このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】ミノキシジル外用薬と内服薬の違いは? 効果と副作用も解説!

薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

「AGA(男性型脱毛症)」の治療薬で、発毛成分として知られている「ミノキシジル」。一般的には外用薬が広く知られていますが、内服薬も存在します。ミノキシジルの外用薬と内服薬には効果や副作用に違いがあるのでしょうか? 今回のAGAタイムスは、ミノキシジルの作用や外用薬と内服薬の違いについて解説します。

ミノキシジルの効果

ミノキシジル外用薬は、日本皮膚科学会が発表している「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版(以下、ガイドライン)」で推奨されているAGA治療薬です。AGAの原因は一つではありませんが、主な原因は男性ホルモン(DHT)の影響でヘアサイクルの「成長期」が極端に短縮し、髪の毛の成長が阻害されることだといわれています。

ミノキシジルには髪の毛の根元にある毛乳頭を活性化させる増殖因子「IGF-1」「VEGF」などの産生を高める働きや、分裂を繰り返すことで髪の毛になっていく「毛母細胞」に作用して短縮されたヘアサイクルを正常に戻す働きがあるとされています。これらの詳しいメカニズムはまだ解明されていませんが、ヘアサイクルの成長期が延期され、増殖因子が多く産生されることで髪の毛が十分に太く長く成長し、高い薄毛改善効果が期待できるのです。

ミノキシジルはもともと「降圧剤」として高血圧患者向けの治療薬として開発されましたが、使用していた人に「多毛」の副作用が見られたことからAGA治療においても注目されるようになり、発毛剤としての開発が進みました。降圧剤として用いられていたミノキシジルには血管拡張作用があり、血流がスムーズになる効果があるとされています。この血流改善効果によって育毛に必要な酸素や栄養素が毛乳頭まで届きやすくなることも発毛を促す一因と考えられるでしょう。

【ミノキシジルは女性でも使用可能】

そのほかのAGA治療としてガイドラインで推奨されている「フィナステリド内服薬」「デュタステリド内服薬」は副作用として胎児の生殖器の発育に影響を及ぼす恐れがあることなどから、妊婦や女性は使用だけでなく、経皮吸収の恐れがあるため薬剤に触れることも禁忌とされています。しかしミノキシジルはそういった作用がないため女性でも使用可能とされているAGA治療薬です。

国内で使用が推奨されているミノキシジル外用薬の濃度は男性が5%まで、女性は1%までとされています。しかし海外では、女性が濃度5%のミノキシジルを使用した場合の改善効果が報告されており、薄毛治療専門クリニックなど専門知識を持つ医師のもとであれば、個々に合う濃度のミノキシジル外用薬を処方してもらうことが可能です。しかし特に女性が使用する場合には副作用に多毛症のリスクがあることを伝え、意思確認をする必要があるでしょう。

ミノキシジルの主な副作用

ミノキシジルは重篤な副作用の報告が少ない治療薬ではありますが、副作用が全くないとはいえません。前述した副作用の一つである多毛症は、髪の毛以外の体毛も増毛する症状ですが、多毛症以外にもミノキシジルの使用でいくつかの副作用が報告されています。

◯初期脱毛
ミノキシジルの使用を開始した際に「初期脱毛」が起こることがあります。この脱毛は、AGAによって休止期に留まっていた多くの髪の毛が、薬の作用で成長期へと移行することで起こります。成長期に入った髪の毛は毛根の中で成長しながら、現在生えている古い髪の毛を押し出す形で表皮に生えてきます。この時に脱毛が起こり、新しい髪の毛が十分に成長するまでの間、一時的に抜け毛が増えることがあるのです。髪の毛の成長にとって必要なことですが、薬の作用で抜け毛の増加が起こるため不安を感じる方も少なくありません。また初期脱毛には個人差があり、抜ける量が少ない方もいれば多い方もいます。一般的に初期脱毛はミノキシジルの使用を開始してから約2週間から6週間ほどで起こり始め、その後は1ヶ月から2ヶ月ほど続く方もいます。
○皮膚炎
ミノキシジル外用薬の使用により掻きむしりたくなる痒み「掻痒感(そうようかん)」や、皮膚表面に発赤を伴う「紅斑(こうはん)」、表皮角質が薄い断片となってはがれ落ちる「落屑(らくせつ)」、毛根内部が炎症を起こす「毛包炎」、頭皮がかぶれる「接触性皮膚炎」などの皮膚トラブルを発症することがあります。体質が合わない方はミノキシジル外用薬の使用を中止し処方された医師に相談しましょう。また敏感肌の方は医師に相談の上、ミノキシジル内服薬の使用なども検討すると良いでしょう。
◯心臓への負担
ミノキシジル内服薬はもともと高血圧患者向けの治療薬であるため、血圧を下げる作用があることを留意して使用する必要があります。稀な副作用として心機能障害や不整脈が起こる可能性があります。低血圧の方や、高血圧で降圧剤を服用中の方、心臓に障害のある方はミノキシジルの服用に際しては必ず医師へ相談しましょう。またこれらに当てはまらなくても服用後に動悸や息切れなどの症状が出た場合は、直ちに医師に相談する必要があります。
AGAの早期治療について

ミノキシジル外用薬とミノキシジル内服薬の違い

高い発毛効果が期待できるミノキシジルですが、外用薬と内服薬で違いはあるのでしょうか?

