このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

【医師が教える】営業職だからこそ若ハゲが心配…。そんなあなたがAGA治療をスグ始めた方がいい理由

薄毛治療

最近は若いうちから薄毛の心配をする方が少なくありません。中には初対面の人に会う機会の多い営業職の方もいらっしゃることでしょう。髪の毛は目につきやすいため第一印象に影響する可能性があり、見た目の不安から自信を持てずにいると、仕事の成果に響いてしまう可能性も……。

営業職なのに若ハゲで悩んでいるなら、早めに対策をとることで改善を目指してみませんか? 今回のAGAタイムスでは、若ハゲの原因と早めに対策をした方がいい理由、さらにその方法をお伝えします。

薄毛は若手営業職にどのような影響を与えるのか?

髪の毛は目立ちやすい頭部にあるため、「薄毛が第一印象に悪影響を与えるのではないか?」と不安を覚える方は少なくありません。個人差はあるものの、一般的に「薄毛は実年齢よりも老けを感じさせる」といわれています。営業職の人にとって実年齢より年上に見えること自体は、良い影響も考えられます。例えば「社会人としての経験が豊富そうで信頼できる」と取られることもあるかもしれません。薄毛から得る印象は人によって違うため、一概に「薄毛だから第一印象が悪い」とは言い切れないでしょう。

しかし若手営業職の心理面では、自尊心や自信における良くない影響が考えられます。自分の容姿に自信が持てなかったり、薄毛をコンプレックスだと思って卑下していたりすると、ネガティブな雰囲気や言動となって現れてしまう恐れがあります。京都大学の戸梶民生博士の論文でも「『薄毛に悩んでいること自体を隠したい』という心理が働く」と報告しており、こうした事象は「自己否定の心理」に繋がりがちであり、自信を持って営業活動を行う妨げになる可能性があることを示しているのです。

もちろん、薄毛でも印象の良い営業職はたくさんいらっしゃいます。おそらくその方々は薄毛であることにクヨクヨしていないか、あるいはクヨクヨしていることを第三者に微塵も感じさせない人格の持ち主なのでしょう。しかし、もしあなたが薄毛を思い悩んでいるなら、そのネガティブさが営業活動に悪影響を与える可能性が高くなります。だからこそ、薄毛を改善して自信をつければ、営業活動において本来の能力を発揮することができるようになる、という期待が持てるのです。

20代でも薄毛になる!? 若ハゲの原因

薄毛は中年以降の悩みだと思われる方も少なくありませんが、実際に20代から若ハゲに悩む方は多く存在します。一体なぜ若くして薄毛になるのでしょうか?

薄毛の原因には様々なものがありますが、成人男性の場合で最も多い理由は「AGA(男性型脱毛症)」だといわれており、これは20代でも発症することがあります。AGAは、血中を流れる男性ホルモンが毛乳頭細胞で酵素と結びついて「ジヒドロテストステロン(DHT)」という別の男性ホルモンに変換され、それが男性ホルモン受容体にくっついて毛根を攻撃する物質を生み出してしまうことが原因の一つといわれています。これによってヘアサイクルの成長期が短縮され、早く髪の毛が抜け落ちて薄毛が進行します。その際、額の生え際や頭頂部から薄毛が進行するのが特徴であるため、俗にいう「M字ハゲ」や「つむじハゲ」などもAGAの可能性があります。

男性ホルモンは思春期から分泌が活発になるため、AGAになる可能性は若いうちから潜在しています。しかし実際にAGAになるかどうかは遺伝や体質など様々な要素が絡み合って決定されるため、薄毛の遺伝子を持っているからといって必ず薄毛になるというわけではありません。

AGAの治療費用・料金を見る

若ハゲ対策は早い方がいい理由

AGAは進行性の疾患であり、若年層で発症するほど脱毛症状が進行しやすいともいわれています。AGAの発症率は20代が全体の約10%、30代が約20%、40代が約30%と年齢に比例して高くなる傾向がありますが、これは若いうちは気にかけていなかった抜け毛がいつの間にか増えていき、気づいたときにはAGAが進行していたことを表しているものと類推することができます。

また通常、髪の毛はランダムに2〜6年かけて生え替わることで、髪の毛の健康と頭髪全体のボリュームを維持しています。この「ヘアサイクル」には「成長期」「後退期」「休止期」の3段階がありますが、AGAを発症すると「成長期」をおよそ100日程度にまで極端に短縮させてしまいます。ヘアサイクルの回数は上限が決まっているため、ヘアサイクルが通常より早まってしまうと、残りのヘアサイクルの回数を早く消化してしまう、という事態につながりかねません。ヘアサイクルの終わった毛根からは新しい髪の毛が生えてこなくなるため、ヘアサイクルが短縮することに対して早めの対処をすることが今後の毛量の維持にとって大変重要といえるのです。

他にも、AGAを発症するとヘアサイクルを繰り返す毎に髪の毛が生える元となる「毛包」が少しずつ縮小していくことがわかっています。縮小した毛包からは細く短い毛しか生えてこなくなるため、よりいっそう髪が薄く感じるようになることも早期治療をおすすめする理由の一つです。

AGAは早めの段階で治療を始めた方が、治療の効果を実感しやすいといわれています。ヘアサイクルが残っているほど、髪の毛が太く長く成長するように促すことができるためです。ちょっとでも抜け毛が気になりだして「AGAかもしれない」と思うようになったら、早めにAGA診断を受けてみることをおすすめします。

薄毛が心配な方はAGAヘアクリニックにご相談ください

薄毛が心配だけれど今すぐ治療を始めるかどうか迷っているという方は、ぜひAGAヘアクリニック(以下、当院)へお越しください。まずは不安に思われることをお気軽にご相談いただければ、現在の状態を確認させていただき、今後の予測やどんな治療の選択肢があるのかなどをお伝えいたします。説明を受けていただいたあと、すぐに治療を開始しても良いですし、しばらく様子を見てから再度ご相談いただくということでも問題ありません。

当院ではカウンセリングと診察は何度でも無料で受けることができ、実際にかかる治療費以外は頂戴していません。料金は当院のホームページに明示しておりますのでご参照ください。治療中も経過を観察しながら不安なことをお話いただき、その都度、治療方法を変更していくことも可能です。

営業職の方は日々新たに多くの方と出会い、関係を構築していく機会が多いでしょう。どうしても薄毛が気になってしまう方は早めに改善を目指し自信をつけることで、本来の能力を発揮することが期待できます。「薄毛が気になる」「薄毛を予防したい」とお考えの方は、ぜひお早めに当院へご相談ください。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について