このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】これさえ読めばわかる! 若ハゲの原因と対策を解説《セルフチェック付き》

薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

若い人ほど薄毛は人目につきやすいもの。まだ20代なのに髪の毛が薄くなっているような気がするという方は、2〜3年後の自分がどう変わってしまうのか、とても不安なことでしょう。そこで今回のAGAタイムスは、若ハゲのセルフチェック方法と、原因と対策をご紹介します。

自分も若ハゲ? 見た目でセルフチェック!

20代で薄毛が気になり人に相談すると「まだ平気だよ」「気にするほどじゃないよ」といわれるけれど、自分自身では違和感を持っていて不安という方は少なくありません。周囲の方は実際に気づいていても、なかなか面と向かって指摘することは難しいでしょう。

そこでまずは現状をセルフチェックしてみましょう。下記に挙げるのは様々な薄毛の症状です。これらが多く当てはまる人ほど、薄毛が進行している可能性があります。

【若ハゲセルフチェック項目】

  • ●生え際のM字がどんどんはっきりしてきた
  • ●おでこが広くなった
  • ●つむじが広がった
  • ●地肌が見えやすくなった
  • ●局所的に地肌が見えている
  • ●家族に薄毛の人がいる
  • ●頭皮が常に荒れている
  • ●シャンプーやブロー時の抜け毛の量が多くなった

若ハゲの原因は何?

上記に該当するものがあった方すべてが必ず薄毛になるというわけではありません。しかし、若ハゲ予防は早めの対策が良いとされています。対策を行うためには“原因を知る”ことがとても大切です。ここではまず、若ハゲになってしまう原因についてみていきましょう。

【日頃の行いの影響】

毎日どんな食事をして、どの程度睡眠を取っているか、運動はどのくらいするか、飲酒の頻度や量はどうか、喫煙をしているかといった生活習慣による影響は日々蓄積されていき、心身に様々な変化を与えます。

●食生活
偏った食事は、髪の毛の成長に必要な栄養素が不足する恐れがあります。また脂っこいものばかりを食べていると頭皮の皮脂分泌が過剰になり正常な育毛を阻害したり、皮膚炎を起こしたりして抜け毛につながることが考えられます。
●睡眠
若い頃は忙しい時に睡眠を削ってしまいがちですが、睡眠には健康な心身の維持にとって大きな役割があるため、睡眠を削ることで心身の健康を害し、その影響で抜け毛が起こる可能性があります。睡眠中には、1日の成長ホルモン分泌量のおよそ半分が分泌されるといわれていて、成長ホルモンは髪の毛の成長に関係しています。また睡眠自体には、傷ついたDNAや細胞を修復する働きもあるとされています。これらのことから育毛を促すためには、質の良い睡眠が大切だといえるでしょう。
●運動
学生時代からスポーツをしていた人も、就職して仕事が忙しくなると、これまでしてきた運動習慣がなくなってしまうかもしれません。またインドア派の方もいることでしょう。適度な運動は筋力をつけ、血流をアップさせる効果が期待できます。血流が良好になると頭皮の毛細血管も活性化し、健康な髪の毛の維持に必要な酸素と栄養素が毛包まで届きやすくなることが考えられます。しかし運動習慣がなく血流が悪い場合には、育毛に必要な酸素と栄養が頭皮まで十分に届かない可能性があります。
●嗜好品
喫煙や飲酒には、育毛を阻害する可能性が示唆されており、どちらも過剰にならないよう注意する必要があります。特に喫煙は、体にとって有害な物質も含まれているため、注意が必要です。

【男性ホルモンの影響】

男性ホルモンの「テストステロン」は男性を男性らしく成長させ、性欲に関与するホルモンです。このテストステロンが、体内で「5αリダクターゼ」という酵素と結びつくと「ジヒドロテストステロン(DHT)」という悪玉男性ホルモンに変化されます。このDHTが毛乳頭に存在する「アンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容体)」とくっつくことで抜け毛を引き起こします。この抜け毛は前頭部および頭頂部に症状が現れます。前頭部や頭頂部の薄毛が進行する脱毛症を「AGA(男性型脱毛症)」といいます。