◯ミノキシジル外用薬

ミノキシジル外用薬は頭皮に直接塗布して使用する薬で、副作用が少ないといわれています。市販薬では大正製薬の「リアップ」などが該当しますが2018年に特許が切れたため、現在では様々な製薬会社からミノキシジル含有発毛剤が次々に発売されており、競争は激化しています。ただし市販薬はミノキシジルの濃度が5%までと定められているため、どの市販薬でも同じ濃度であれば発毛効果に大きな差が出るとは考えにくいでしょう。製薬会社ごとにみる違いとしては、価格、含有成分、添加物、ボトル仕様(使いやすさ)などの差が挙げられます。

女性の場合、国内で推奨されているミノキシジル濃度は1%であるため、女性が市販薬の5%含有ミノキシジル外用薬を購入し使用することはおすすめできません。もし1%よりも高い濃度のミノキシジルの使用を望む場合は、自己判断で市販のものを使用するのではなく専門知識を持つ薄毛治療専門クリニックなどで医師に相談しましょう。また男性もご自身の状態に合わせて濃度を調節したい場合や、濃度が5%以上のミノキシジルを使用したい場合にも、薄毛治療専門クリニックなどを受診すると良いでしょう。

◯ミノキシジル内服薬

ミノキシジル内服薬は服用することで体内から毛根にある毛乳頭へと成分を直接届ける発毛剤です。またミノキシジル内服薬は薄毛治療薬としては認可されておらず、海外では高血圧患者向けの降圧剤として知られている薬剤です。

ミノキシジル内服薬の発毛メカニズムは外用薬と同じですが、直接体内へと摂り入れるため、より強く作用し、副作用も強く出る可能性が考えられています。ミノキシジル内服薬は外用薬とは異なり市販されていないため医師による処方が必要です。 内服薬にも含有濃度には種類があり、2mgから10mgを超えるものまで存在します。

2019年2月現在、ミノキシジル内服薬は性別に関わらず、薄毛治療薬として推奨されているものではありません。また厳しい評価基準によって世界的信頼度の高い「アメリカ食品医薬品局(FDA)」でも、降圧剤としては承認されているもののAGA治療薬として認可されているのは外用薬のみです。

なぜミノキシジル内服薬は、ミノキシジル外用薬と同じ有効成分でありながら認可されていないのかという部分に関しては、主に「国内ではAGA患者に対してミノキシジル内服薬の臨床試験がそれほど行われておらず、高血圧向け薬剤としても認可されていない」ということが挙げられます。またミノキシジル内服薬は経口摂取により作用が強く出るとされているため、国内のガイドラインでも推奨されていません。

世界的にもAGA治療薬としては認可されていないミノキシジル内服薬ですが、高血圧患者に対するミノキシジル内服薬の臨床試験では因果関係の確立した重篤な副作用が認められていません。また海外ではAGA患者に処方された症例もすでに多く存在し、高い効果が実証されています。

これらのことから全身疾患や薄毛治療の専門知識と経験のある医師がしっかりと経過をみながら服用していくのであれば、ミノキシジル内服薬はAGA治療に有用な治療薬といえるでしょう。特に敏感肌などで外用薬の使用が難しい方は内服薬を用いることで、頭皮環境を守りながら発毛を促すことが期待できるのです。

ミノキシジル内服薬と外用薬の併用は可能?

ミノキシジル内服薬と外用薬は同じ成分で同じ作用を持つ薬のため併用することができます。ただしミノキシジルは降圧剤としても用いられている薬のため、体質によっては内服薬と外用薬を併用することが体への大きな負担となることも考えられます。低血圧の方などは必ずその旨を医師に相談しましょう。

またAGAは主に、DHTによってヘアサイクルの成長期が短縮していることが大きな原因の一つだとされています。外用・内服に関わらず、ミノキシジルによって発毛を促すだけではAGAが進行する根本を食い止めることは難しいでしょう。

AGAの治療にあたっては、主な原因となるDHTの生成を抑制するフィナステリド内服薬やデュタステリド内服薬などで進行を遅らせながら、ミノキシジルによって発毛を促す方法が、2019年現在の標準的な治療とされています。

AGA治療薬の処方はAGAヘアクリニックにご相談ください

ミノキシジルは多くの発毛効果が実証されており、薄毛改善に高い効果が期待できます。しかし副作用の可能性があることなどを考慮しながら使用していく必要があるため、薄毛治療に特化した薄毛治療専門クリニックの医師に相談しながら服用を続けていくことをおすすめします。

東京のJR秋葉原駅から徒歩4分の場所にある「AGAヘアクリニック」は、薄毛治療専門クリニックです。ミノキシジルは外用薬だけでなく内服薬も取り扱っており、患者様一人ひとりにとって最適な治療のご提案しています。またプライバシーの守れる個室で全てを対応するなど「患者様第一」をモットーにしています。診察やカウンセリングは何度受けても無料となっておりますので、まずは不安や悩みなどをお気軽にご相談ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

記事の詳細を見る
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
女性専用の薄毛治療について