このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】前髪の薄毛と男性ホルモン・女性ホルモンの関係

薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

毎日鏡を見る方の中には「前髪が薄くなってきた」と悩みはじめる方も少なくないでしょう。前髪が薄くなるという悩みは、性別に関わらず起こる可能性があります。また「薄毛」にはホルモンが関係していることが多くあるといわれていますが、前髪の薄さにもホルモンは関係しているのでしょうか?

今回のAGAタイムスは、前髪の薄毛に関わるホルモンとはなにか、前髪が薄くなる原因や対処法について解説します。

男性ホルモンが前髪を薄くする!?

「男性ホルモンが多いとハゲる」と昔からいわれている理由は、恐らく「AGA(男性型脱毛症)」の影響であると考えられます。薄毛に悩む成人男性は約1200万人、実に3人に1人は薄毛に悩んでいるといわれており、その多くがAGAを発症しているとされています。AGAは額の生え際や頭頂部から薄毛が進行していく特徴があるため「前髪が薄い」と悩んでいる男性の場合、AGAの可能性があるといえるでしょう。

AGAの主な原因としては、男性ホルモンの一種である「テストステロン」の影響が挙げられます。テストステロンは思春期になると分泌されるようになるホルモンで、筋肉や骨格の成長を促進させる働きがあるほか、性欲の元にもなります。本来の働きをしている分には問題ありませんが、テストステロンが「5αリダクターゼ(5α還元酵素)」と結びつくと「ジヒドロテストステロン(DHT)」という悪玉男性ホルモンに変換されてしまいます。

DHTは「男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)」にキャッチされると、発毛の司令塔である「毛乳頭細胞」にシグナルを出します。このシグナルによって髪の毛の生え替わりのサイクル「ヘアサイクル」の成長期を100日程度にまで短くしてしまうのです。

成長期とは髪の毛の生え変わりの周期「ヘアサイクル」の中で、髪の毛が成長していく段階のこと。成長期の髪の毛は頭髪全体のおよそ90%を占めるといわれています。成長期を終えて退行期を経た髪の毛は、成長が完全に止まる休止期へと突入し、次のサイクルで新しく生えてきた髪の毛に押し出される形で髪の毛が抜け落ちるのです。

通常の成長期はおよそ1000〜2000日ですから、100日はかなりの短縮です。この影響により十分に成長できていない細く柔らかい髪の毛の割合が増えて、頭髪全体がボリュームダウンしてしまいます。

「男性ホルモンが多いとハゲる」と噂があるように、男性ホルモンの量が人より多ければ多いほどDHTの変換率は高くなると思われるかもしれませんが、実際にはテストステロンと5αリダクターゼの結合のしやすさなどには個人差があります。そのため、例え男性ホルモンの量が多くても薄毛にならないこともあるのです。

AGAの発症要因は一つではなく、個人差を含む様々な要因が重なって発症します。つまり「男性ホルモンと薄毛に関連性はあるが、男性ホルモンの量と相関関係にはない」といえます。

女性専用の薄毛治療について

女性ホルモンが多いと髪の毛が増える!?

「女性ホルモンが多いと髪の毛が増える」という噂を耳にすることがありますが、この噂は女性ホルモンの「エストロゲン」に“髪の毛の成長期を延長させる働きがある”ことが関係していると考えられます。

エストロゲンによって髪の毛の成長期が延長されると、ヘアサイクルが休止期に移行せず髪の毛は成長を続けます。このため「女性ホルモンが多いと髪の毛が増える」といわれるのではないかと推測されます。

エストロゲンは“妊娠に向けた女性らしい体を作る働き”があるほか、皮膚や骨、筋肉、脳や自律神経などの働きにも関与しているといわれています。また、女性の方が男性よりもエストロゲンの分泌量が多く、体への影響も大きいとされています。

しかし女性も精神的ストレスや加齢、栄養不足などによってエストロゲンが減少することがあります。これらが原因になり、頭髪全体が薄くなる「びまん性の脱毛」を引き起こす場合があるのです。

びまん性の脱毛は前髪に限らず、頭部全体が薄くなっていくという特徴があります。そのため女性は前髪の薄さだけでなく、髪の毛のボリュームの低下も気になる場合に、女性ホルモンが関与している可能性が考えられます。

また、女性は妊娠するとエストロゲン分泌量が増加します。しかし、出産と同時にエストロゲンは急激に減少するため、普段より多く成長期に止まっていた髪の毛が抜け落ち、一時的な薄毛になることがあります。これは「産後脱毛」と呼ばれていますが、病気ではなく一時的なものであるため半年程度で自然なヘアサイクルに戻っていき、抜け毛の量も正常に戻ることがほとんどです。

【ホルモン以外でも前髪が薄くなることも!?】

性別を問わず、前髪が薄くなる可能性は他にもあります。それはホルモンによる影響だけではないのです。

例えば、前髪を強く引っ張るヘアスタイルを長時間あるいは毎日していると、集中して負荷のかかった頭皮が血行不良となり、前髪部分が抜け毛や薄毛に繋がる「牽引性脱毛症」を引き起こす恐れがあります。

また免疫機能の異常などによって起こる「円形脱毛症」が額の生え際にできたり、「FFA(frontal fibrosing alopecia)」という線維性の脱毛症によって前髪が薄くなることも考えられます。

「前髪が薄い」という悩みは改善できる?

前髪の薄毛が牽引性の脱毛であるなど、原因が明確な場合はヘアスタイルを変えることで改善が期待できます。しかし薄毛の原因が明確でない場合には、皮膚科や薄毛治療専門クリニックなどで医師に相談し、原因を突き止め、正しい治療方法をみつけることをおすすめします。

特に男性で「前髪が薄い」とお悩みの方はAGAである可能性があります。AGAは進行性の疾患であるため、早めの治療を行うことが今ある髪の毛を守り、毛量の回復を目指すのが薄毛改善の要であるといえるでしょう。

AGAヘアクリニック(以下、当院)は、男性特有のAGAの治療をはじめ、女性の薄毛にも対応している薄毛治療専門クリニックです。豊富な薄毛の知識と多くの症例を基に、薄毛の原因を導き出し患者様一人ひとりの症状に合った最善の治療をご提案しております。

当院ではカウンセリングと医師による診察を無料で受けることが可能です。またカウンセリングからお会計まで個室で行うため、人目が気になる方でも安心してご利用いただけます。治療ではなくご相談のみでも構いませんので、薄毛が気になる方は当院までお気軽にお越しください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月よりAGAヘアクリニックを開院。

髪の毛でお悩みの方

記事の詳細を見る
AGAの早期治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
AGAの早期治療について