このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】「前髪が薄い」はAGAのサインかも! 男性諸君は早めの対策を

薄毛治療

「最近前髪の量や髪質が気になる」「前より薄くなった気がする…」それはもしかしたらAGA(男性型脱毛症)の兆候かもしれません。放っておいたら前髪だけに留まらず、額の生え際がどんどん後退していく可能性もあります。現状をしっかり把握して正しい対策を早期に始めましょう。

前髪が薄い原因の多くはAGA

前髪が薄くなる場合に考えられる要因は加齢、生活習慣、ストレスなど様々ですが、成人男性の薄毛のほとんどはAGAが原因だといわれています。

男性ホルモンの一種である「テストステロン」は体内の「5αリダクターゼ(5α還元酵素)」によって悪玉男性ホルモンの「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変化します。そのDHTが「アンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容体)」と結合することによってAGAは発症します。DHTはヒゲなどに対しては成長因子を刺激して毛を太く成長させる作用を持ちますが、前頭部や頭頂部などの髪の毛に対しては、成長期を短縮させてしまう働きを持っています。つまり、前頭部にあたる前髪はAGAの影響を強く受けやすい部位なのです。

髪の毛の成長には「ヘアサイクル」と呼ばれる一定の周期が存在しており、このヘアサイクルが健全に機能することによって髪の毛の正常な発育が保たれています。しかし、アンドロゲンレセプターと結合したDHTはヘアサイクルにおける成長期を極端に縮めてしまう作用があり、結果、乱れたヘアサイクルによって髪の毛の成長は阻害され、薄毛に至るのです。

AGAは進行性の疾患であるため症状が前髪だけに現れるわけではありません。あくまでも前髪の薄毛症状はAGAの途中経過にすぎず、頭頂部も薄くなる可能性があるということを理解しておきましょう。

AGAの進行パターンとは

AGAの進行状態には数種類のパターンが存在し、それぞれにカテゴライズすることができます。まずは前頭部の額の生え際から進行するパターン、あるいは頭頂部のつむじ周辺から進行していくパターン、さらには前頭部と頭頂部が同時進行する混合パターンなど様々です。現在ではこれらのパターンとAGAの進行レベルで分類された「ハミルトン・ノーウッド分類」が世界基準として用いられています。全部で12パターンあるこの分類法を、日本でも用いている病院がありますが、日本人の場合は欧米人に比べて頭頂部の薄毛のみが進行するパターンの比率が高い特徴があります。そのためハミルトン・ノーウッド分類にさらにもう1つ段階(Ⅱvertex)を加えた「高島分類」が一般的に使用されています。

イラストからもわかるように、前頭部から始まる薄毛パターンは進行するにつれて前頭部全体の生え際が頭頂部に向かって後退していきます。前髪が薄い自覚がある場合は、以後、イラストのような経過をたどる可能性が高いでしょう。前頭部から始まる薄毛のパターンは、額の中央から全体的に後退していく場合や、左右のこめかみの上部の生え際からM字型に後退していく場合など進行パターンに特徴があります。

前頭部から始まる薄毛の場合、発症初期の段階であればさほど目立つことはありませんが、症状が進行するにつれ額の面積が広がるため、生え際を前髪で隠したり周りの髪の毛でごまかすことが徐々に難しくなってしまいます。さらに症状が重くなり、頭頂部付近や後頭部にかかる範囲にまで薄毛が広がると、自毛でカバーすること自体が困難になるでしょう。

AGAの早期治療について

自分でできる薄毛対策

自分自身で現在の頭皮や髪の毛の状態をある程度把握できれば、具体的な対策のきっかけになり得ます。例えばハミルトン・ノーウッド分類を1つの目安にして薄毛の進行具合を自身で確かめることはできますが、その薄毛の原因がAGAであるかどうかについては、薄毛発症初期の場合には自身で見抜くことは難しいと考えられます。そこであくまでも目安ですが、AGAセルフチェック項目をいくつかご紹介します。

