このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】AGA治療薬の副作用「肝機能障害」とは

薄毛治療

現在、国内のAGA(男性型脱毛症)治療の指針となっている日本皮膚科学会の「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版(以下、ガイドライン)」の中では、AGA治療において「フィナステリド内服薬」「デュタステリド内服薬」「ミノキシジル外用薬」がもっとも推奨されている治療方法となっています。しかし、ガイドラインのフィナステリドの欄には「重要な副作用として頻度は明らかではないが、稀に肝機能障害があらわれることがある」との記載があるため、治療開始に不安を感じる方もいらっしゃることでしょう。

今回のAGAタイムスでは、AGA治療薬を安心して使用するために、副作用として記載されている肝機能障害について詳しく解説します。

AGAと治療薬

AGAとは、額の生え際や頭頂部から薄毛が進行していく脱毛症のことをいいます。AGAを発症する要因は一つではありませんが、男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン(DHT)」が「男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)」とくっつくことにより、髪の毛が生え変わる周期であるヘアサイクルの「成長期」を短縮させてしまうことが主な原因とされています。

成長期が短縮されると、成長を阻害された短く細い髪の毛の割合が増えて髪全体のボリュームがダウンして薄毛となります。またヘアサイクルが繰り返される毎に、髪の毛が生えてくる根元の「毛包」は少しずつ縮小化していきますが、AGAによってヘアサイクルが短縮されることで毛包の縮小化が早まります。毛包が小さくなってしまうと、どんなに成長しても産毛の様な毛しか生えてこなくなってしまうのです。

AGAの主な原因となり得るDHTは、筋肉を成長させ性欲を司る男性ホルモン「テストステロン」が、体内の還元酵素「5αリダクターゼ」と結びつき変化することによって生成されます。このためAGA治療においては、DHTを作らせないよう“5αリダクターゼを抑制する治療薬”であるフィナステリドやデュタステリドが使用されるのが一般的であり、脱毛を防いだ上でミノキシジルにより発毛を促します。

肝機能障害は、フィナステリドおよびデュタステリドの副作用の一つとして記載されています。

フィナステリド、デュタステリドの副作用

ガイドラインでは「フィナステリド内服薬およびデュタステリド内服薬の発毛効果には高い水準の根拠があり強く勧める」としています。ただし「女性が妊娠している場合、副作用として胎内の男児の生殖器の発育に悪影響を及ぼす危険がある」として女性への投与を禁忌しています。男性の使用に対しては下記の副作用の可能性があるといわれています。

【5αリダクターゼ阻害薬に記載されている主な副作用】

  • ●勃起不全・射精障害・精液量減少、性欲減退などの性機能障害
  • ●抑うつ
  • ●乳房の女性化
  • ●肝機能障害

これらの副作用の発現率は低いとされていますが可能性がゼロとは言い切れないため、服用に際しては医師と相談の上、服用を継続していくことが望ましいでしょう。

肝機能障害が起こるとどうなるのか?

フィナステリドの副作用について、ガイドラインには「ごく稀にAST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GPTなどの数値が悪化する肝機能障害の副作用の可能性もある」と記載されています。これらは血液検査の肝機能を測る数値のことであり、この副作用の可能性は同じ5αリダクターゼ阻害薬であるデュタステリドにもいえることです。そもそも肝臓とはどのような働きをしており、肝機能障害になるとどのような弊害が起こるのでしょうか?

【肝臓の働き】

  • ●腸からアミノ酸などの物質を受け取り、体にとって必要な「タンパク質」や「脂質」などを生成する
  • ●体内で不要になった有毒物質を解毒したり、血中の不要物や薬物を処理したりして無毒化し、胆汁へ排出する
  • ●糖を体のエネルギー源となるグリコーゲンに変えて蓄積したり、必要に応じてグリコーゲンを糖に戻して放出する

この様に身体にとって重要な働きをしている肝臓は「沈黙の臓器」といわれており、肝臓に障害が起きていても自覚症状が現れにくいことでも知られています。不調に気付いた時には病気がかなり進行しているケースもあります。

肝機能障害の一つである「肝炎」が進行すると皮膚や目の色が黄色くなることがあります。また尿が濃くなり、だるさや吐き気、食欲不振などの症状がみられ、さらに進行すると、むくみやお腹の張りなどの症状が出てくることもあります。重症化した場合には、意識障害や貧血、吐血なども起こるとされています。肝炎は進行性の疾患で、急性肝炎から慢性肝炎、肝硬変、さらに肝がんに進行することがあり、ある程度進行した場合には治すことが難しいといわれています。

