このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

【医師が教える】前髪が薄い!その理由を探ってみよう

薄毛治療

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)への留学を経て、2016年7月より医療法人社団則由会 AGAヘアクリニックを開院。

鏡を見るたび「前髪が薄くなってきた」と不安を抱えていませんか?「人からどう見られているだろう」「このままハゲたくない」など、焦りの気持ちが膨らんでいるなら、早めの対処がおすすめです。今回のAGAタイムスでは前髪が薄くなる様々な理由を取り上げますので、自分の「前髪問題」と照らし合わせ、対策の道へと進んでください!

男性が「前髪が薄い」と感じる理由《1》……額の生え際がM字型に後退したから

アルファベットのM字のように、額の左右から薄毛が進行したために前髪が薄くなったと感じるケースです。この「M字ハゲ」は、「AGA(男性型脱毛症)」の典型的な脱毛所見のひとつで、病状が進行すると、人によって前髪の中央部分だけが少し残る場合もありますが、最終的には後頭部と側頭部を残して薄毛となってしまいます。

M字ハゲはおでこと頭皮の境界線がわかりづらいこともあり、ある程度進行しないとAGAの可能性に気づかないかもしれません。しかし、AGAは多くの場合、治療を受けることで改善に向かいます。それも早ければ早いほどよい効果が期待できるので、「前髪が薄くなってきたかも?」と感じた時点で早めにAGA治療専門クリニックや皮膚科に相談されることをおすすめします。

男性が「前髪が薄い」と感じる理由《2》……額の生え際がU字型に後退したから

アルファベットのU字のように、額の生え際が全体的に後退したために前髪が薄くなったと感じるケースです。「おでこが広くなったかも?」という印象を与えるこの「U字ハゲ」は、AGAがかなり進行した状態だといえますが、それでもまだ改善の可能性は残っていますので、早めにAGA治療専門クリニックや皮膚科に相談されることをおすすめします。

女性が「前髪が薄い」と感じる理由《1》……生え際や分け目に強い負荷がかかり続けたから

女性に多い抜け毛のひとつに、髪型が招く「牽引性(けんいんせい)脱毛症」と呼ばれる疾患があります。強めに髪を結ぶヘアスタイルを続けたりエクステを常時着用したりすることで髪の毛が長時間継続的に引っ張られると、頭皮や毛根に負荷がかかって抜け毛や薄毛を招いてしまいます。前髪が薄くなったのは、額の生え際の髪の毛が引っ張られ続けたせいかもしれません。

同じ分け目を続けていると、分け目から牽引性脱毛症が進行する恐れがあります。さらに分け目は地肌が見えている場合が多く、紫外線のダメージを受けやすい場所でもあります。ダメージが蓄積すると、頭皮環境の悪化につながる可能性も否定できません。その結果、抜け毛を招き、前髪が薄くなる可能性が考えられるのです。

牽引性脱毛症は、定期的に髪型を変えたり髪の毛をまとめる位置、分け目を変えることなどでリスクを低減することができます。合わせて頭皮マッサージやウォーキングなどの有酸素運動で血行を促進することもおすすめです。

女性が「前髪が薄い」と感じる理由《2》……加齢に伴い頭髪全体に細くコシのない髪の毛が目立つようになったから

女性は40〜50代になると女性ホルモンが減少する影響で、「びまん性脱毛」が起こる可能性が高くなります。びまん性とは「広範囲に広がる」という意味で、その名の通り頭髪が全体的に薄くなることが特徴です。若い女性であっても、過激なダイエットによる栄養不足や貧血に関連して、あるいは甲状腺機能や膠原病などの疾患に付随して、びまん性脱毛が起こることも考えられます。

このような女性の薄毛はまだ研究の途上にあり、詳しいメカニズムはわかっていませんが、有用性が認められた治療薬(ミノキシジルなど)が存在します。髪の毛や頭皮を大事にケアし、健康によいとされる生活習慣を行っているにも関わらず薄毛が気になる場合は、薄毛治療専門クリニックで医師に相談し、まずは原因を明らかにすることから始めてみてはいかがでしょうか?

男女を問わず「前髪が薄い」と感じる理由《1》……痒みによって頭皮を掻きむしったから

皮膚のバリア機能が脆弱な人は、体質に合わないシャンプーやスタイリング剤などで刺激されると、頭皮に痒みを伴う湿疹が現れる場合があります。この痒みを繰り返し掻いてしまうと頭皮環境の悪化を招き、抜け毛につながることも考えられます。それが額周辺であった場合、前髪が薄くなるという結果を招いてしまう可能性があるのです。

なお、痒みを伴う湿疹には「アトピー性皮膚炎」や「脂漏性(しろうせい)皮膚炎」、「皮脂欠乏性湿疹」、「接触性皮膚炎」、「乾癬(かんせん)」などの病気の可能性もあります。掻きむしる前に皮膚科を受診し、適切な治療を受けましょう。

男女を問わず「前髪が薄い」と感じる理由《2》……大量のフケが発生し頭皮環境が悪化したから

大量のフケなどが原因で菌が繁殖し、頭皮環境が悪化した場合も抜け毛を引き起こす可能性があるといわれています。洗浄力が強すぎたり肌質に合わなかったりするシャンプーの使用、シャンプーやコンディショナーのすすぎ残しなどが引き金となって頭皮が荒れると、フケが大量に発生し、毛穴をふさいだり雑菌を繁殖させたりして頭皮環境が悪化してしまいます。これは「粃糠性(ひこうせい)脱毛」と呼ばれる症状で、育毛が阻害されるため、生え変わる髪の毛がもろくて細くなり、ボリュームが減ってしまうのです。

