このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】もしかして若ハゲ? 20代こそAGA治療専門クリニックへ行くべき4つの理由

薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

20代で薄毛や抜け毛が発症・進行する「若ハゲ」に悩んでいる若者の中には、羞恥心や不安感から薄毛治療をすること自体に抵抗を持つ方もいるかもしれません。しかし、薄毛や抜け毛は早い段階から治療する方が、より改善を期待できるといわれています。今回のAGAタイムスは「なぜ若ハゲになるのか」「なぜ若ハゲは早めに治療するべきなのか」をご紹介します。

薄毛の原因「AGA(男性型脱毛症)」とは?

薄毛や抜け毛の原因は様々ですが、薄毛で悩む成人男性のほとんどは「AGA」が原因となって薄毛や抜け毛を引き起こしているといわれています。では、AGAとはどのような疾患なのでしょうか?

AGAのメカニズム

体内に存在する男性ホルモンの一種である「テストステロン」が毛根に存在する毛乳頭細胞に取り込まれると、「5αリダクターゼ」という還元酵素の影響を受け「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変換されることがあります。このDHTは、同じく毛乳頭細胞内に存在する男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)と結合すると、髭に対しては成長を促し、毛を太く濃くする作用を持ちます。しかし、前頭部や頭頂部などの頭皮に対しては、髪の毛の成長を阻害してしまうのです。このためDHTは、AGAにとっての「悪玉男性ホルモン」ともいわれています。

健康な髪の毛の場合、「ヘアサイクル」と呼ばれる髪の毛が成長して抜け生え変わるまでの周期を、通常2〜6年かけて行います。しかしDHTの影響を受けた場合、ヘアサイクルにおける髪の毛の成長期が約100日程度にまで大幅に短縮されてしまうのです。その結果、十分に成長できない髪が増加し、頭皮には細く短い髪の毛ばかりが残ることで髪のボリュームが失われ薄毛となります。これがAGAを発症し薄毛に至るまでの典型的なメカニズムです。

AGAは進行性

AGAは進行性の疾患です。そのため自覚症状の有無に関わらず、日々病状は進んでいきます。AGAの進行スピードは緩やかであり、発症後にその進行ペースが極端に速まることはありませんが、対策や治療を施さない限り進行を止めることはできません。

若ハゲは珍しくない

薄毛や抜け毛の原因は、加齢に伴う老化現象だけではありません。AGA発症の要因の一つであるテストステロンの分泌量は、思春期頃から増加していきます。つまり、早ければ10代後半から20代前半にAGAを発症しても不思議ではないのです。またAGAは症状の進行が緩やかという特徴があるため、若いうちに発症していたとしても、本人が自覚していない場合も考えられます。

若ハゲは早期治療がおすすめな4つの理由

一般的に「薄毛治療は早いに越したことはない」といわれていますが、特に若い方は早期に治療を行うことで薄毛の改善が期待できます。その理由を見ていきましょう。

《理由1》限りあるヘアサイクルを守ることができる

上述したようにAGAの症状はヘアサイクルと密接に関係しています。健康な髪の毛のヘアサイクルは、一般的に生涯で約15回程度繰り返すといわれています。しかし、AGAによって極端に短縮されたヘアサイクルは、生涯で消費するはずの回数を短い期間に消費してしまい、ヘアサイクルの寿命を早めてしまうのです。寿命を迎えた「毛包(髪の毛を生み出す組織)」は消失し、そこからは二度と髪の毛は生えてきません。つまり“より早期に”治療を行えば、残りのヘアサイクルを正常な状態に回復させ、毛包の消失を遅らせることができるのです。

《理由2》症状が見た目に現れる前に予防できる

AGA発症早期であれば、健康な毛の髪と比べてその変化は微々たるものです。症状が進み、誰の目にも明らかなほどに薄毛が進行してしまった場合、治療前後で毛量の差が大きく出るため、人の目が気になる羞恥心から薄毛治療に踏み出しづらくなってしまう場合もあるでしょう。症状が軽いうちに対策を講じることで、そういったリスクを軽減できる可能性があります。

《理由3》費用負担が抑えられる

AGAに代表される薄毛治療の多くは保険適応外の自由診療となるため、かかる費用は決して安いとはいえません。「治療に興味があるけれど費用面での負担が大きいのでは……」とお悩みの方もいるでしょう。薄毛治療はその進行度合いによって、治療法やかかる費用が違ってきます。症状が進めば進むほど改善までの治療期間が長くなったり、使う薬の種類が変わるなどして費用が膨らみやすくなります。症状が穏やかな早期のうちに治療を開始することができれば、治療に使用する薬の種類や量も抑えることができ、経済的な負担を緩和しやすくなることが考えられます。

《理由4》ストレスを緩和できる

薄毛の症状が進行していった場合、視認性が極めて高くなります。10代後半〜20代前半の若い時期に薄毛が進行した場合、周囲に薄毛だと認識されることに対し、壮年期の人より強いストレスがかかる傾向があります。若ハゲで悩む方の中には、薄毛のストレスで日常生活に支障をきたしたり性格に影響したりすることもあるかもしれません。薄毛治療は生活の質(QOL)を向上させることが実証されており、早期に治療をはじめることができれば、そのようなストレスや悩みを減らす可能性が高まります。

「若ハゲかな?」と思ったらAGA治療専門クリニックへ

一度AGAを発症したら、何も対策を講じない限り病状は進行していきます。薄毛や抜け毛に悩んでいて治療を検討している方や自身がAGAを発症しているかもしれないと不安な方は、現在も症状が進行している可能性があります。20代でも早期に治療を行えば、薄毛の進行を抑制し、髪のボリュームを取り戻すことが期待できます。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)は、AGA治療専門のクリニックです。薄毛の専門知識を持つ医師が診察し、患者様の状態にあった治療をご提案します。生活環境や費用面などでお悩みがあれば、お気軽にご相談ください。診察とカウンセリングは何度でも無料で受けられますので、ぜひ当院へお越しください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
AGAの早期治療について

髪の毛でお悩みの方

記事の詳細を見る
女性専用の薄毛治療について