肝機能がうまく作用しなくなると、生命維持にも関わる危険な状態になることも考えられます。このため副作用で肝機能障害が起こる可能性がどんなに低くとも、定期的な血液検査などを行い、肝機能に問題がないか数値を確認することが大切です。

女性専用の薄毛治療について

フィナステリド継続投与5年間の追跡調査

5αリダクターゼ阻害薬による肝機能障害は稀であるという記載はよくありますが、実際の症例はあるのでしょうか? 今回は北里大学大学院で行われた、日本で5年の間1日1mgのフィナステリド投与治療を受けた903例の追跡調査をご紹介します。

【フィナステリドによる薄毛改善の有効性の評価結果】

  • ●有効性評価対象:903例中801例を評価
  • ●薄毛の進行抑制効果を含めた改善率:100%
  • ●軽度改善(少しでも改善した)以上:99.4%

【フィナステリドによる安全評価(副作用)】

  • ●安全評価対象:全903例全てを評価
  • ●有害事象:23例確認

《内訳》

性欲減退4例、体毛の減少4例、頭皮の異常3例、血性精液2例、肝機能障害2例、精液現象1例、勃起時違和感1例、乳房の女性化1例、前額部発毛1例、初期脱毛1例、蕁麻疹1例、眠気1例、尿量増加1例

《補足》

いずれの症状も5年間の投与を継続しているが、5年後には有害事象の訴えは持続しなかった。

ただし5年間の内、経過観察が不可能となった102例も含まれていたり、有害事象に関しては自己申告制であるため、それが純粋なフィナステリドの副作用なのか明確ではなく、訴えなかった患者も含まれている可能性があるため、これらの数字はあくまでも参考としての結果と考えられます。

この研究では2例の肝機能障害が報告されていますが、いずれも5年後には有害事象の訴えはなくなったと報告されています。

風邪薬や健康食品でも肝機能障害は起こり得る!?

フィナステリドやデュタステリドを服用した場合に肝機能障害になる機序としては、主に薬が肝臓で代謝されるため、血中濃度が上昇する恐れがあるからといわれています。これはAGA治療薬に限らず風邪薬や胃腸薬、漢方薬など、ほとんどの薬において危惧されることであり、AGA治療薬だけが特別に危険な副作用のある薬であると考えるのは、少し認識違いといえるでしょう。

愛媛大学の村田洋介教授が集計した10年間の「薬物性肝障害」データによると、肝機能障害がみられる起因薬物には抗生物質や精神科・神経科用の薬などがあり、最近では、健康食品による薬物性肝障害が増加傾向にあるといいます。また上記データでは、薬物性肝障害のほとんどの症例が「薬物自体の肝毒性」でなく「薬物に対する特異体質」によって起きていると考えています。つまり同じ薬の同じ濃度を服用しても、個人の体質によって肝機能障害の発症率には差があるというのです。

これらのことから、どのような薬物であっても継続して服薬する際には用法や容量をしっかり守り、定期的な血液検査を行い、肝機能の正常値を確認することが望ましいといえるでしょう。

不安を減らしてAGA治療をするならAGAヘアクリニックへ

フィナステリドやデュタステリドは、副作用の発現率の低さに対して薄毛改善効果が大きいため、ガイドラインでも推奨度AとされているAGA治療薬です。しかし副作用の可能性はゼロでなく、中でも肝臓は人にとって重要な働きをする臓器であるからこそ、安心してAGA治療を継続していくためには定期的な血液検査をしたり、診察時に薄毛以外の不調が起きていないかを医師が確認していくことも大切です。

当院では、AGAの専門知識を有した全身疾患も診ることができる医師が在籍し、薄毛だけでなく心と体の健康にも気を配りながら改善を目指せる環境を整えています。万が一、肝臓の数値に問題が出た場合には、速やかに適切な病院と連携をとって治療を進めてまいります。副作用の発現率はかなり低いとされていますが、万が一に備え、当院では患者様に血液検査をお願いしております。

ご不安やご不明点がある場合は、何度でもご利用いただける無料カウンセリングや診察でご質問ください。薄毛の改善が明るい人生のきっかけとなるよう“患者様第一の治療”を行なってまいります。

髪の毛でお悩みの方

記事の詳細を見る
AGAの早期治療について

髪の毛でお悩みの方

記事の詳細を見る
AGAの早期治療について