フケが増えたと感じたら、早めに皮膚科を受診しましょう。すでに脱毛が進み始めている場合はAGAを併発している可能性も考えられますので、薄毛治療専門クリニックで診察を受けることもおすすめします。

男女を問わず「前髪が薄い」と感じる理由《3》……帽子やヘルメット、かつらなどを長時間かぶって頭皮を圧迫し続けたから

帽子やヘルメットなどを長時間着用して頭部を圧迫し続けると、頭皮が蒸れたり血行が悪くなる可能性があります。その結果、頭皮に雑菌が繁殖したり毛根に栄養が行き届かなくなるなどして、脱毛することも考えられます。AGAと間違われることもありますが、圧迫をやめれば自然に改善していくことが多いです。

とはいえ、血行不良の状態を繰り返すことは、やがて他の脱毛症を引き起こす原因にもなりかねません。仕事柄ヘルメットなどを長時間かぶらざるを得ない場合は、時々脱いで風を通したりするなど気をつけましょう。そして、脱いだ時には軽く頭皮マッサージを行うこともおすすめです。気をつけていても抜け毛が改善しない場合はAGA(女性は「FPHL(Female pattern hair loss)」)の可能性もありますので、薄毛治療専門のクリニックでご相談ください。

そもそも「広めのおでこ」と「AGAによる額の後退」の境界線はどこか?

若い男性の中には、生まれつきおでこが広いというだけで「人より早くハゲるのではないだろうか?」と不安に思う人がいるようですが、そんな心配は無用です。かといって、AGAにならないというわけではありません。生まれつきおでこが広い人も狭い人も、AGAになる可能性は等しいからです。そこで、AGAをはじめとする薄毛の進行をセルフチェックする方法をご紹介しましょう。

<おでこの一番上のシワと生え際がどのくらい離れているか?>
顔の筋肉が動くと皮膚にはシワができますが、頭皮にはシワができません。このため、眉毛を上に動かした時におでこにできるシワの一番上が、頭皮とおでこの境界線の目安となります。この一番上のシワと髪の生え際との間隔が、指1本分くらいであればAGAの可能性は低いという報告もあります。しかし指2本分以上の間隔がある場合は、額の生え際が後退していくAGAの可能性が高まると言えるでしょう。
<前髪の隙間から頭皮が見えていないか?>
額の生え際の位置だけでなく、髪の毛のボリュームも、薄毛が進行していないかどうかを判断する基準となります。髪の毛が細くなりハリやコシがなくなってきたと感じたり、分け目でもないのに髪の毛の隙間から頭皮がよく見えたりするということは、何らかの要因によって薄毛が進んでいる可能性が高いといえます。
<AGAの進行基準「高島分類」の数値以内か?>
AGAの進行状態にはパターンとレベルがあり、「ハミルトン・ノーウッド分類」と称される分類が世界的には最も一般的に使われています。アメリカのハミルトン医師が提唱し、のちにノーウッド医師が改定したこの分類は全部で12パターンあります。日本でもこの分類が用いられますが、日本人には欧米人にあまり見られない、頭頂部の薄毛のみが早期に進行するパターンが存在します。そのため日本では、ハミルトン・ノーウッド分類に1段階を加えた13パターンの「高島分類」が広く利用されています。これらの分類では、生え際の進行に関して頭頂線から額の生え際までの間隔が2cm以内だとAGAであると定義しています。

いずれもあくまで目安ですが、薄毛の進行が明確な人はなるべく早く薄毛治療専門クリニックを受診しましょう。一方、基準をクリアした人も楽観的になるのは禁物です。なぜなら「前髪が薄くなってきた」と感じているだけでも黄色信号だからです。薄毛の中でもAGAは進行性の疾患であるため、いったん発症すれば治療を施さない限り止まることなく進行していきます。ヘアサイクルの回数には限りがあるため、放っておくと髪の毛が生え変わる力を失ってしまうかもしれません。ヘアサイクルの回数が多く残っているうちに手を打つか打たないかで、加齢後も髪の毛を多く維持できるかどうかが左右されます。

前髪の薄さを感じるなら「受診」という一歩を踏み出しましょう

薄くなった前髪をヘアスタイルでカバーしようとしても、さらに薄毛が進行したら誤魔化しきれなくなってしまいます。市販の育毛剤や内服薬を使うにしても、自分の薄毛の原因にピッタリ合うものを探すのは難しく、薬の選択を間違えれば思いもかけない副作用を発症する可能性があり、大きなリスクを伴います。他の病気と同様、薄毛の進行をそのまま放置するのはよくありませんが、かといって自己判断による薬の使用も危険です。

東京・秋葉原にある薄毛治療専門のAGAヘアクリニック(以下、当院)は、男性はもちろん女性の薄毛にも対応しています。そして多くの治療実績に基づき、お一人おひとりに合った治療方法、治療薬をご提供しています。プライバシーに配慮した個室で診察から会計までを行なっており、カウンセリングと診察は何度でも無料で受けていただくことができますから、初めての方も料金を気にすることなく受診していただけます。「こんなことを相談してもいいのだろうか」といったご心配は無用です。薄毛にまつわる不安やお悩みは、一人で抱え込まず、ぜひ当院でご相談ください。

監修医師のご紹介

AGAヘアクリニック 院長 水島 豪太

2009年 日本大学医学部卒業。大学病院および市中病院で研鑽を積み、2016年7月より医療法人社団則由会 AGAヘアクリニックを開院。