このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】前髪が薄い…それ、AGAではなく「FFA」かもしれません

薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

前髪の薄さやおでこの後退が気になっている人は少なくありません。前髪の薄毛は、薄毛の原因に多いとされる「AGA(男性型脱毛症)」の可能性も考えられますが、もしかしたら「FFA(Frontal fibrosing alopecia)」かもしれません。そこで今回のAGAタイムスは、どちらも前髪が薄くなっていくAGAとFFAの違いについて解説します。

AGAとは?

AGAは男性ホルモンの分泌が活発になる思春期以降の男性に起こりうる脱毛症の一種です。進行は緩やかで、主に前頭部や頭頂部の髪の毛が薄くなっていく特徴があります。

AGAは主に男性ホルモンに起因して発症するとされています。男性ホルモンの一種である「テストステロン」が体内の還元酵素「5αリダクターゼ」と結合して変異した、より強力な男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」によって脱毛因子が増え、ヘアサイクルを短縮させることで抜け毛が増える仕組みです。AGAは主にこのDHTによって引き起こされるといわれていますが、遺伝や生活習慣も発症の要因として関与していると考えられています。

前髪部分の前頭部やつむじ部分の頭頂部が薄くなっていくAGAは男性に多くみられますが、女性の場合はFAGA(女性男性型脱毛症)やFPHL(女性型脱毛症)と呼ばれる「びまん性脱毛」が起こることがほとんどです。

びまん性脱毛は「広がる」「はびこる」という意味を持つ「瀰漫(びまん)」から由来しています。そのため脱毛の傾向としても、箇所が限定されずに髪の毛が全体的に薄くなっていくという特徴があります。女性のびまん性脱毛は、加齢によるホルモンバランスの乱れやストレス、過度なダイエットで起こる栄養失調などが原因で発症するといわれています。

このように抜け毛には様々な種類があり、抜け毛の傾向に特徴を持つものもあります。「前髪が薄い」と感じる場合は、AGAを発症している可能性が考えられるでしょう。

FFAとは?

FFAは「Frontal fibrosing alopecia」の略称で、前頭部から側頭部の生え際に抜け毛が起こる特徴があります。「毛孔性扁平苔癬(もうこうせいへんぺいたいせん)」と似ているため、一部ではその分類だと考えられていますが、現在のところ発症の原因は不明とされています。またFFAは眉毛にも脱毛が起こる可能性があるといわれています。

最初に報告されたFFAでは「閉経期以降の中高年女性に発症する、前頭部から側頭部の生え際に帯状に起こる瘢痕性(はんこんせい)脱毛」であるとされていましたが、最近では男性や閉経前の女性が発症する報告も存在します。

FFAの症状としては、早期には毛包や毛包内外のリンパ組織に液状変性が見られ、末期頃には毛包の線維化が起こります。閉経後の女性に起きやすく、はじめに前頭部から側頭部にかけて髪の毛が抜けるという症状をきたすことが多いとされています。

またFFAは円形脱毛症と診断されやすく、円形脱毛症の治療に有用な「副腎皮質ホルモン外用」などを処方されることが多くありますが、円形脱毛症とFFAはメカニズムが異なるため、副腎皮質ホルモン外用は効果を示しません。そのため、FFAだと正しく診断されるまでの間にFFAによる脱毛が進行してしまうという実態も少なくないようです。

これらの特徴から、前髪の薄毛だけでなく側頭部の薄毛も進行している場合や眉毛にも脱毛症状が見られる場合は、FFAを発症している可能性が考えられます。

記事の詳細を見る

AGAの治療

自由診療の「薄毛治療」が広く知られるようになり、今では様々なAGA治療法が確立されています。その中でも「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版」で最も推奨されているのは、AGA治療薬による方法です。AGA改善に有用とされている治療薬には内服薬の「フィナステリド」「デュタステリド」、外用薬の「ミノキシジル」があります。

