでに約6ヶ月、薄毛の改善に満足できるようになるまでにはおよそ1年の月日がかかるといわれています。

子供が小学校に進学する6ヶ月〜1年前には治療を開始!

AGAによる薄毛は、抜け毛を抑制し発毛を促すことで改善を期待することができます。抜け毛を抑制するAGA治療薬デュタステリドと発毛を促すAGA治療薬ミノキシジルは併用が可能なため、双方を使用しながら効率よく薄毛を改善していくスタイルが現在の標準的治療とされています。

AGA治療薬を使用しはじめてから薄毛の改善を実感するまでには、少なくとも約6ヶ月かかることが予想されます。そのため小学校に進学予定のお子さんがいて「初めての授業参観日までに薄毛を改善したい」という方は、“小学校へ入学する6ヶ月以上前から”薄毛治療をはじめておくことをお勧めします。また「十分満足のいく程度に髪の毛を回復させたい」と考えている方は、“小学校へ入学する1年前から”薄毛治療を開始した方が良いでしょう。

薄毛が気になってきたらまずは相談を!

成人男性の場合、気になる薄毛はAGAの可能性が高く、早期治療が薄毛改善のポイントとなります。薄毛や抜け毛が気になってきたら、まずはAGA治療専門のクリニックで医師の診察を受けてみることをお勧めします。当院は医師による相談や診察が何度でも無料です。お子さんの入学時期など様々な薄毛の悩みに応じて、お一人おひとりに適した治療内容をご提案させていただきますので、ぜひ一度当院へお越しください。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療薬について

髪の毛でお悩みの方

AGAヘアクリニックTOPへ
女性専用の薄毛治療薬について