テストステロンは思春期頃から分泌量が増えていくとされているため、若いうちでもAGAを発症する可能性が十分にあるのです。

【遺伝の影響】

前述の通りアンドロゲンレセプターにDHTがくっつくことで抜け毛を引き起こしますが、このアンドロゲンレセプターの「くっつきやすさ」と「5αリダクターゼの量」には、遺伝が関係しているといわれています。この他にもAGAに関係している遺伝子はいくつかあるとされていますが、その遺伝子を持っているからといって、「必ずAGAになる」というわけではありません。

【髪型の影響】

特に若い頃は、様々なヘアスタイルに挑戦される方が多くいらっしゃいます。ブリーチやヘアカラーをしてみたり、パーマをかけてみたり、髪の毛を伸ばして結んでみたり、ドレッドヘアを楽しまれる方もいます。

これらのヘアスタイルのすべてが薄毛につながるというわけではありませんが、ブリーチやヘアカラー、パーマなどは、頭皮と髪の毛にダメージを与えます。また髪を強く結わいたり、毎日同じ分け目にすることでも、その部分に集中して負荷がかかり、牽引性脱毛症という脱毛症になることもあります。

【頭皮環境の影響】

若い人は脂線の活動が活発であり、常在菌が異常繁殖するリスクも高いといえます。常在菌のバランスが乱れると頭皮が炎症を起こし、脱毛を引き起こすことがあります。またアトピー性皮膚炎やアレルギーなどでも頭皮が荒れてしまい、抜け毛につながる可能性があります。

他にも薄毛には、実に様々な要素が影響しており、同じ条件であっても薄毛発症の有無には個人差があります。このように若ハゲの要因は様々であり、誰にでも起こり得ることなのです。

AGAの早期治療について

若ハゲだったらどうすればいい? 予防と対策

20代で薄毛になった人は、周囲の目を気にしてコミュニケーションを避けたり、自分に自信が持てず様々なことにチャレンジする気持ちを持てなくなるなど、ネガティブになってしまうことも少なくありません。本来であれば様々な人と出会い、チャレンジして、自信を積んでいく時期に、引っ込み思案になってしまってはよくありません。

薄毛は原因がわかれば対策を取ることができます。まずは自分は薄毛なのか、もしそうであれば原因は何なのかを知ることが大切です。その上で、自分に合った薄毛対策を行いましょう。

生活習慣が乱れている方は、バランスの良い食生活や簡単な運動の導入など、できる範囲から意識して実行してみましょう。頭皮環境が悪化している場合はシャンプーを変えてみたり、炎症を抑えるために皮膚科に相談するなど頭皮環境を整えるための対策をするとよいでしょう。またヘアスタイルが原因で抜け毛や頭皮ダメージがある場合は、分け目や髪型を変えてダメージの蓄積を防ぐなどケアが大切です。

薄毛の原因がAGAの場合、若年で発症した人ほど薄毛は進行してしまうといわれています。しかし、早めに“治療”をすることで薄毛の進行を初期の段階で抑えることができます。AGAは進行性の脱毛症であり、生涯で限られた髪の毛の生え変わりの周期(ヘアサイクル)の回数を早めてしまう疾患です。正しい対策をすれば、残されたヘアサイクルを守ることができます。薄毛が気になる場合は薄毛治療の専門クリニックへ相談したほうが良いでしょう。

若ハゲ対策もAGAヘアクリニック

東京・秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)は、20代の方も多く通院されている薄毛治療専門クリニックです。カウンセリングと医師による診察は無料で、検査費用とお薬代以外かかりません。そのため「まだ毛量はあるけれど早めに対策をしたい」「まだ治療を行うかは決めていないけれど相談したい」という方でも安心してご相談いただけます。詳しい料金や治療の流れは、当院のホームページに詳しく記載しておりますので、参考にしてください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

記事の詳細を見る
AGAの早期治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
AGAの早期治療について