○AGAセルフチェック

  • ・抜け毛の量が増えた
  • ・額が広くなってきた
  • ・つむじ周辺の地肌が目立つようになってきた
  • ・髪の毛のハリやコシがなくなってきた
  • ・髪の毛が細く、全体的にボリュームが減った
  • ・母方の親戚に薄毛の男性が多い

上記のチェック項目に心当たりがある場合は、AGAを発症している可能性が考えられます。

○ミノキシジル配合の発毛剤がおすすめ

先ほどのAGAセルフチェックで頭皮や髪の毛の状態に不安を覚えたら、市販されている発毛剤を試してみるのも1つの方法です。市場には様々な育毛剤や発毛剤が出回っていますが、育毛剤の多くは医薬部外品であり、その目的は頭皮や髪に栄養を届け、育毛に最適な頭皮環境を促すことです。そのため発毛効果そのものは期待できません。それに対して発毛剤は医薬品であり、発毛を促し薄毛を改善する効果をある程度期待できます。薄毛改善が目的である場合には、発毛剤を選ぶとよいでしょう。発毛剤を選ぶ際には、発毛を促す成分である「ミノキシジル」配合の製品がおすすめです。

ミノキシジルは、髪の毛の根元にある毛乳頭を活性化させる増殖因子生成を促す働きや、髪の毛の元である毛母細胞に作用して、ヘアサイクルを延長させる働きがあるとされています。具体的なメカニズムはまだ解明されていませんが、ヘアサイクルの成長期が延長され、髪の毛が健全に成長・維持されることで、薄毛を改善する効果が期待できます。国内の脱毛症治療のガイドラインである「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版」でも、外用薬としての有用性において高い推奨度を認められており、発毛を促す成分として期待することができます。

セルフケアでの薄毛対策に限界を感じたら

自力でできる範囲での薄毛対策については、必ずしも満足のいく結果が出るとは限りません。そんな場合はAGA治療専門のクリニックを受診するとよいでしょう。

○的確な薄毛診断が可能

AGA治療専門クリニックではセルフチェックとは違い、医師による医学的な判断を仰ぐことができます。薄毛治療の一般的な診察の流れとしては、まずは薄毛に関する問診票を記入し、カウンセラーによるヒアリングが行われる場合が多いようです。その後の医師の診察では、クリニックによって多少の差はありますが、視診やマイクロスコープで頭皮や髪の毛の状態をチェックしたり、患者様それぞれの生活習慣やストレス、栄養状態など薄毛に関連性が高いと思われる要因を聞き出します。そして視診と問診から得た全ての要素を分析した上で、薄毛の可能性を診断する方法が一般的です。

○効果が実証されている薄毛治療薬を処方

「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版」には様々な治療方法が掲載されています。その中でも「フィナステリド内服薬」「デュタステリド内服薬」「ミノキシジル外用薬」は推奨度が最も高く、AGA治療において効果が期待できる治療薬です。AGAは進行性の疾患であり、その症状を食い止めるには「症状の抑制」と「発毛の促進」という2つの観点から薄毛に向き合わなくてはなりません。AGA治療専門のクリニックでは、症状の抑制・発毛の促進それぞれに効果が実証されている治療薬を処方し、薄毛の改善を目指しています。セルフケアで思うような効果を実感できない場合には、クリニックでの治療は有用な選択肢となるでしょう。

専門的な薄毛治療はAGAヘアクリニックへ

東京・秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)はAGA治療専門クリニックです。専門知識を持つ医師の下、内服薬や外用薬を用いて患者様自身の症状や状態に最適なAGA治療を行なっています。診察や相談は何度でも無料で受けることができるため、薄毛治療が初めての方でも安心して診察を受けていただけます。また、カウンセリングから診察、会計までを個室で行なっており、プライバシーにも配慮しております。「前髪が薄くなってきたなぁ」と不安をお持ちの方やセルフケアでは満足できないという方は、ぜひ一度当院へお越しください。

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
AGAの早期治療について

髪の毛でお悩みの方

AGAの治療費用・料金を見る
AGAの早期治療について