このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

【医師が教える】「うなじ」がはげてしまう原因と対策

薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

最近「うなじの部分にはげができている」「気付いたらうなじの髪の毛が薄くなっていた」などと、突然の「うなじはげ」に悩む人が増えてきているようです。うなじは体の背面にあるため、自分ではなかなか変化に気付きにくい場所です。そのため、知らない間にうなじはげが進行してしまうことも少なくないといいます。ではなぜ、知らぬ間にうなじにはげが出来てしまうのでしょうか。今回のAGAタイムスでは、うなじはげの原因と対策について解説します。

うなじがはげてしまうとは?

首の後ろの部分を「うなじ(項)」といいます。首筋(くびすじ)や襟首(えりくび)などとも呼ばれており、首を使う動作の「頷く(うなずく)」や「項(うな)の尻」などが語源とされている説があります。

この首の後ろの生え際がはげることで「うなじがはげた」と悩む方もいるようですが、うなじ自体は髪の毛が生えていない首の後ろの部分を指すため、実際にうなじはげが起きている部分は「襟足(えりあし)」にあたります。一般的に襟足は襟首の“髪の生え際”のことを指すため、うなじはげと表されている部分は、正式にはうなじ周辺の“襟足の抜け毛”であるといえるでしょう。

現在のところ、うなじ周辺がはげる場合の抜け毛の特性はなく、症状の断定も難しいとされています。そのため、うなじの真ん中あたりから抜け毛が起こるケースや左右どちらかのうなじ部分に抜け毛が起こるケース、うなじ周辺に円形の抜け毛が起こるケースなど、状態にも個人差があるようです。

うなじはげはAGAではない?

成人男性に多いとされている薄毛の原因に「AGA(男性型脱毛症)」があります。AGAは主に強力な男性ホルモンの「DHT(ジヒドロテストステロン)」に起因して起こる脱毛症です。このAGAは前頭部(額の生え際)と頭頂部(つむじ周辺)から薄毛や抜け毛が進行するのが特徴で、その進行状態がAGAの症状を診断する目安の一つにもなっています。

DHTは男性ホルモンの一種「テストステロン」と還元酵素の「5αリダクターゼ」によって変換された男性ホルモンです。この5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型がありますが、Ⅰ型が主に皮脂腺に存在しているのに対し、Ⅱ型は毛乳頭と呼ばれる髪の毛の成長に大きく関わる部分に存在しているため、よりAGAへの関与が疑われています。また、5αリダクターゼは前頭部や頭頂部に多く存在することから、AGAは前頭部や頭頂部に症状が出やすいとされ、後頭部や側頭部には症状がほとんど出ないといわれています。

このようにAGAのメカニズムや発症部位から推測すると、うなじのはげがAGAである疑いはほとんどないことが考えられます。

記事の詳細を見る

うなじがはげるのはなぜ? うなじはげが起こり得る8つの原因

AGAではないと考えられるうなじはげですが、うなじがはげてしまう原因として考えられることはいくつかあります。

うなじはげの原因《1》 牽引性(けんいんせい)脱毛症

牽引性脱毛症は髪の毛を結んだりエクステをつけたりなど、髪の毛を長時間同じ方向に引っ張り続けることで毛根や頭皮に負荷がかかり、抜け毛に繋がってしまう脱毛症です。長い時間、負担を受け続けた頭皮は、血行不良を引き起こす可能性があります。頭皮の血行が悪くなると、髪の毛の成長に必要な栄養や酸素が頭皮の毛細血管にまで行き渡らず、育毛が滞ったり抜け毛を助長したりする恐れがあるのです。

牽引性脱毛症を発症しやすい髪型には、ポニーテールのように髪の毛を強く引っ張って留めるような髪型が挙げられます。うなじ(襟足)は後頭部の下部にあるため、髪型によって様々な負荷がかかることが予想されます。そのため、牽引性脱毛症がうなじ周辺に現れてしまった場合には、うなじはげが起こることが考えられます。

うなじはげの原因《2》 頭皮環境の悪化

頭皮環境の悪化は抜け毛に繋がる恐れがあります。例えばシャンプーのすすぎ残しにより化学物質である界面活性剤が頭皮に残ると、頭皮が荒れたり湿疹が出たりする可能性があります。また、刺激の強い界面活性剤が含まれるシャンプーを使用した場合や、1日のうちに行うシャンプーの回数が多い場合は、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまい、頭皮の乾燥を招く恐れがあります。頭皮が乾燥することでフケが大量に発生すると、菌が繁殖して頭皮環境が悪化することが考えられます。

