このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

男性の半数近くが“薄毛を自覚”または“気にしている”――「薄毛に関する意識調査2018」結果発表

薄毛治療

「ホットペッパービューティーアカデミー」が、 20~69歳の男女を対象に「薄毛に関する意識調査2018」を実施。2018年10月11日に結果を発表しました。今回のAGAタイムスは、なかなか人には聞きづらい薄毛に対する一般的な意見がわかるこちらのアンケート結果をご紹介します。

将来の薄毛が気になる男女が増加

美容に関するさまざまな調査・分析を行う「ホットペッパービューティーアカデミー」は、その結果から見えた消費者の動向やトレンドの兆しを発信しています。薄毛に関しては、男女ともに美容サロンでの「薄毛対策」への関心が高まっていることから、3年前より定期的に調査しています。

【アンケート概要】
■調査方法:インターネット調査
■対象者条件:現在薄毛である、または薄毛を気にしている全国20〜69歳の男女
<調査対象>
スクリーニング:50,000人 ※人口動態に基づき性年代を割付
本調査:2,063人 ※スクリーニング調査での出現率をもとにウェイトバックを実施
<調査期間>
スクリーニング:2018年7月19日~2018年7月20日
本調査:2018年7月20日~2018年7月21日
<資料提供>
株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健)

今回の調査結果では、「薄毛である」と答えた人のボリュームが男性約27%、女性約9%で、前年比で見ると女性の数字がやや増加しました。

また「薄毛について誰の目が気になりますか?」の回答は、男女ともに「他人の目すべて」が4~5割強という結果でした。

薄毛が気になり出した年齢は男女とも年々早まる傾向に

薄毛について気になり出した年齢を聞いたところ、男女とも年々早まる傾向がみられました。そして薄毛が気になり出したきっかけは、男女ともに自分で鏡を見ていたときという回答がトップでしたが、家族からの指摘という回答が昨年に比べて大きくて増えています。

薄毛対策の情報源は、男女ともに1位は「インターネット検索」、2位は「TV・ラジオ」、女性は理美容師や知人など身近な人から情報を得る傾向があリました。

薄毛について周囲の薄毛の人と話すことがあるという男性は、話したことによって「対策を知ることができた」「口コミが聞けた」など、情報収集ができたことを良かった点として挙げています。一方、女性は「仲間が増えた」など、悩みを共有できる相手ができたことを多く挙げました。

薄毛対策への関心が上昇

薄毛対策に現在かかっている金額と、今後かけてもよい金額の上限を聞いたところ、男女とも薄毛対策にもっとお金をかけてよいと考えていることがわかりました。金額の上限は20代男性が最も高い7,000円で、男性においては若年の方が薄毛への危機感があるようです。

早めに治療を始めれば、治療の効果を実感しやすい!

薄毛で悩む男性のほとんどがAGA(男性型脱毛症)ともいわれ、その10%以上が20代で発症しています。また30代で約20%、40代で30%以上というように、AGAの発症確率が加齢とともに高くなる傾向がみられるのは、AGAが進行性の症状であるためです。したがって、20代や30代ではあまり気にかけていなかった抜け毛がいつの間にか増えていき、気づいたときにはAGAが進行していることがあります。

一方、女性であっても抜け毛や薄毛の症状に悩む方は少なくありません。この女性に発症する薄毛は「FAGA」や「FPHL」と呼ばれ、特に中年期以降の女性に多くみられる傾向にあります。

AGAやFAGAは、早めの段階で治療を始めた方が治療の効果を実感しやすいといわれています。これは、ヘアサイクルが完全に終わっていなければ、髪の毛が太く長く成長するように促すことができるためです。

東京・秋葉原にあるAGAヘアクリニックでは、ご相談・診察を無料で実施しています。AGAや薄毛に対して少しでも気になることがあれば、お気軽にご来院ください。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療薬について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について