このページでは JavaScript が必要です。 設定より、JavaScript を有効にしてください。

医師が教える薄毛やAGAの治療・対策メディア

お悩みキーワード:

女性は白髪染めやウィッグ、そして加齢で薄毛になりやすい?

薄毛治療

女性は何歳になっても美しくありたいと思うもの。しかし、美容のためにしていることが薄毛を招いていたら本末転倒ですよね。そうならないためには薄毛に関する正しい知識を身につけ、総合的な美しさを目指すことが大切です。そこで今回のAGAタイムスは、薄毛に悩む女性が注意するべき点と薄毛改善の対策をご紹介します。

パーマや白髪染め・ヘアカラーは薄毛の原因になる?

パーマは髪の毛を構成するアミノ酸の結合を利用して髪の毛に癖をつける施術です。また白髪染めやヘアカラーは髪の毛表面のキューティクルを開き、髪の毛内部に色素を染み込ませて色をつけます。

一般的に「髪の毛」と呼ばれる部分は角化した細胞、つまり“死んだ細胞”であり、自己修復ができません。そのためパーマやヘアカラーの際の薬剤や熱によって髪の毛内部が空洞化すると、髪の毛が切れやすくなります。

また頭皮が敏感な人の場合、薬剤によって頭皮に痒みや炎症が生じることがあります。この影響で育毛環境が悪化すると、抜け毛につながる可能性があるでしょう。ただし、パーマやヘアカラーをしたからといって必ず薄毛になるということはありません。個人差もありますし、その後のケアで防ぐことも可能です。

薄毛が気になっている場合には、パーマや白髪染め、ヘアカラーは自分で行うのではなく、美容師など専門知識と技術のある人に相談しながら行ってもらう方が良いでしょう。

ウィッグは薄毛を助長する?

ウィッグは女性の薄毛改善策として近年ポピュラーになっています。全体を覆うフルタイプや薄毛が著しい頭頂部のみを隠すポイントタイプなど、種類は様々。またファッションのためにエクステンションをつける方もいるようです。

しかし、いずれの場合も周囲の髪の毛にピンを留めたり結びつけるため、同じ箇所に負担が集中しやすくなります。こういった状態を長時間や長期にわたって続けていると牽引性(けんいんせい)脱毛を引き起こす可能性が考えられます。

ウィッグなどを使用したい場合、長時間や長期にわたる使用はなるべく控えた方が良いでしょう。またウィッグで気になる薄毛を隠している方は、薄毛治療で少しずつ自毛を増やして薄毛を改善していくことをおすすめします。

AGAの治療費用・料金を見る

なぜ女性は歳をとると髪のボリュームが減る?

女性は歳を重ねると髪の毛全体のボリュームが減ってくる「びまん性脱毛」になる傾向にあります。びまん性脱毛を引き起こす原因は一つではありませんが、加齢により女性ホルモンの「エストロゲン」が減少することに起因して発生することがあります。

エストロゲンには髪の毛の成長期を延長させる働きがあるとされています。しかし加齢によってエストロゲンが減少するとこれらの作用がなくなるため、髪の毛がそれまでのように十分に成長しなくなることが考えられます。成長しきらなくなった髪の毛は細く軟らかいまま抜け落ちていきます。

また加齢によって人の細胞は機能低下を起こしますが、髪の毛の元となる毛包幹細胞なども同様です。本来、毛包幹細胞は自己複製することで継続して幹細胞を維持しますが、その際にDNAに傷がつきます。DNAの損傷によって自己複製できなくなった毛包幹細胞は次第に枯渇してしまい、新しい髪の毛を生み出せなくなるのです。これらの影響で髪の毛が減ったり、細い髪の毛が増えることで女性の髪の毛は全体的に薄くなることが考えられます。

女性の薄毛はどうすればよい?

○育毛グッズだけでは発毛しない

髪の毛がボリュームダウンしていると、どうしても老けて見えてしまうと気にされる方もいるでしょう。最近では女性専用の育毛剤なども多く販売されており、女性の薄毛に対しても様々なアプローチがしやすくなっています。ただし育毛剤はあくまでも「育毛のために頭皮環境を整えること」が目的の製品です。頭皮環境を整えることは大切なことですが、育毛剤を使用したからといって必ず発毛するとは限りません。

育毛剤ではなく発毛剤というものも存在します。これは文字通り発毛を促すもので、女性でも使用できる「ミノキシジル」という薬剤は薄毛治療としても一般的に知られています。国内で女性に認可されているミノキシジル外用液の濃度は1%と定められています。

ミノキシジルは高い発毛効果が期待できますが、初期脱毛といった副作用のリスクもあります。女性でミノキシジル使用をご希望の方は薄毛治療専門クリニックなどで医師にしっかりと説明を受けてから処方してもらうことをおすすめします。

○病気の可能性も

稀にではありますが、免疫機能の低下や疾患に付随して薄毛が起こるケースもあります。局部的な脱毛斑や異常な量の抜け毛がみられる場合は病院で医師に相談し、検査を受けることをおすすめします。また、膠原病や甲状腺機能に付随する脱毛は、男性よりも女性に多い傾向があります。

○女性でも病院で薄毛治療ができる

髪の毛や頭皮を大事にケアし、健康に良い生活習慣を送っているにも関わらず薄毛が気になる場合は、薄毛治療専門クリニックで医師に相談することをおすすめします。「薄毛治療専門クリニックは男性が通うもの」という認識がある方もいるかもしれませんが、最近では女性も多く受診しています。

AGAヘアクリニックは女性の薄毛のご相談も承っております

東京の秋葉原にあるAGAヘアクリニック(以下、当院)は、薄毛治療専門のクリニックです。当院では男性の薄毛だけでなく、女性の薄毛にも対応しております。当院はカウンセリングや診察、お会計までを完全に個室で対応しているため、人目を気にせず受診していただけます。

カウンセリングではしっかりとお話をお伺いし、診察で患者様一人ひとりに合った改善方法をご提案。継続して相談しながら薄毛改善を目指していくことができます。カウンセリングと診察は何度でも無料で受けることができるので、まずはお気軽に当院にご相談ください。

髪の毛でお悩みの方

記事の詳細を見る
女性専用の薄毛治療について

髪の毛でお悩みの方

記事の詳細を見る
女性専用の薄毛治療について