このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】前髪が薄い! 髪の毛が細いまま成長しないのはなぜ?

薄毛治療

「前髪が薄いと薄毛の印象を持たれそう」と、前髪の薄さに悩まれる方もいるでしょう。前髪が普通の髪の毛のように太く成長してくれないために、前髪が薄く見えてしまうこともあるようです。細くて軟らかい前髪は、成長しないだけでなく抜け毛に繋がる恐れもあるのです。今回のAGAタイムスは、そんな「前髪が薄い」とお悩みの場合に考えられる原因と対策をお伝えします。

前髪が薄くなる理由はホルモンの影響かも?

前髪が薄くなったように感じる……もしかするとそれはホルモンの影響で髪の毛が十分に成長していない可能性があります。

●前髪だけでなく全体のボリュームも減っている場合

前髪の後退や全体のボリュームが気になる方は、女性ホルモンの「エストロゲン」が減少することによる「びまん性脱毛」の可能性があります。

エストロゲンには髪の毛の生え変わりのサイクルである「ヘアサイクル」の成長期を延長させる働きがあります。またエストロゲンは髪の毛の生成や維持に欠かせない「コラーゲン」の合成を助けるともいわれています。

エストロゲンの分泌量は妊娠や出産で増減したり、加齢によって減少したりします。またストレスや生活習慣によってもエストロゲンの減少が起こる場合もあります。エストロゲンの減少によりヘアサイクルの成長期を延長する働きがなくなると、髪の毛が十分に育たないまま成長が止まり、退行期を経て休止期へと移行していきます。それによって細くもろい髪の毛が生えるようになり、全体的なボリュームダウンに繋がるのです。

前述の通り、エストロゲンは髪の毛の生成に必要なコラーゲンの合成にも関わっています。またエストロゲン減少の影響でコラーゲンが不足すると、健康な髪の毛や頭皮にも悪影響を及ぼす恐れもあります。

●おでこが後退して前髪が薄くなっている場合

おでこの生え際から薄毛が始まっている場合は「AGA(男性型脱毛症)」である可能性が疑われます。AGAの原因は一つではありませんが、主な原因として男性ホルモンの「テストステロン」が「ジヒドロテストステロン(DHT)」という悪玉ホルモンに変化して、男性ホルモン受容体にキャッチされることで引き起こされるといわれています。

DHTは男性ホルモン受容体にキャッチされた後、発毛の司令塔である「毛乳頭細胞」に対して、髪の毛の成長期を短縮するシグナルを発します。この影響によって成長期が短縮されると、髪の毛が十分に育たないうちに成長がストップしてしまいます。成長がストップした髪の毛は抜け替わる時期が通常よりもかなり早く来てしまい、抜け毛へと繋がるのです。

髪の毛の根元部分にある毛包は、ヘアサイクルを繰り返す毎に小さくなっていきます。小さい毛包からは大きい毛包よりも細い髪の毛が生えてくるため、ヘアサイクルが早まると細く弱い髪の毛の割合がより増えていき、前髪が薄い状態となることが考えられます。

女性専用の薄毛治療について

前髪の薄さを改善するには?

産毛のように細く短い毛であっても前髪が生えてくるということは、毛包がまだ生きているということです。毛包が生きているならば薄毛治療で改善が期待できます。薄毛は原因によって改善方法が異なるため、薄毛を改善させるためには薄毛治療専門クリニックで自身の薄毛の原因を知ることから始めましょう。また自分でできる改善方法は積極的に取り入れ、育毛に適した生活習慣を身につけることも大切です。

【自分でできる改善方法】

○食事
育毛に良い栄養素を摂ることも大切ですが、最も大事なことはしっかりと栄養バランスの取れた食事をすることです。和食は栄養バランスが整っているため、食生活の改善にオススメです。
○睡眠
眠りに入ってから約3時間後に「成長ホルモン」が最も分泌されるといわれています。成長ホルモンは髪の毛の成長にも関与しているホルモンなので、毎日しっかりと質の良い睡眠を取るようにしましょう。入眠前に入浴すると体の深部が温まり、リラックス効果も期待できるため質の良い眠りに入りやすいとされています。
○運動
適度な運動習慣は育毛環境を良好に保つためにも有用です。定期的な運動は血行を促進させ、髪の毛の成長に必要な酸素や栄養素を頭皮の毛細血管にまで届けやすくしてくれます。軽めでもいいので有酸素運動の習慣をつけると良いでしょう。
○ストレス発散
ストレスは血行不良を引き起こし、育毛のベースとなる頭皮環境を悪化させる恐れがあります。ストレスは溜め込まないのが理想です。適度に発散する場を持つと良いでしょう。

【薄毛のタイプによって相談する医療機関を選ぼう】

○おでこから薄毛が進行して「前髪が薄い」と感じる場合
おでこから薄毛が進行している場合、AGAである可能性が高いと考えられます。AGAは進行性の疾患であるため、早めにAGA治療専門クリニックで医師と相談しましょう。また、おでこから進行する薄毛だけでなく、頭頂部からの薄毛もAGAの可能性が疑われます。
AGAは男性特有の疾患ですが、AGA治療専門クリニックの中には女性の薄毛に対応しているクリニックも存在します。薄毛にお悩みの女性も、一度薄毛治療専門のクリニックを受診してみてはいかがでしょうか。
○薄毛だけでなく頭皮の異常な痒みや炎症がある場合
頭皮に異常な痒みやフケが発生している場合、または頭皮が炎症を起こしてしまっている場合などは、まずは皮膚科を受診しましょう。頭皮環境を改善せずに放置していると抜け毛に繋がる恐れがあり、前髪が薄くなる可能性もあります。またすでに抜け毛が気になっている場合でも、炎症を治療することで抜け毛も改善されることが期待できます。
○局所的な脱毛や身体的な不調を伴う場合
頭部に円形の脱毛がみられたり、触れると髪の毛がごっそりと抜けてしまったりする場合は、免疫機能の異常や何らかの疾患の症状として抜け毛が起こっている可能性があります。薄毛以外に倦怠感などの身体的不調を感じる場合は、早急に総合病院などで医師に相談することをオススメします。

前髪が薄いと思ったらまずはAGAヘアクリニックにご相談を

前髪が薄くなってくると、人と話をしていても視線が額の薄毛に向かっているように思えて居心地が悪くなるものです。前髪が薄いと気になる場合は、治療で改善できる可能性があります。

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)は、AGA治療だけでなく女性の薄毛治療にも対応している薄毛治療専門のクリニックです。相談や診察は無料で行なっておりますので、お気軽に悩みをご相談ください。

当院はご来院からお会計まで個室で対応させていただきますので、他の患者様と顔を合わせることはほとんどありません。費用は当院のホームページに明示されております。まずはお電話またはインターネットでご予約ください。

髪の毛でお悩みの方

記事の詳細を見る
AGAの早期治療について

髪の毛でお悩みの方

記事の詳細を見る
女性専用の薄毛治療について