FAGAについて

FAGA(女性男性型脱毛症)とは、女性の薄毛の総称を指す言葉です。1964年ごろから研究が始まったとされており、当初は男性のAGA(男性型脱毛症)と同じものだと考えられていました。そのため、AGAに英語で女性を意味する「Female」の頭文字をつけた、FAGAと呼ばれてきました。しかし研究が進むにつれて、AGAとは症状や原因が異なることがわかってきたため、現在では「FPHL(Female Pattern Hair Loss)」とも呼ばれています。

FAGAの症状

AGAは主に前頭部や頭頂部といった、頭部の一部分が薄くなる特徴的な症状が現れます。一方でFAGAの場合はAGAのように局所的な脱毛が起こるわけではなく、頭部全体が薄くなっていくという特徴があります。このような症状は、主に40〜50代頃の壮年期に起こることが多いとされていますが、稀に20代頃にも起こる場合があります。症状の現れ方は様々で、個人差もあります。なかでも分け目がクリスマスツリーの枝のように広がる「frontal accentuation」という症状が有名です。

FAGA(女性男性型脱毛症)の原因

FAGAの原因

FAGAはAGAと同じく、ホルモンが関係しているといわれています。しかし原因はまだはっきりとは特定されていません。AGAは抜け毛の症状が特徴的なため比較的診断は簡単ですが、FAGAは広範囲にわたって症状が現れるため、視診のみでは特定できません。このような脱毛疾患を「びまん性脱毛」といいます。FAGAのようにびまん性の脱毛を引き起こす疾患には、鉄欠乏や過度のダイエットによる栄養不足や、膠原病のように全身疾患によるものやホルモンバランスの乱れ、生活習慣やストレスによるもの、経口避妊薬(ピル)といった薬剤性のものなどがあります。

おすすめコンテンツ

お気軽にご相談ください

初回診察のご予約

治療等に関するご相談やご質問は、お電話にて
お問い合わせください。

治療等に関するご相談やご質問は、お電話にてお問い合わせください。