また、頭皮が乾燥していると体が皮脂を補おうと働き、頭皮の皮脂が過剰分泌されることがあるといわれています。その結果、頭皮の皮脂を餌にして繁殖する常在菌の「マラセチア菌」が異常繁殖する恐れがあります。マラセチア菌の異常繁殖は頭皮に炎症を引き起こし、頭皮環境を悪化させ「脂漏性(しろうせい)皮膚炎」に繋がる可能性があるとされています。

このような頭皮環境の悪化は正常な育毛を妨げ、抜け毛に繋がる恐れがあると考えられています。そのため、うなじ周辺の頭皮環境が悪化した場合には、うなじはげが起こる可能性があります。

うなじはげの原因《3》 ヘアカラーやパーマによるダメージ

基本的にヘアカラーやパーマは薬剤で髪の毛の組織を一度壊し再構築させる施術であるため、髪の毛や頭皮に負担がかかりやすいとされています。一般的なパーマは髪の毛の成分の一種である「シスチン」の結合を切り離し、再構築することでカールなどの形状を維持させます。

またヘアカラーは薬剤によってキューティクルを開き、染料を髪の毛の内部にまで浸透させます。元々は髪の毛や頭皮は弱酸性ですが、ヘアカラーやパーマの薬剤の影響でアルカリ性に近付いてしまうと、pH値の違いによって頭皮の湿疹やかぶれなど様々なトラブルを起こす可能性があります。

このようなトラブルによって頭皮環境が悪化すると育毛が妨げられ、抜け毛を助長する可能性も考えられます。そのため、ヘアカラーやパーマによる頭皮のダメージがうなじ周辺に及んでしまった場合は、うなじがはげる恐れもあるのです。

うなじはげの原因《4》 不摂生な生活習慣

【食生活の乱れ】

食生活の乱れによって栄養不足になったり栄養が偏ったりすると、様々な体の不調が起こることが予想されます。慢性的に栄養不足が続くと、髪の毛が成長するために必要な栄養が「毛母細胞*」まで十分に届かず育毛が妨げられる恐れがあります。

また極端に栄養が偏ると、免疫が低下して思わぬ病気にかかりやすくなることなども考えられます。正常で活発な育毛には健康であることが大切なため、食生活の乱れによる健康状態の悪化は育毛を阻害する可能性があるといえるでしょう。

*分裂して髪の毛に成長していく細胞

【睡眠不足】

食生活だけでなく睡眠にも育毛が深く関わっているとされています。それは睡眠中に分泌される成長ホルモンが育毛にも作用する重要なホルモンであるからです。成長ホルモンは人が正常に発育できるよう、代謝や細胞修復、体内機能の活性化などを促しているといわれています。そのため育毛に適した健康な体づくりや髪の毛の成長を促すために必要不可欠なホルモンといえます。

成長ホルモンは思春期前後が分泌のピークといわれており、加齢と共に分泌量が低下してしまうため、成人の場合は質の良い睡眠をとることによって成長ホルモンをできるだけ分泌させることが大切です。日頃から睡眠不足など質の良い睡眠がとれていない場合、成長ホルモンの分泌が低下して正常な育毛が妨げられる可能性があります。

【運動不足】

日頃から運動不足気味だと、体内の血流が滞りやすくなる可能性があります。血行不良になると健康を損なったり、髪の毛の生成に欠かせない栄養や酸素が頭皮の毛細血管にまで十分に行き届かなかったりして、正常な育毛が行われない可能性が考えられます。

また有酸素運動などの軽い運動を日常的に行うと、神経伝達物質である「セロトニン」が活性化するという報告も存在します。セロトニンは精神状態を平常に保つ重要な役割を担う物質の一種であるため、運動を行うことは、健康を害しかねないストレスを緩和する効果も期待できます。

生活習慣の乱れが直接抜け毛を引き起こすことはないとされていますが、様々な不摂生によって育毛が著しく滞ってしまった場合には、抜け毛が助長されて、うなじはげができる可能性も考えられるでしょう。

