このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】プロペシアだけじゃない。フィナステリド配合AGA治療薬の種類と違い

薄毛治療

AGA治療に有用とされ、国内でも使用が推奨されている有効成分「フィナステリド」。フィナステリドはAGA改善に効果的な薬効が認められた成分ですが、AGA治療が普及してきた昨今ではフィナステリドが含まれたAGA治療薬には様々な種類が存在します。そこで今回のAGAタイムスではフィナステリド配合AGA治療薬の種類や違いを解説します。

AGA(男性型脱毛症)とは

AGAは成人男性に多いとされる薄毛です。AGAは前頭部や頭頂部から薄毛が進行する傾向にあり、少しずつ時間をかけて症状が進んでいきます。そのため年齢を重ねるごとに有病率が高くなりますが、20代の若年層でも発症する可能性があるといわれています。またAGAは要因の一つに「遺伝」が関係すると考えられています。その中でも母方の祖父から引き継ぐ染色体がAGAに関わっているといわれているのです。

AGAは進行が緩やかなことが多く、20代などの若年層でAGAを発症していても、しばらくの間は薄毛の自覚がないことも多くあります。そのため将来の薄毛が心配な場合や母方の祖父が薄毛である場合などは、薄毛の自覚症状がなくても医師の診察を受け、AGAの疑いがあるかどうかを診察してもらうケースが増えているようです。

現在、AGAによる薄毛の症状はAGA治療薬により改善が可能だとされています。そのため最近では“AGA治療専門”のクリニックが増えてきており、若年層から壮年期、老年期まで幅広い年齢層の方々が利用しています。

AGAは主に男性ホルモンによって引き起こされるといわれています。AGAによる抜け毛のメカニズムは、まず男性ホルモンの一種「テストステロン」が体内の還元酵素「5αリダクターゼ」と結合することで別の男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」へと変異します。

このDHTが「男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)」と結合することで脱毛因子が増え、髪の毛のヘアサイクルの成長期が短縮されてしまい、結果的に抜け毛が発症すると考えられているのです。

還元酵素の5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型の2種類があります。5αリダクターゼⅠ型は主に皮脂腺に存在するのに対し、5αリダクターゼⅡ型は毛乳頭と呼ばれる髪の毛の成長に深く関わっている部分に存在しています。そのため5αリダクターゼⅡ型はAGAとの関与が強く疑われています。

AGAの治療薬「プロペシア」

AGAによる薄毛が改善するとされるAGA治療薬の一種に「プロペシア」があります。プロペシアはアメリカの食品医薬品局(FDA)で認可されている薬剤で、現在では様々な国でAGA治療に用いられています。

プロペシアは国内でも認可されており、主要成分のフィナステリドはAGA治療の際に使用が推奨されているため、最近では多くのAGA治療専門クリニックや皮膚科などで取り扱われています。フィナステリドには5αリダクターゼⅡ型を抑制する作用があり、DHTの生成を抑えることで抜け毛を防ぐ働きがあります。

一方でフィナステリドは継続的に服用すると、性欲減退や男性機能低下などの副作用が起こる可能性があるとされています。臨床試験による副作用の発症率はわずかとされていますが、服用中に異変などを感じたら速やかに医師に相談した方が良いでしょう。

女性専用の薄毛治療について

フィナステリド配合AGA治療薬の種類

プロペシアをはじめとするフィナステリド配合AGA治療薬には様々な種類があり、種類によって含量や添加物、製造国、価格なども異なります。

◆プロペシア

プロペシアはフィナステリドを含む代表的なAGA治療薬です。アメリカのメルク社が開発した薬品で1998年1月にFDAに認可され、現在では世界の数十ヶ国でAGA治療に用いられています。国内でも厚生労働省の認可を受けている治療薬であるため、現在では多くのAGA治療専門クリニックなどで取り扱われています。

◆プロペシアのジェネリック医薬品

フィナステリド配合治療薬も、プロペシアの特許権存続期間満了後(2015年)から後発品(ジェネリック医薬品)が次々と販売されています。国内でジェネリック医薬品を開発し、一番最初に医薬品製造販売業許可を得たのは「ファイザー株式会社」です。

その後は様々な製薬会社が医薬品製造販売業許可を取得し、現在では数社よりプロペシアのジェネリック医薬品として「フィナステリド錠」と呼ばれるAGA治療薬が販売されています。

【国内でプロペシアジェネリックを扱う製薬会社】

  • ・ファイザー株式会社
  • ・沢井製薬株式会社
  • ・東和薬品株式会社
  • ・クラシエ製薬株式会社
  • ・シオノケミカル株式会社
  • ・武田薬品工業株式会社
  • ・富士化学工業株式会社
  • ・辰巳化学株式会社
  • ・SKIファーマ株式会社 など

◆フィンペシア

フィンペシアはインドの製薬会社「シプラ」が製造販売するフィナステリド配合AGA治療薬です。インドでは2005年まで物質特許が定められていなかったため、プロペシアのように国際特許を持つ医薬品でも特許権を所有する製薬会社に費用を支払うことで事実上のジェネリック医薬品を製造販売することが認められていました。

現在はインターネットの個人輸入などで手に入れることができますが、国内に正規の流通経路がなく偽物などが出回っていることもあるようです。また国内では認可されていない医薬品であるため、使用を推奨していないクリニックも多くあります。

◆エフペシア

エフペシアはフィンペシアと同じインドの製薬会社「シプラ」で製造販売されているフィナステリド配合AGA治療薬です。シプラが製造販売するフィンペシアのコーティング剤に使用される着色料「キノリンイエロー」に発ガン性物質が含まれているとの指摘を受け、キノリンイエローを使用しないAGA治療薬としてエフペシアが製造されるようになりました。エフペシアもフィンペシアと同様に国内では認可されていないフィナステリド配合AGA治療薬です。

◆フィナロ

フィナロはインドの製薬会社「インタス」によって製造販売されているフィナステリド配合AGA治療薬です。フィナロもフィンペシアやエフペシアと同様に国内では認可されていない医薬品のため、国内で使用が推奨されることは少ないAGA治療薬といえます。

AGA治療はAGAヘアクリニックへ

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)は、フィナステリド配合AGA治療薬を扱うAGA治療専門のクリニックです。当院では、AGA治療に有用とされているフィナステリド配合治療薬をオリジナルで製薬会社と製薬し、薄毛に悩む患者様に処方しています。

また当院ではフィナステリド配合AGA治療薬だけでなく、フィナステリドと同様の効果を示す「デュタステリド」や発毛効果を発揮する「ミノキシジル」など、AGA改善に役立つ様々な治療薬をオリジナルで調剤・製造し、処方しています。

医師による診察や相談は無料で承っておりますので、治療開始の前に「まずは薄毛の状態だけを診てもらいたい」「AGA治療薬についてもっと詳しく聞いてみたい」とお考えの場合でもお気軽にご来院いただけます。薄毛にお悩みの方はぜひ一度、当院へお越しください。

髪の毛でお悩みの方

記事の詳細を見る
AGAの早期治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
AGAの早期治療について