このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】世界で初めて女性の薄毛に効果が実証された「パントガール®(Pantogar)」とは

薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

昨今、男性向けの薄毛ケア商品や男性向けに治療を勧める薄毛治療クリニックの宣伝広告などが多く見られるため「薄毛は男性の悩み」という印象を持たれる方もいるでしょう。しかし男性ばかりでなく、薄毛や抜け毛に悩む女性も少なくありません。

男性と女性では薄毛のメカニズムが違うことがわかっており、女性に対し使用が推奨されていない薄毛治療薬もあります。そんな女性の薄毛に対して、世界で初めて効果が認められた治療薬がパントガールです。今回のAGAタイムスは、女性用薄毛治療薬パントガールを特集します。

パントガールってどんな薬?

ドイツの製薬会社によって開発されたパントガールは、女性向けの薄毛治療薬として世界で初めて効果が認められました。頭皮に栄養を行き渡らせて頭皮環境を整え、薄毛を改善していく効果が証明されたのです。

【臨床実験】

パントガールの有効性は臨床実験によって証明されています。

「The efficacy of drug therapy in structural lesions of the hair and in diffuse effluvium–comparative double blind study」という有名な論文では、以下のような検証がされています。

びまん性脱毛症と毛髪構造損傷のある60例の患者を対象として、パントガール・その他の治療薬・プラセボ(有効成分を含まない偽薬)を比較使用し効果を検証しました。

その結果、毛髪の細さや成長期毛率(トリコグラム)に基づく髪の成長評価などにおいて、パントガールはその他に比べ優位性を示しました。

【市販後調査】

パナマとグアテマラでは、パントガールの有効性を確認するために市販後調査が行われました。

調査は、パントガール使用前・6週間後・3ヶ月後にあたるタイミングでそれぞれ3日間の脱毛数を計数し、その結果を患者と皮膚科医が主観的に判断するという内容で、被験者数はびまん性脱毛症を有する被験者29例、毛髪構造損傷を有する被験者19例でした。

その結果、パントガールの投与前には脱毛が多かった、および中程度であった患者の86.7%にかなりの変化が認められました。3ヵ月後には患者の70%において脱毛症状が少なくなり、20%において脱毛症状は認められなくなりました。

【パントガールに含まれる成分】

臨床実験や販売後の調査でも薄毛改善効果が見られたパントガールですが、どのような成分が含まれているのでしょうか?

・ビタミンB1
ビタミンB1には主に糖質の代謝を促し、エネルギーを作り出す働きがあります。
・パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)
パントテン酸カルシウムは副腎皮質ホルモンの合成に関与し、ストレスに対し防御機能を高める作用があります。また、体内の糖質や脂質などのエネルギー代謝にも関わっています。
・ケラチン
ケラチンはタンパク質の一種で18種類のアミノ酸が結合して生成されており、髪や爪・皮膚などを構成している主成分です。
・L-シスチン
L-シスチンはケラチンを作るアミノ酸の一つで、肌の新陳代謝を助け、シミを予防する効果が期待できます。

この他にもパントガールには、「薬用酵母」や「パラアミノ安息香酸」など、髪を育て健康維持に役立つ成分が配合されています。

【パントガールは薬なの?】

パントガールはビタミンやアミノ酸、タンパク質など、主に栄養素で構成されていますが、医学的に育毛効果が実証されているため治療薬として扱われています。

女性型脱毛の種類や症状および原因は?

パントガールは女性の薄毛・抜け毛に対する効果が実証されていますが、女性の脱毛症には具体的にどのような種類や症状があるのでしょうか?

【女性の薄毛の傾向と種類】

女性の薄毛は頭部全体が徐々に薄くなっていく「びまん性脱毛症」が多い傾向にあります。男性のAGAのように明確な脱毛パターンがある訳ではないため診断は難しいとされており、原因も様々であることから「FPHL(Female Pattern Hair Loss)」とも呼ばれています。

【びまん性脱毛症とは?】

びまん性脱毛症のびまんとは「広範囲に広がっている」という意味で、文字通り頭髪のボリュームが全体的に低下し、分け目が広がることで地肌が透けて見え始め、徐々に頭髪が薄くなっていきます。また、びまん性脱毛症は症状によっていくつかに分類することができ、原因もそれぞれ異なっています。

・FAGA(女性男性型脱毛症)
びまん性脱毛症の一つで、医学会ではFPHLと呼ばれています。40〜50歳頃の女性に発症することが多いといわれており、加齢による女性ホルモンの減少や、生活習慣に起因するホルモンバランスの乱れなどが考えられます。
・産後脱毛
出産後のホルモンバランスの乱れによって通常のヘアサイクルが崩れて起こる脱毛症です。妊娠中には女性ホルモン「エストロゲン」が増加します。エストロゲンはヘアサイクルの「成長期」を延長する働きがあるため、出産と同時に急激にエストロゲンが減少すると成長期にあった髪が一斉に「休止期」に移行してしまい産後脱毛を引き起こすと考えられています。産後脱毛は、ホルモンバランスが安定して正常なヘアサイクルに戻ることで自然回復するといわれていますが個人差があり、産後脱毛からFAGAに移行してしまう可能性もあるので注意が必要です。