うなじはげの原因《5》 ストレスの影響

ストレスだけが原因で抜け毛を引き起こすことはないといわれています。しかし極度のストレスを抱えることで、正常な育毛を妨げる可能性があります。また、ストレスが関与して他の脱毛症を発症する恐れもあると考えられています。

ストレスを感じると、副腎皮質から「コルチゾール」と呼ばれるホルモンが分泌され、体内で増えていきます。本来、コルチゾールはタンパク質や脂質の代謝に関わる“生命の維持に欠かせないホルモン”といわれています。しかし、ストレスによってコルチゾールが過剰に分泌されると免疫機能が低下し、心筋梗塞や糖尿病などを発症しやすくなると考えられているのです。免疫機能が低下したり健康を損なったりすると、正常な育毛が阻害される恐れがあります。

また「円形脱毛症」は主に毛包組織に対する自己免疫疾患であるといわれていますが、ストレスが原因で自律神経が乱れることも円形脱毛症の要因の一つではないかと考えられています。円形脱毛症は脱毛パターンが決まっているAGAとは異なり、脱毛箇所や脱毛範囲に決まった特性はなく、脱毛斑が単発のものから複数に及ぶものまで症状も様々であるため、うなじ周辺の襟足部分に発症することもあります。

このように、ストレスが関与してうなじ周辺の育毛が著しく滞って抜け毛を助長したり、うなじ周辺に円形脱毛症が発症してしまった場合には、うなじはげができてしまう可能性があるでしょう。

うなじはげの原因《6》 疾患に付随する脱毛

疾患に付随し、症状の一つとして脱毛が起こることがありますが、「膠原病」を発症した場合は円形脱毛症を併発することがあるといわれています。膠原病とは自己免疫疾患など、全身に炎症を起こす病気の総称で、正式な病名ではありません。比較的若い女性に起こりやすいといわれており、治療方法が確立されていないことから難病指定されています。

前述の通り、円形脱毛症には脱毛箇所や脱毛範囲、脱毛斑の数に特性がないため、病気に付随して起こる場合でも、うなじ周辺に発症することで、うなじがはげてしまう恐れも考えられます。

うなじはげの原因《7》 瘢痕性(はんこんせい)脱毛症

瘢痕性脱毛症は火傷や怪我などの外的要因によって毛包が破壊され、抜け毛が起こる脱毛症の一種です。瘢痕化が起こった箇所は毛包が消失しているため、そこから髪の毛が再生することはないと考えられています。また瘢痕性脱毛症は怪我などの外的要因だけでなく、病気などの内的要因が引き金となって毛包が破壊されて症状が起こることもあります。

火傷や怪我などの外傷はいつ、どこに起こるのか予測ができないため、不意にうなじ周辺に起こることも考えられます。また病気による毛包の消失も起こるタイミングや箇所は予測ができず、突如うなじ周辺に抜け毛が起こる可能性もあります。このように様々な外的要因や内的要因により、うなじ周辺の毛包が消失してしまった場合には、うなじ部分がはげてしまう恐れがあるのです。

うなじはげの原因《8》 紫外線の影響

紫外線にはUV-A、UV-B、UV-Cと3つの光線があります。UV-Cは成層圏でオゾン層と酸素分子によって吸収され、地表には到達しません。一方でUV-Aは大気であまり吸収されずに地表に到達します。UV-Aが生物に与える影響は比較的小さいとされていますが、肌の真皮にまで届いて毛母細胞や「毛包幹細胞*」を損傷させる恐れがあるため、抜け毛や薄毛の原因になる可能性があるといわれています。

また、UV-Bは地表に到達する量こそ日差しの0.1%(紫外線の約5%)程度であるものの、生物に与える影響は大きく、皮膚炎などの原因になったり表皮細胞やDNAを損傷させたりする可能性があるといわれています。

後頭部の地肌が見えるほどの短髪スタイルや、髪の毛を高い位置で結ぶアップスタイルなどは、うなじ部分が日差しに晒されて紫外線の影響を受けやすくなることが考えられます。うなじ周辺が日常的に紫外線に晒されている場合、その影響により毛母細胞や毛包幹細胞が損傷して抜け毛を引き起こす恐れがあるため、うなじはげに繋がる可能性もあるといえるでしょう。

