このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

「薄毛治療を始めたい! でも不安…」 AGA治療開始後の事例をご紹介

薄毛治療

近年は薄毛治療を専門とするクリニックが増え、薄毛治療に対する関心が高まっています。しかし、薄毛治療には様々な不安が伴うもの。「薄毛治療は気になるけど、始めるかどうか悩んでいる」という方は少なくありません。そこで今回のAGAタイムスでは、薄毛治療に対して多くの人が持ついくつかの不安を、本メディアを運営しているAGAヘアクリニック(以下、当院)を受診された患者様に多くみられた事例と合わせてご紹介していきます。

事例1:「薄毛治療をしていることがバレるのが不安」

「薄毛は改善したいけど、薄毛治療をしているとバレるのが恥ずかしい」という方は少なくありません。「一目で見てわかるほど薄毛だったのに、ある日急に毛量が増えたら薄毛治療を受けたことがバレないか不安になる」「カツラをつけたと思われたりして周囲にからかわれ、嫌な思いをしないかと不安になる」という声もあります。

しかし、薄毛治療は急速に効果がみられるものではありません。カツラは視覚的に急な変化となる場合がありますが、薄毛治療は個人差はあるものの、治療開始からおよそ3ヶ月後に毛量の改善を自覚し、半年後には薄毛ではない程度に毛量が回復するというように、緩やかに増毛していく傾向にあります。

ある患者様は薄毛が改善していくに連れ、コンプレックスよりも毛量の変化に合わせてヘアスタイルやファッションを楽しむ喜びの方が大きくなっていかれた様子でした。そして、周囲からも変化を褒められるようになったということです。このような変化は薄毛治療を受けた方に多くみられる傾向の一つです。薄毛の改善後はポジティブな意識に変化するケースが多くみられるため、まずは治療を受けてみてはいかがでしょうか。

事例2:「薄毛治療を開始したら初期脱毛が続いて不安」

薄毛に悩み「毛量を改善したい」と決意して始めた薄毛治療。しかし、AGA治療薬の一つ「ミノキシジル」の副作用として「初期脱毛」と呼ばれる抜け毛が起こることがあります。初期脱毛とは、AGAによって短縮されていたヘアサイクルが正常に戻ることで起こる脱毛のこと。本来頭髪の約9割は「成長期」にあるとされていますが、AGAを発症すると成長期が極端に短縮され、成長の止まった「休止期」の割合が増加すると考えられています。

治療薬の作用によってヘアサイクルが正常化すると、休止期にあった多くの髪の毛が成長期に移行していきます。新しい髪の毛は古く弱い髪の毛を押し出して生えてくるため、この時にまとまった脱毛が起こるのです。AGAの影響で休止期にあった多くの髪の毛が順に抜けていくため、初期脱毛は1〜2ヶ月続くこともあります。

ある患者様は初期脱毛が起こることは知っていましたが、普段より多めの脱毛が長期間続いたため不安になり、ミノキシジルの服用を止めるべきか医師に相談されました。医師は今、服用を中止してしまうと、せっかく生えてきた新しい髪の毛もまたAGAの影響を受けて十分に成長できない細く弱い髪の毛にしかなれないことや、今後の見通しなどを詳しく説明しました。話を聞いたことで治療の継続を決めた患者様は、その後の結果に満足されていました。

初期脱毛の症状や期間には個人差があり、ほとんど初期脱毛を感じない方もいれば、かなり抜け毛が続いて不安になる方もいます。初期脱毛の不安を乗り越え毛量改善を目指すためにも、ミノキシジルを服用する場合は、当院のような薄毛治療専門クリニックなどで医師に相談しながら治療を継続することをおすすめします。

女性専用の薄毛治療について

事例3:「金銭的に治療継続が難しいけれど、治療を止めて薄毛に戻るのが不安」

AGAは進行性の疾患であり、現在推奨されている治療は「治療薬によってAGAの原因となるホルモンを作らせないことにより、正常なヘアサイクルを維持させる」という方法です。つまりAGA治療薬の服用を中止すると、再びAGAによってヘアサイクルの成長期が短縮され薄毛に戻るばかりか、さらに進行していくことも考えられるのです。これらのことから「AGA治療は永続的に行うことが望ましい」とされています。

ある患者様は金銭面の計画をしっかりと立ててから薄毛治療を開始されました。しかし治療開始から1年程した頃、予期せぬ転職で金銭的に治療継続が難しくなってしまったのです。この患者様はこれまでの治療で毛量が十分に回復していたため、治療を一度中止し、再び金銭的に余裕ができるようになってから治療を再開されました。

AGAの進行は緩やかであり、急激に薄毛が進行することはありません。そのため、無理をして結果的に治療ができなくなるということにならないよう、注意が必要です。AGA治療が永続的なものであるからこそ、生活面や金銭面で無理があるときは一度治療をお休みして、また治療が可能になった際に再開するという選択肢を考えることも視野に入れておくと良いでしょう。

事例4:「子供を作りたいので副作用が不安」

薄毛の改善はQOLの改善につながるだけでなく、本来の自分らしさや自信を取り戻すことによって新しいことにチャレンジしたり、異性との出会いに積極的になったりするなど、気持ちに変化がみられる方も多くいらっしゃいます。

当院で薄毛治療をされたある患者様は、その後プロポーズに成功して結婚されました。しかし「子供を持ちたい」と考えた際、薬の副作用に不安を持たれたのです。AGA治療薬であるフィナステリドやデュタステリドに妊婦が触れると、生まれてくる子供が男児だった場合、生殖器の発育に悪影響を与える可能性が示唆されています。そのため、せっかく改善した毛量により自信が持てたとはいえ、ご家族に妊娠する可能性のある方がいる場合はフィナステリドやデュタステリドの使用を中止しなければなりません。

人生には様々な変化があるもの。薄毛治療はライフスタイルの変化に合わせて無理なく行なうことも大切です。新たなライフステージの前に治療を止めたとしても「子供の幼稚園の入園式までにかっこいいお父さんになりたい」など次の目標ができたときに再開すれば良いのです。先程の患者様は医師から詳しい説明を受けて先の見通しが立ち、安心して治療を一旦中止されました。

薄毛治療中の不安はAGAヘアクリニックにご相談ください

薄毛治療を始める不安、さらに治療を開始してからも不安を伴うことがあるかもしれません。そのようなときは、正しい知識を持つ医師に相談することで不安を克服し、薄毛改善を目指すことができるでしょう。

東京の秋葉原にある当院は、“患者様第一”を何よりも大切に考える薄毛治療専門クリニックです。当院では患者様の髪の状態だけでなく、気持ちやライフスタイルも大切にした治療のご提案をしております。治療中に不安や悩みが生じた場合は、患者様にとって最良の方法を一緒に考えさせていただきます。カウンセリングおよび診察は何度でも無料です。薄毛や治療に関して不安をお持ちの方は、ぜひ一度当院までお越しください。

髪の毛でお悩みの方

記事の詳細を見る
AGAの早期治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
AGAの早期治療について