【フィナステリドとデュタステリド】

フィナステリドとデュタステリドは5αリダクターゼを抑制する作用を持っています。5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型が存在しますが、フィナステリドはⅡ型のみを抑制し、デュタステリドはⅠ型とⅡ型の双方を抑制する働きを持っています。

このようにフィナステリドとデュタステリドは似たような薬効を持ちますが、デュタステリドはⅡ型5αリダクターゼに対しての薬効がフィナステリドの約3倍あるとされ、発毛効果に関してもデュタステリドはフィナステリドの約1.6倍あるとされています。そのため最近ではデュタステリドを処方するクリニックが増えているようです。

【ミノキシジル】

ミノキシジルは発毛効果があるとされているAGA治療薬です。ミノキシジル外用薬は頭皮に直接塗布することで有効成分が皮膚の中に浸透し、毛包まで届くことで効果を発揮します。

血管拡張作用を持つミノキシジルは本来、降圧薬としてアメリカで開発された薬品です。降圧薬として用いられていた際に副作用で発毛が認められたため、後にAGA治療薬として改良されました。

ミノキシジルは毛細血管を広げて血流を促進するだけでなく、主に髪の毛の成長を促す「毛乳頭細胞」に働きかけ、ヘアサイクルを延長させる働きを持っています。またミノキシジルは毛乳頭細胞から作られる、髪の毛の元となる「毛母細胞」を刺激する物質の産生を促したり、毛乳頭細胞そのものを増殖させる働きがあるとされています。

2019年現在では内服薬のフィナステリドやデュタステリドで5αリダクターゼを抑制し、外用薬のミノキシジルでヘアサイクルの成長期を延長させる治療法が標準的であると考えられています。また、これらのAGA治療薬はAGA治療専門クリニックだけでなく皮膚科などでも処方していることがあります。

FFAの治療

FFAは「副腎皮質ホルモン外用」には反応しなかったものの「副腎皮質ホルモン局所注射」により脱毛が改善したという報告があります。そのため初期の段階でまだ瘢痕化していない場合は、副腎皮質ホルモン局所注射によって発毛がみられることもあります。

また海外には、フィナステリドやデュタステリドなど「5αリダクターゼ阻害剤の内服」が効果を示すという報告も存在します。しかし、国内ではフィナステリドやデュタステリドなどの5αリダクターゼ阻害剤の内服は女性への投与が禁忌とされているため、女性に積極的に使用するのは難しいとされています。

このように、いくつかのFFAの治療法による報告はなされていますが、現在は発症の原因やメカニズムが不明です。そのため、確かな治療法が確立されていないというのがFFA治療の現状といえます。

AGAもFFAも早期治療が肝心

AGAの場合、ヘアサイクルが残っているうちに治療を施す必要があります。ヘアサイクルを終えた毛包からは髪の毛が二度と作られることはないからです。

またFFAの場合も末期状態に陥ると毛包の組織が完全に損傷し瘢痕化して、その毛包からは二度と髪の毛が再生されなくなります。毛包が完全に失われて脱毛状態になった場合、内服や外用の治療薬では反応しなくなるため、改善の際は外科手術などを施すこととなります。そのため、AGAもFFAも早期発見・早期治療が肝心となってくるのです。

前髪の薄さが気になった場合でも、素人目ではどのような病気であるのかを判断するのは難しいとされています。前髪の薄さが気になった場合は、AGA治療専門クリニックなどで医師による診察を受けることをお勧めします。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)はAGA治療専門の病院です。医師による診察や相談は無料で何度でも受けることができるため、前髪の薄さが少しでも気になった場合など、お気軽にご来院いただけます。万が一FFAと診断された場合には、FFAの治療が受けられる病院のご紹介もさせていただきます。AGAやFFAの改善には早期発見・早期治療が重要です。少しでも前髪の薄毛やその他の薄毛が気になった場合は、一度当院へお越しください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

記事の詳細を見る
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

記事の詳細を見る
女性専用の薄毛治療について