*毛母細胞を生み出す幹細胞

うなじがはげてしまったら! うなじはげを改善する7つの対策

うなじがはげてしまった場合、まずはうなじ周辺に抜け毛が起こっている原因を突き止める必要があります。何らかの脱毛症である場合には病院で医師の診察を受け、適切な治療を受けることが改善への一番の近道といえます。しかし生活習慣や頭皮環境の悪化が原因の場合には、意識して生活を見直すことで抜け毛を改善できることもあります。

うなじはげの対策《1》 シャンプーの見直し

自分に合うシャンプーを選ぶことや正しい方法でシャンプーを行うことは、健康な頭皮環境の維持に有用です。そのため頭皮環境の悪化によってうなじがはげてしまった場合には、シャンプー選びやシャンプー方法を見直すことで改善が期待できるでしょう。

シャンプーは、含まれる界面活性剤によって大きく3つに分類されています。一般的に多く見られるのは洗浄力の高い「高級アルコール系シャンプー」です。その他に、洗浄力と刺激が控えめな「アミノ酸系シャンプー」、自然由来の原料で作られる「石鹸系シャンプー」があります。洗浄力の強い高級アルコール系シャンプーの使用は、頭皮の乾燥に繋がりやすいと考えられています。頭皮の乾燥が気になる場合は、洗浄力が穏やかなアミノ酸系シャンプーに変えてみると良いでしょう。

1日に何度も洗髪している場合も頭皮の乾燥を招く可能性があります。この場合、シャンプーを1日1回に減らすことによって必要な皮脂を残し頭皮の乾燥を防ぐことが期待できます。またシャンプーの「すすぎ」が不十分な場合も、界面活性剤が頭皮に残って頭皮環境の悪化を招く恐れがあります。洗髪の際はシャンプーのすすぎを念入りに行いましょう。

これらの対策をとっても改善されない場合やフケが発生している場合は、脂漏性皮膚炎の可能性があります。脂漏性皮膚炎の治療は医師による診察と「ケトコナゾール(抗真菌薬)」などの治療薬の処方が必要となるため、皮膚科などで医師の診察を受けることをお勧めします。

うなじはげの対策《2》 ヘアカラーやパーマの頻度を減らす

ヘアカラーやパーマの薬剤が間接的に影響を及ぼし、うなじがはげる可能性があるため、日頃からヘアカラーやパーマをする機会が多い場合は頻度を抑えることをお勧めします。

またヘアカラーやパーマの施術を受ける時は、頭皮のバリア機能を担っている皮脂を洗い落としすぎないよう施術直前に洗髪しないことや、頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーを使用するなど、少しでも頭皮環境を良い状態に保つ工夫をすると良いでしょう。

ヘアカラーの場合、市販のカラー剤を使用して自分で行う方も少なくないでしょう。コスト面や手軽さを考慮するとセルフヘアカラーは悪いことではありませんが、自分で行うと手の届きづらい部分や見えづらい部分があるため、うなじや地肌に直接カラー剤を付着させてしまう恐れがあります。うなじはげの予防を第一に考えるのであれば、なるべく美容室などへ行って美容師に施術してもらいましょう。

うなじはげの対策《3》 食生活の改善

日頃からインスタントラーメンやコンビニ弁当などの食事で済ますことが多い場合は、栄養が偏ったり添加物を過剰摂取したりしている可能性があります。栄養の偏りや添加物の過剰摂取は、育毛に適した健康な体に悪影響を及ぼすことも考えられます。健康を損なうことで育毛が妨げられると、うなじはげに繋がる恐れがあるため、週に数回は自炊して栄養バランスの良い食事をするなど食生活の改善を心がけましょう。

また日々の食生活に「育毛に適した食材」を取り入れることもお勧めです。髪の毛は主に18種類のアミノ酸が結合した「ケラチン」と呼ばれるタンパク質の一種から生成されます。そのためタンパク質が豊富な食材やアミノ酸の合成に関わる食材を積極的に食事に取り入れることで、正常な育毛の促進が期待できます。

高タンパクな食材には、肉類や魚類、豆類、卵、乳製品などがあります。また皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあるとされるビタミンCや、髪の毛の成長に関わるビタミンB群なども併せて摂ることによって、健康な頭皮環境や髪の毛の維持が期待できるでしょう。

