このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【始めるなら半年前から】娘の入学式で輝くためのAGA治療

薄毛治療

いきなりですが「ハロー効果」という言葉をご存知でしょうか? 日本語では「後光効果」と紹介されることもありますが、ある特定の対象者への良い印象によって、その周囲の人物までもが良く見える現象です。アメリカ大統領選では魅力的なパートナーを持つ候補者の方がハロー効果によって当選する傾向があるそうです。これは年頃の娘さんを持つお父さんも同じ。薄毛を気にせず、入学式で生き生きとかっこよく振る舞えるお父さんは、娘の学校生活を充実させる力を持っているかもしれません。

そこで今回のAGAタイムスでは、娘さんの入学式に間に合わせるための、AGA治療スタートに適した時期をご紹介します。

初めてお父さんになる年齢はどんどん上昇

いつまでも若々しくかっこいいお父さんでありたい——。とりわけ娘を持つお父さんの多くは、そう考えたことがあるでしょう。

しかし国内では年々、晩婚化と晩産化が進んでいるという調査報告があります。厚生労働省の調査によると1975年には女性の平均初婚年齢は24.7歳、男性は27歳でした。しかし2005年には女性の平均初婚年齢は28歳、男性は29.8歳。さらに2015年には女性の平均初婚年齢は29.4歳、男性は31.1歳となっています。

晩婚化に伴い初めて母あるいは父になる年齢もどんどん遅くなる傾向にあるようです。全国平均で見た場合、1975年は母親の第一子出生児の平均年齢は25.7歳。その後徐々に晩産化は進み2015年には30.7歳に。男性が初めて父親になる年齢は、1975年には平均28.3歳でしたが、2015年には32.8歳へと上昇しています。

東京都のみで見た場合はさらに晩産化の傾向が顕著に現れています。2016年のデータによると、東京都に住む男性が初めて父親になる平均年齢は34.5歳です。この年齢を軸に考えると、子供が小学校に入学するときにはお父さんは40.5〜41.5歳です。薄毛を気にしだす年齢は人によって様々ですが、ホットペッパービューティーアカデミーが実施した『薄毛に関する意識調査2018』によると男性の場合は平均36.3歳から薄毛を気にしだすようです。その調査結果から考えると40.5〜41.5歳ではすでに多くの人がご自身の薄毛を気にしている可能性が高いと予想できるでしょう。

さらに子供が中学校入学となるとお父さんの平均年齢はおよそ46.5〜47.5歳。高校入学時ともなると49.5〜50.5歳です。もしこの時点で「娘ももう高校生だから、自分も年をとるのは当たり前」と考えているのなら、傷つくのは本人ではなく娘さんかもしれません。お父さんにはいつだって一番かっこよくいてほしいのが年頃の娘の本音です。

お父さんが学校行事に積極的に参加する時代

かつて授業参観や入学式・卒業式に出席するのはお母さんたちがほとんどでした。しかし最近はお父さんたちも積極的に学校行事へ参加しており、父の日のイベントとして参観日を開催する学校もあります。男性向けのファッション雑誌では「参観日のコーディネイト特集」も組まれているほどです。参観日については細かなファッションのルールがないことが多いため、おしゃれ上手なお父さんならカジュアルな服装でかっこよく決めることで薄毛をごまかすことができるかもしれません。

一方で常識的に守るべき暗黙のルールがあるのが入学式・卒業式です。入学式・卒業式のお父さんのファッションは国公私立を問わずスーツが基本。そのスーツにもかなり細かなマナーがあり、生地の色は濃紺やダークグレー。無地あるいは目立たないストライプ柄を選び、ネクタイは白色系を避けるのが一般的です。白色系のネクタイは学校側の教職員や来賓がつけるネクタイの色とされていることが多いため、お父さんたちは白色系以外の明るい色を選ぶようにするという暗黙のルールがあるのです。

シャツの色は学校の校風によって違いはあるものの、淡いブルーやピンクなどがよく選ばれます。鉄のルールがある入学式・卒業式のファッションですが、その中でもしっかりとどこかでオシャレ感をアピールすることが、今時のお父さんたちには求められているようです。

このような決められたルールの中で似たようなスーツを着るとどうしても人の目は顔や頭部に向かいます。その人の表情や状態がはっきりと現れてしまうのがスーツの怖いところ。若年層の場合は愛嬌や若さでごまかすことができるかもしれません。しかしある程度年齢を重ねた人の場合それだけでは収まらず、それまでの人生の歩みや教養、センス、生活レベルまでもが表に出てきてしまうこともあります。「40歳を過ぎたら自分の顔に責任を持て」というエイブラハム・リンカーンの名言が有名ですが、これは言うまでもなく、顔の造作云々ではなく、顔に表れる表情や雰囲気を指しています。

入学式に参列しているお父さんの中でもオシャレで爽やかで、堂々と自信を持って振る舞っているお父さんは、やはりかっこいいものです。しかしもしもお父さんが薄毛を気にしておどおどしていたら……。薄毛の悩みが表情を曇らせ、外見的魅力を高める努力すら怠ってしまうかもしれません。

カナダのトロント大学の心理学者であるカレン・ディオン氏は、外見的魅力が高いと次のような印象を他人に与えるという研究結果を発表しています。

外見的魅力が高いと・・・
(1)性格がよく見える。
(2)社会的に成功しやすい人物に見える。
(3)幸福そうに見える。

この印象もまさに“ハロー効果”で、かっこいいお父さんがいる娘は、それだけでどこか特別感があるように見えるかもしれません。

女性専用の薄毛治療について

娘の入学式で輝くためには6カ月前からの治療開始がおすすめ

娘にハロー効果を与えられるよう、入学式・卒業式でかっこよく振る舞えるお父さんになりましょう! もしそう望みながらも薄毛を気にしている方がおられるのなら、薄毛の原因と状態によっては改善することが可能です。

成人男性の薄毛の場合、その多くはAGA(男性型脱毛症)が原因といわれています。AGAは治療によって改善できる可能性があり、治療開始から発毛を実感できるまでの期間については個人差があるものの、ある程度の目安期間は想定できます。

実際にAGA治療を行なっている人の多くは、AGA治療薬を飲み始めてからおよそ3カ月で効果をやや実感し、およそ6カ月で効果を実感できる場合が多いとされています。一例として次のようなAGA治療計画を立てることができます。

・娘の入学式までにある程度の発毛効果を実感したいのなら
AGA治療開始時期…入学式前年の6カ月前

娘の入学式のためにAGA治療を始めるのなら、半年前を一つのタイミングとして考えてみるのもよいでしょう。

薄毛治療はAGA治療専門クリニックへ

繰り返しになりますが、発毛の実感には個人差があるため「6カ月で効果を実感できる」とは一概にいえません。また薄毛の原因は人それぞれ異なるため、薄毛治療・AGA治療を希望する場合は実績が豊富なクリニックへ相談すると安心です。

東京・秋葉原にあるAGAヘアクリニックではカウンセリングは無料で提供しており、カウンセリングのお部屋はプライバシーに配慮した個室です。経験豊富な医師とカウンセラーが待機しておりますので、これまで打ち明けられなかったお悩みもじっくりとお話しください。薄毛の悩みを軽減し、娘さんが友人に自慢したくなるお父さんを目指しましょう。

髪の毛でお悩みの方

記事の詳細を見る
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
AGAの早期治療について