【その他の脱毛の種類】

女性の脱毛には、びまん性以外にも様々な症状が存在します。女性に多く見られる脱毛症で代表的なものをいくつかご紹介します。

・円形脱毛症
10円玉ほどの円形の脱毛症状が特徴ですが、頭皮全体に広がるケースもあります。円形脱毛症は、自己免疫疾患による免疫機能の異常が主な原因とされています。また、過去にはストレスが主な要因との見方もありましたが、最近ではストレスを起因とする可能性は低いと考えられています。
・牽引性(けんいんせい)脱毛
髪や頭皮に継続的な力が加わることによって血行不良を招き、引き起こされる脱毛症です。毎日きつく髪を結んだり、強く引っ張りすぎるなどの負荷が原因と考えられています。
・脂漏性皮膚炎に伴う脱毛
頭皮の常在菌である「マラセチア菌」が異常繁殖すると脂漏性皮膚炎になることがあります。この皮膚炎による頭皮環境の悪化によって起こる脱毛症状です。マラセチア菌が異常繁殖する原因は、頭皮の蒸れや皮脂の過剰分泌といわれています。

なぜパントガールが薄毛に効くの?

前述の通り、女性の脱毛は様々な要因によって起こります。女性の薄毛に効果があるとされるパントガールは、その要因に対してどのように作用するのでしょうか?

【パントガールの効果】

女性の薄毛を改善し健康な髪を育てるためには、タンパク質やアミノ酸、ビタミンなどの栄養素をバランスよく摂取することが有用です。髪の毛の主な成分はタンパク質の一つ「ケラチン」であり、ケラチンを構成する18種類のアミノ酸はいずれも体内で生成することができない「必須アミノ酸」です。また育毛に大切な頭皮環境を整えるためにもビタミンのサポートが必要ですが、ビタミンも体内で生成することができません。

このため、これらの栄養素を効率よく摂取することは育毛や発毛、良好な頭皮環境の維持に必須といえるでしょう。パントガールにはこれらの有効成分がバランスよく配合されているため、薄毛の改善が見込めるのです。

【薄毛改善以外にも良い効果がある!?】

パントガールに含まれる成分には、薄毛改善以外にも女性にとって良い効果が期待できます。例えば、パントテン酸などは肌荒れの改善・美容効果を期待できるでしょう。また薬用酵母、L-シスチンなどは、栄養不足によって生じる肌や爪の質の低下を改善できるでしょう。パントガールはあくまでも女性の薄毛治療薬であり、健康な体に対してさらなる質向上を約束するものではありませんが、その成分には様々な良い効果が期待できるのです。

AGAの早期治療について

パントガールはどこで手に入る?

パントガールは薄毛治療専門クリニックや皮膚科などで、医師に処方してもらい購入することができます。この他にパントガールは個人輸入で購入することも可能です。しかし個人輸入の場合、中には偽薬であったり含有成分が不明であったりするリスクがあります。また悪質な個人輸入代行サイトも存在するため十分な注意が必要です。パントガールは副作用がほぼないとされていますが、体内に入れる治療薬のため出来るだけ医師と相談しながら服用することをおすすめします。

パントガールの副作用や注意点

パントガールを服用するにあたって副作用や注意点はあるのでしょうか?

【服用時の注意点】

パントガールには髪や爪に対して有効な成分が多く含まれていますが、治療薬ですので誰でも気軽に服用できるわけではありません。パントガールに含まれている成分にアレルギー反応(湿疹・発汗・かゆみなど)がある方は、服用をおすすめできません。妊娠中の女性も念の為服用は控えることをおすすめします。12歳未満の子供に対する臨床実験は行われていないため、服用は避けましょう。さらに他の薬と併用する場合は医師にご相談を。特にスルホンアミド系の薬を服用されている方は、医師にそのことを伝えてから処方してもらいましょう。

【副作用】

パントガール使用中や使用後に重篤な副作用が起きたという事例の報告はありませんが、軽度のものでは腹痛、下痢、めまい、頭痛、動悸、胸やけなどが起こる場合があるとされています。またビタミンは必要以上に摂りすぎると「過剰症」になるリスクがありますが、パントガールに含まれるビタミンはすベて水溶性ビタミンです。このため仮に過剰摂取しても尿として排出されるため、人体に対する悪影響はあまりないと考えられています。

髪のお悩みは薄毛治療専門のクリニックへ

薄毛や抜け毛でお悩みの方の中には、ご自身で解決しようとされる方もいるでしょう。しかし、女性の薄毛や抜け毛はその原因や治療方法がわかりづらく、自分自身で対処していくことはなかなか難しいといえます。本気で薄毛・抜け毛改善に取り組むのであれば、薄毛治療専門クリニックの受診をおすすめします。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)は、女性向けの薄毛治療にも対応しております。当院ではパントガールと同様の成分に加え、育毛に不可欠なビタミンやミネラルを独自に配合した女性専用の薄毛治療薬「PANTO」を処方しております。その他、女性にも発毛効果が期待できる薬の取り扱いもしており、医師の診察の下、ご使用いただくことが可能です。カウンセリング・診察は何度でも無料で、プライバシーに配慮した個室でお会計まで行うため、女性でも安心してご利用いただけます。薄毛でお悩みの方はぜひ一度ご来院ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

記事の詳細を見る
女性専用の薄毛治療について