うなじはげの対策《4》 睡眠の質を上げる

髪の毛の生成に欠かせない成長ホルモンは睡眠中に分泌されますが、浅い眠りや短時間睡眠などでは、成長ホルモンの分泌が鈍くなってしまう可能性があります。睡眠途中で覚醒することがない“質の良い睡眠”をとるには、深部体温が高い状態で就寝すると良いといわれています。そのため睡眠前に入浴して深部体温を高めてから眠りにつくと、質の良い睡眠を取りやすくなるでしょう。

また、睡眠前にスマホなどのブルーライトを浴びたり、アルコールやカフェインを摂取したりすると、脳が覚醒して寝付きにくくなるといわれています。そのため「睡眠前にはスマホを見ない」「睡眠前にはアルコールやカフェインの含まれた飲み物は控える」など、質の良い睡眠に入りやすい生活を心がけましょう。

うなじはげの対策《5》 運動不足の解消

正常な育毛を促し、うなじはげを予防するには運動不足を解消し、血行の促進や健康体の維持をすることが重要です。運動不足の方がいきなり運動を習慣化するのは難しいかもしれません。しかし、軽いウォーキングや家でもできるラジオ体操を行うだけでも、体に良い影響を与える「有酸素運動」になるといわれています。

また「肥満度とAGAの進行には関連性がある」といわれています。AGAは脱毛箇所に特性があるため、AGAでうなじがはげることはないとされていますが、運動不足の解消によって肥満度を減少させることは、AGAによる抜け毛の予防にも繋がると考えられます。

日頃から体を動かす機会の少ない方は、まずはウォーキングを兼ねた近所への散歩やラジオ体操などを習慣にしてみることをお勧めします。

うなじはげの対策《6》 ストレスの緩和

ストレスによって育毛が妨げられたり、円形脱毛症などを発症したりしないようにするには、日常生活の中でストレスを緩和していくことが大切です。ストレスの感じ方やストレスを感じる要因などには個人差があるため、根本的な原因を解消していくことは難しいかもしれません。しかし、自律神経を整えて副交感神経を優位にすることで、リラックス状態を作ることができるといわれています。

自律神経は呼吸と深い関わりがあるとされています。日頃からストレスが溜まりやすいと感じている場合は、呼吸法などで意識的に自律神経を安定させることでリラックス状態を作り、ストレスの緩和に繋げると良いでしょう。

うなじはげの対策《7》 医療機関での診察

うなじがはげる原因が生活習慣に関与するものであれば日常生活の見直しで改善が期待できます。しかし、うなじがはげる原因が病気に付随して起こる抜け毛であることも考えられるため、日常生活の見直しだけで症状の改善が見られない場合には、早めに医師の診察を受けることをお勧めします。

医師の診察を受ければ主な原因が特定されるため、適切な治療を受けることができます。病気による併発症状であった場合には、うなじはげの治療よりも先に病気の治療を行わなくてはならないことも考えられます。うなじがはげる原因は素人目では断定しにくいため「うなじがはげてきた」と少しでも気になる場合は医師へ相談すると良いでしょう。

抜け毛が気になる場合は早めに原因特定を

「うなじがはげてきた」「つむじがはげてきた」「おでこがM字にはげてきた」など抜け毛には様々な症状があり、悩みにも個人差があります。うなじがはげてきた場合は原因の特定が比較的難しいため、生活習慣の改善とともに医師の診察を受けてみると良いでしょう。

一方で、つむじのはげや、おでこのM字はげが気になってきた場合には、AGAである可能性が高いといわれています。AGAの場合はAGA治療専門クリニックなどで早めに診察を受け、適切な治療を始めることで改善が期待できます。

東京の秋葉原にある「AGAヘアクリニック(以下、当院)」はAGA治療専門の病院です。男性特有のAGAから女性の薄毛まで、様々な薄毛治療に取り組んでいます。当院では診察や相談は何度でも無料で受けることができます。「薄毛治療を行うかはまだ決めていないけれど、まずは抜け毛の原因を知りたい」という場合でもお気軽に受診いただけます。

抜け毛はどのような原因であっても、早期治療が重要とされています。少しでも抜け毛が気になった場合は早めに医師の診察を受け、原因を特定することをお勧めします。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
AGAの早期治療について